FC2ブログ
2009/11/21

ダミアン・ダフとスティーブン・ケリーの二人をアイルランド代表を送り出していたフラム、ロイ・ホジソン監督もダフとケリーの敗戦の影響を認めています。 

「彼ら(ダフとケリー)は非常に失望している。特にダミアンはね。彼は代表で70試合以上をこなしていてスティーブンよりも年をとっている。間近で起こった出来事の影響を受けないではいられないだろう」

「彼らは頭のいい選手だ。残念ながらこういう時は痛みが通り過ぎるのを待つ他に方法がない。そしてワールドカップを誤審によって逃した痛みを振り払うには長い時間を必要とする。彼とは昨日話したけれど、何もかもに落胆していると言っていた。当然だよ。ただ私は彼がそれを表に出さずにプレーできる選手の一人だと思っている」

「ダミアン・ダフがワールドカップやユーロで判定に苦しんだのは初めてのことではない。彼は自分が30歳であることを知っていて、今回の難局を素晴らしい機会だと捉えていただろう。だがそれは否定された」
スポンサーサイト



愛蘭代表 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示