FC2ブログ
2009/11/15

Ireland 0-1 France

ホーム&アウェーの一戦目ってコメントが難しいです。ここまで予選負けなしで来たアイルランドですがここにきて黒星。フランスの得点はアネルカ。ポゼッションはどうしても握られるのでフランスペース気味ではありましたが、アイルランドも運がよければ入ってるようなシーンはいくつかあったんですよね、と微妙な気分です。

そんなわけでセカンド・レグでは勝利以外に見据えるものがなくなりました。いっそ単純明快。負け引分けなら終了とも言う。まだまだ勝負が決したスコアではないということで後ろ向きなコメントは控えます。EircomのMOMはケビン・ドイル。得点ない試合でFWがMOMって言うのもなんだか締まらない。Rating、Sky Sportseleven-a-side。試合後のコメントとかはやる気が出たら後で足すかもしれません。

トラッパットーニコメント。
「引分けが妥当だと思ったので結果は少し残念だ。もちろん最高のプレーができていたわけではないが2,3の良いプレーはあった。ただ最後の押しを欠いていたね。このままフランスの思うとおりになるつもりはないし、パリで得点をあげることは可能だ。二戦目はもう少し相手にプレッシャーをかける必要がある」

試合後の小競り合いについて。
「有名な選手のひとり(トラップは名指しを拒否)が私の選手を侮辱したんだ。とても繰り返せないような言葉でね。それはアイルランド人全体に対する侮辱だったから、私はわざわざそれを口にしたくない。驚いたよ、普通勝った方はそういうことをしないものだ。(FIFAへの訴えは)しないよ、私は試合後に不満を述べる習慣はないのでね。彼らも誤りに気づくだろう」

スティーブン・アイルランドが改めて代表否定の後、ダブリンの選手が選出で優遇されてるのが若い頃から嫌だったと言ってる模様(アイルランドはロイ・キーンと同じコークっ子)。わざわざ敵増やすようなこと言わんでも。
スポンサーサイト



愛蘭代表 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示