FC2ブログ
2010/04/12

Liverpool 0-0 Fulham

メンバーはシュウォーツァー、ベアード、ヒューズ、ハンゲラン、コンチェスキー、グリーニング(リーセ)、マーフィー(ディクガコイ)、エトゥフ、ダフ、ネブラン、ザモラ(オカカ)でゲラとデーヴィスがお休み。ハル戦みたいにメンバー落とすかもと言われてましたがそんなこともなかったです。リバプールは直前でトーレスが出られなくなったらしい。

前半後半ほぼすべてリバプールの時間といって差し支えなかったと思いますが、シュウォーツァーのスーパーセーブ連発と粘り強い守備で勝ち点1をもぎ取り、リバプールのCL圏への希望を打ち砕きました……何となく罪悪感。グリーニングに2枚目のイエローが出ていれば前半で決まっていた気もしますけどね。あれは正直助かりました。トッテナムとかシティ辺りからは感謝されそう。フラム的にはチャンスらしいチャンスはまったくなかったのであんまり見るべきところはない試合でした。ダフとジョンソンのマッチアップは熱かった、ダフが守る方でしたけど。クリーンシートで守備陣の自信は深まったと思います。Rating、まあこんなところですね。

リバプールはアクィラーニが良かったんだけど途中で下がっちゃったですね、前半の彼はオーバーヘッドシュートといいかっこよかったので、もうちょっと見たかったけどカイト投入はまあわからないでもない。エンゴグもバベルも良い動きは見せていたと思うけど、やっぱり得点で評価されるポジションですから、結局敗因はトーレス不在ということになっちゃうんでしょう。

点取れるFWと取れないFWの間にそんなに差があるとは思いません。ザモラだって昨シーズンは点取れなくて苦労して、ずいぶん叩かれたというし。トーレスだってクリスティアーノだって、昔からこんなに点入れてたわけじゃないので。いつ開花するかなんでしょうけど、チームが自分を頼りにしてくれるって環境が大事だと思う。テベスもルーニーもクリスティアーノがいた時は点取りからは一線引いてましたしね。でもそれはトーレスがいる以上難しいことなのかな。
スポンサーサイト



フラム | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示