FC2ブログ
2009/03/30

ダフの将来の話

ニューカッスルは当初ダフの離脱期間を2週間ほどと見積もってたのでチェルシー戦は駄目かもと思ってたらしいですが、調べてみると7~10日で復帰できるかもと言うことがわかり、チェルシー戦に間に合うかもと一縷の望みに賭けているらしい。怪我したのが25日でチェルシー戦が4日ですからまあ可能性はありますが。期待されると頑張りすぎてる人なのであんまり早く戻られても心配です。出られるなら放送もあるし嬉しいですけどね。

ブルガリア戦にはどうにか間に合わせたマクギーディですが、今度はそのブルガリア戦で膝を痛めた模様でイタリア戦が怪しいらしい。怪我はゆっくりしっかり治すものですよ。生命力強そうな選手なので根性で治してくる気もします。


本題、ダフの考える将来……ネタ元

「僕はフットボールを終えてからの生活のことを考え始めてる。フットボールは僕の唯一の関心ごとだし、他に何したいのかも正直わからない。とてもメディアの仕事に向いてるとは思えないしさ。例えばコーチになることも出来るよね、でもそれをするには資格が必要で、資格を得るのにやることはあまりに多いんだ。それに悩まされることは考えてないよ。コーチになるためにしなきゃいけないことは僕にとっては意味のないことだから。結局僕が何をするかはわからないんだけど、僕はアイルランドに帰るんだろうね」

「ニューカッスルとの契約は2年半残ってるし、プレミアでやれる限りはプレーするよ。でもそれが終わったら国内リーグでプレーすると思う、僕は自分の国でキャリアを終えたいから。足引きずりながら10年くらいやるかもね。ブレイ(ワンダラーズ)は一番身近な存在だけど、シャムロック・ローバーズのタラト(ロビーとダンの故郷)もすぐそこだ。その時がいつで僕がどの程度年をとってるかはわからないけどね。アイルランドの選手はもっと自国のリーグでプレーしたいと思う必要があると思う、ヘンリク・ラーションみたいに。アイルランドの選手は今まで必ずしもそういうことをしてこなかったけど、僕はそういうこと好きだよ」
「僕は殆ど家に篭ってる人間だし……イングランドでのキャリアを終えたら僕はすぐさまアイルランドに帰るだろうね、僕が暮らしたいのはそこだから。イングランドでの最後のゲームが土曜日だったとしたら、僕は日曜日にはアイルランドに向かう飛行機の中に居る。そしてアイルランドのクラブから契約の話が来ればと思ってる。そしたら僕はすぐに彼らのためにプレーするよ。僕は30を越えてそういうことを少しずつ考えてる」

フットボール選手の将来というと、テレビの解説とかコーチとかがやっぱりメジャーな道かと思いますが(事業起こしたり牧師になっちゃう人も居ますけど)、どっちもやる気なさそうですね。まあ多分郊外の静かな場所で好きなだけ寝てるのでしょう。引退したあと全く音沙汰ないのは寂しいし、誰かコーチの道にでも引きずり込んでくれないかなーと思わないでもないですが……。例えにラーションの名前を挙げてくる辺りにセルティックファンを感じます。
スポンサーサイト



愛蘭代表 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示