FC2ブログ
2009/11/21

再試合がもっとも公正な手段であることを認めたアンリに対して、ロビー・キーンが「他のアイルランドの選手に代わってアンリに感謝したい。フランスのキャプテンとしてそういった発言をすることは勇気が必要だ」とFAI公式にて称賛しています。FIFAには却下されましたがFFFがアンリの発言を大きく捉えてくれることを願っていると再試合への希望は捨てていない様子。

今回のショックでトラパットーニが監督を辞めるのではという噂まで一部で出たようですが、トラップはそれを否定。「モレノ(2002年ワールドカップの韓国戦の主審)のことを忘れるには時間が掛かったが私はフットボールをやめなかった」とユーロ2012を目指すこと、出来るならば2014年のブラジルワールドカップの舞台に立つことを夢見ていると話しました。契約は今のところ2012年までなのでまずはユーロということになります。

プレミアリーグも再開されますが、リチャード・ダンは敗戦のショックでアストン・ヴィラでのトレーニングを休んでいるそうで、マーティン・オニールもダンの精神状態を案じて無理にプレーさせないと欠場が濃厚です。その他の選手は多分普通に出場する見込み。
スポンサーサイト



愛蘭代表 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示