FC2ブログ
2009/08/09

テイラー君がクラブの惨状にドカンときてます。大分意訳入ってますが元記事

「失望してるよ、僕たちは監督と少しの安定を望んでるだけなんだから。新しい監督にはチームの方向を定めるだけの時間と監督が望むものが与えられるべきだ。会長がクラブを愛してるならそうするはずさ。アラン・シアラーに仕事が与えられなかったことにはがっかりしてる。僕たちは何が行われてるのか知る手がかりもない。毎週アランが監督になるって記事を読んだ。ジョー・キニアが再就任するとか、ケビン・キーガンが戻ってくるって記事も含めてね。でも今の今まで何もないじゃないか」

「シーズンが終わった後は誰でもアランが監督になると思ってたよ、少し時間はかかると思ったけどそれでもアランが監督だった。僕は怪我でU-21のヨーロッパ選手権を欠場したんだけど、アランが開幕には万全でいて欲しいと望んでくれて嬉しかったんだ。僕には彼への尊敬があるから彼の言うことならどんなことでもするし、彼がまだ監督だったら多くの選手が残ってたと保証できるよ。会長は人件費に頭痛がしてるみたいだけど、アラン・シアラーはすべてを与えてくれる男なんだ。アランは多くの尊敬を受けていて僕たちを昇格に導いてくれる」

会長さん、聞こえてらっしゃいます?ああ、監督欲しい(切実)。最後の最後に8週間呼び寄せといて何がなんだったんだという気にもなります。Guardianの記事でオーナーについてBloody-mindedという単語が出てたのですがすごく納得してしまった……。
スポンサーサイト



新城 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示