FC2ブログ
2010/01/23

FAカップ4回戦プレビュー。相手はアクリントン・スタンリー、リーグ2(4部)に所属するランカシャーのクラブです。場所のせいか元ブラックバーン選手もちらほら。3回戦に続いて引きは良い方というかリーグを隔てて70位の差がありましてその順位差は4回戦中最大。苦手なアウェーですが足元掬われてる場合じゃなさそうです。対戦歴はなし。

ロイ・ホジソン監督はマンUの二の舞にならないように気を引き締めて掛かります。
「アクリントン・スタンリーにとってFAカップは栄光だ。彼らはリーグ2での立場も安泰だし気兼ねなくプレミアリーグのチームを叩き出そうとするだろう。我々はカモになりかねないし気をつけて掛からないといけないね。FAカップは魅力のいくらかを失っているが、小さなクラブにとっては依然大きなタイトルだ。オールド・トラッフォードでリーズ・ユナイテッドが勝ったようにアクリントン・スタンリーは準備をしているし、そんな風にしてFAカップの栄光は今も生きている」

リーセ君は兄のFAカップ獲得を例に挙げつつ気合を入れてる様子。
「兄がFAカップとチャンピオンズ・リーグの決勝に行くとこを見てるんだけど、そういうの見てると自分もそこに行きたいなと思うんだ。それは素晴らしい体験だろうし自分で経験したい。子供の時、TVで試合を見てる時は大きい試合を夢見たものだし、ウェンブリーでプレーしたことはないからそれも楽しみの一つだ」

「FAカップは大きな大会だけど試合が一つ増えるから僕にとっては出れる試合が増えて良いことだし、FAカップとヨーロッパ・リーグで勝ち上がればもっと試合に出られるからね。うちは良い選手を多くそろえてる良いチームだ。でも勝つためには頑張らないといけないことを知ってるし、それができないなら負けることになるだろう。練習の時のことが出来るならどこが来たって負けやしないよ」
スポンサーサイト



フラム | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示