FC2ブログ
2010/01/31

Fulham 0-2 Aston Villa

続・スランプ、リーグ戦5連敗。もはやマンU戦?何それ?状態となってきました。トッテナム戦から変えて、ケリー、デービス、ネブランが先発。前半はじめはいくらか押してたようなんですけど、25分に復帰早々サイモン・デービスが再び負傷というアクシデントに見舞われた後、40分44分のアグボンの2発で連続失点。後半は76分にエルムのゴールがオフサイドで取り消されたりはあったんですが、これといったシーンは作ることが出来ず2点差を守りきられる形に。守備良いチームにリードは与えちゃいけないという見本のような試合に。

Rating、途中出場のゲラだけが良い……ケリーは出てる試合で良い評価もらえてないですね。負傷したチェルシー戦のパントシルはドログバ完封する勢いだったのでわからないでもないですけど。全体的に低いのですが視聴者採点が4点台なのはハンゲラン、ベアード、ケリーの3人。チームカラー的に守備が機能しないと厳しいです。


ホジソン監督コメント。
「不運でもなかったし何の不思議もない結果だ。前半の二失点の時点で厳しかったし、後半は試合は支配したがアストン・ヴィラの守備を崩せず、エルムのゴールを除いては得点する機会を作れなかったからね。(不調)怪我人は多少影響しているかもしれないが、そう長く続くとは考えていない。(冬の移籍)誰かには来て欲しいと思っているがまだ決まった話ではないし、もう少し待たないといけない」

パントシル、コンチェスキーとSB2人がいないのが、守備面でも上がりがない面でも大きいのかなーとは思います。もちろんデンプシーもだけど。勝点並んでたブラックバーンが引き分けたため11位で久しぶりの下位転落。次はホームでポーツマス戦、ここで勝てないようだと地盤沈下がいよいよ深刻。
スポンサーサイト



フラム | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示