FC2ブログ
2006/08/16




親善試合セルビア戦を最後にネドベドが代表引退するそうです。
プレーオフ、ドイツとご苦労様でした。ドイツではも少し見たかった。
暫く(Bで)姿は見れませんが、今後もユーヴェを支えてください。
正直ユーヴェが居ないとAが締まってこないと思うんです。
ミランもローマもインテルも何処か足りないというか、インテルなんてストライカー何人獲る気。
今後も末長い御活躍をお祈りしております。


チェコも4年後に向け若い世代に期待したいところ。
もうちょっと攻撃に若い子が欲しい。後ろもまあそうだけど。
バロシュとロシツキには引き続き頑張っていただいて、
プラシル君にもう少し攻撃的に生きて欲しいものです。
何もバロシュになれって言ってるわけじゃないので。
(バロシュ二人居たら味方も手に負えません)
そして、ベドナール君てどんなプレーヤーなのかどきどき。
ハーツに居るんですね……見たいので中村君スコでヤロシク。


16日、各所で国際親善試合が行われます。
アイルランドもオランダとの親善試合を控えております。
が、負傷によりクラブへ御返還される選手が続々と。
ダフも勿論、招集されていたわけなんですが、
鼠径部の違和感(?)で新城へと返還されたみたいです。
新城側曰くウィガン戦出場への障害は特にないみたい。
ギブンにキーノに……(続けるのが辛い)
ダフ含め8名がクラブへと帰還する模様です。多すぎる。
しかも不動の方々ばかりのように思うんですが。


キャプのロビーと副キャプのギブンが帰還してしまったため、
代理としてスティーブン・リードがキャプテンを勤めるようです。
ストーントン監督が不審者に銃で脅されるなんてこともあったようで、
アイルランド代表の未来、早くも雲行きが怪しく(後ろ向き)。
対するオランダ、欧州U-21のあの輝きときたら、
ロッベンもまったく安泰じゃないぞという選手層(反則)。
スチーブン頑張って。でも怪我には気をつけて。切実に。

スポンサーサイト



愛蘭代表 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示