FC2ブログ
2009/04/27

たまたま前の記事でも書いてた来季のプレミアリーグへの昇格を決めているウルブズことウォルバーハンプトン・ワンダラーズのこと。ミック・マッカーシー監督が今夏の選手希望を提出したとされてまして、それにダフが入ってるという話。わかりやすい愛蘭代表繋がりとなってます。元ネタはPeople。記事中ではダフが減給に応じる必要があるがとなってます。他の候補は夏にフリーとなるリバプールDFのサミ・ヒーピア、マンUの若手FWのキャンベル君、ブリストル・シティのMFマーヴィン・エリオットとされてます。

ミックはロイさんの前にサンダーランドが上がってきた時ダントツで降格していった過去があるのでちょっとウルブズも心配だったりします。まあこういう話はシーズン終ってから山ほど見ると思うのでその時にでもまた取り上げることとします。もう躍らされません(モドリッチの傷は結構な深手でした)。同じ記事にシアラー氏が来季も監督を続けるのであれば、1mでロマナ・ルアルアを連れ戻すとも。

もうちょっとウルブズのこと。マイケル・カイトリー君という英U21代表の若くて良いウィングがいるそうで、知らない選手ですが7番だから右かなと思ったらU21じゃ11だ。レノンがいるからですけど。カイトリー君はトッテナムのユースを首になった経歴があります。11番も調べたらスティーブン・ウォードというダブリン産のレフトウィング兼ストライカー兼レフトバック……あー、ミックの好みです。しかし英代表は選手が何故か右に固まってますよね。愛蘭代表は逆に左の選手が妙に多いんですけど、何が影響してるんでしょうか。youtubeでteammatesの動画を見つけたのでペタリ。Skyの奴とはだいぶ質問が違います。投稿は最近ですが質問がクリスマスプレゼントとあるので12月頃なのでしょう。
スポンサーサイト



サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示