FC2ブログ
2010/09/01

移籍市場最終日@フラム

ポール・コンチェスキーが予定通りリバプールへ移籍。金銭+若手二人とトレードということで、フィンランド人のストライカー、ラウリ・ダッラ・バッレとスウェーデン人のウィング、アレックス・カカニクリッチがやってきました。どちらも19歳。あれ、ホジソン氏が北欧系を放出? そして、フラムは北欧路線継続? という感じですが、リバプールがお金がなくて若手をつけて落ち着いたらしいです。。カカニクリッチ君は名前からしてイブラヒモビッチみたいなバルカン系かなと思ってちょっと調べてみたら、やっぱりセルビア系な模様。とりあえず二人とも写真をペタリ。左がバッレ君で右がカカニクリッチ君です。

 kaca02.jpg

その一方で、シュウォーツァーは残留。残るのは嬉しいけど、活躍してたストックデイル君の扱いがどうなるかが気になります。今後も試合には出たいだろうし、かといってシュウォーツァーをベンチに置くのももったいない話ではあるんですよね。ただストックデイル君は若い。シュウォーツァーにGKコーチしてもらえたら万々歳なのに……GK人事はつくづく悩ましいです。


最終日のアイリッシュはポーツマスのマーク・ウィルソンがストークへ、逆にリアム・ローレンスがポーツマスへ。アンソニー・ストークスがセルティックへ、イアン・ハートがレディングへ、というのが主な動き。ストークはなんだかすごく補強してるなあ。結局ギブンは移籍しなかったけど、ギブンの試合感が鈍ったらと思うとちょっと心配です。
スポンサーサイト



フラム | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示