FC2ブログ
2010/02/26

Shakhtar Donetsk 1-1 Fulham

ELセカンドレグ、先発は一戦目と同じです。先制するまでは攻められっぱなしで休む間もなかったシュウォーツァー。33分にザモラがフラッグ近くで得たFKからハンゲランがヘディングで先制。先制してからは心の余裕も出てきたか守備も落ち着いたようで前半はリードを維持。

後半は69分にコスタの突破からのグラウンダークロスでジャッジソンに追いつかれ、その後も守る時間が続きますがどうにか決定的な形は与えずに防いだ格好。カウンターで結構惜しいシーンもあったみたいです。ただシャフタルのシュートがフラムのDFの手に当たったというハンド疑惑もあったとか。ザモラがアキレス腱の痛みでエルムと交代。鎖骨痛めたときもそうですけどザモラは代表近づくと怪我する法則でもあるんですか。トリニダード&トバゴ代表に呼ばれかけたときも怪我で駄目だったというし。

ロスタイムにマーフィーがスルナへのファウルで一発レッド。キャプテン、最後の最後で何してらっしゃいますかと思ったら、その前のダフへのラフタックルでフラム側はかなり熱くなってた模様。The Sun参照。終盤で試合に影響はありませんでしたが、ユベントス戦でキャプテン不在はきつい。UEFA公式のハイライト。ダフはちゃんと歩いてるし大丈夫そうで良かった。Rating、皆頑張ったと言うことですね。二戦合計一勝一分で勝ち上がり決定。

シュート4本でシュート24本に引分けは上出来すぎるくらい。シュウォーツァー様様で前回王者を撃破。次の相手はアヤックスとの名門対決を制したユベントス。良いカードなので放送してくださいね>スカパー。試合後のコメントでホジソン監督が「マーフィーの退場以外は素晴らしい一夜だった」としている一方、レチェスク監督は「レフェリーはノルウェー人でフラムにもノルウェー人がいる」と審判の公平性に疑問を投げかけたりとちょっと殺伐としてます。
スポンサーサイト



フラム | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示