FC2ブログ
2010/05/13

フラムのシーズンレビュー(Sky Sports)

Sky Sportsのフラムのシーズンレビュー訳です。

What Went Right?
7月から始まりハンブルクで終わった18試合のヨーロッパ・リーグは、フラムを多くの人が2番目に好きなクラブにした。
ロイ・ホジソンの賞賛されるべき謙虚で気品ある振舞いは、彼自身をより大きい仕事への筆頭候補にした。彼はボビー・ザモラをハル・シティ行きの選手から、南アフリカ行きにも足る選手に変え、ダニー・マーフィーに加えてダミアン・ダフを呼び寄せて、安いが盛りの過ぎた選手をフラムのために蘇らせた。
リーグのポイントよりもトロフィーを優先させた新鮮なアプローチ。

What Went Wrong?
明らかなリーグでの失速、しかし喜ばしい犠牲。強いて挙げるならばゴールの不足(1試合平均1得点)。クリス・スモーリングの売却はプレミアリーグの序列を感じさせた。アンディ・ジョンソンの怪我と不調の1シーズン。ただ全体的に見て、深刻に酷いところはなかった。

Are They Happy?
言うまでもなく。

Signing of the season
ダミアン・ダフ。ニューカッスルから彼を連れ出したことはホジソンの良い仕事のひとつ。それまで怪我に苦しんでいた彼は、今シーズン、51試合に出場し9ゴールをあげた。

Flop of the season
アンディ・ジョンソン。ダフと反対に彼は怪我に苦しんだ。2008年に1000万ポンドでフラムに加わったジョンソンは、今シーズン先発出場7試合と1月の試合でシーズンを終えた。

Star Man
ボビー・ザモラ。ブライトンからファビオ・カペッロの心まで。彼の厄介なアキレス腱の負傷さえなければ、英代表候補の30人の中に召集されていたことが明らかにされた。今シーズンの彼は非常に印象的な繋ぎのプレーと合計19ゴールを挙げた。

Breakthrough player
クリス・スモーリング。夏にマンチェスター・ユナイテッドに加わる若く才能豊かなDF。2008年、メイドストーン・ユナイテッドから二束三文で買われた彼は、ユナイテッドが800万ポンドを出すような選手になった。

High Point
間違いなくヨーロッパ・リーグ。ユベントス、ハンブルク、ボルフスブルクを破ったホジソンのおとぎ話のような快進撃。以前の彼らからすれば眩暈がするような。

Low Point
アトレティコ・マドリーとの決勝での敗北。フラムの魔法を解いたディエゴ・フォルラン。
スポンサーサイト



フラム | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示