FC2ブログ
2009/03/22

Newcastle 1-3 Arsenal


マルティンスですぐさま追いついたときはやったって感じもありました。でもその後があんまりにあんまりで。以下順を追いながら。

+ホナっぺ(グティエレスをたまにこう呼んでる)がベンチ……ダフが出てるのは嬉しいけどグティエレスが出てないのは何だかしっくり来なかったり。ノーランが出場停止明けで。マルティンス、ロベンクランズの2トップにダフ、バット、ノーラン、ライアン君のMFに、ここのところのいつものDF陣。
+23分にアルムニアのライアン君へのファウルでPK。アルムニアが後ろから倒したという判定になるのかしら。マルティンスが蹴るも止められて失敗。いないのでしょうがないですが、PKはオーウェンのほうが入りそう。
+26分にテイラー君がアルシャビンのシュートを体を入れて止める。偉いと思ってたら競り合いでアルシャビンにパンチ食らわすテイラー君。幸いお咎めはなかったものの軽率なプレイ。
+もともとあからさまにハンドでゴール防いだのに、堂々ととぼけきったうっかりぶりから覚えた選手なので、キャラといえばキャラですが。
+その後の39分にもコロッチーニがずっこけたのをフォローに行ってファン・ペルシーのゴールをこれまた素晴らしく防ぐテイラー。とても良いプレーをしてくれる選手だと思うんですけど、それだけじゃ済まないような、でも肝心な時には頼りになるし。
+と、この間にバソンが鼠径部を傷めてベイと交代。ベイの復帰は嬉しいんだけど±0。バソンには今季本当にお世話になってるだけに痛い。テイラー君がCBへ。ギャラスがロベクラと競ってる時に背中を蹴ってイエロー貰ってる。でもパンチほどじゃないと思う。

+後半。58分にベントナーがセットプレーからヘッドでアーセナル先制。ジャンプ位置高い。その数十秒後にマルティンスがこぼれたボールに脚を上げたらスポーンと入って1-1。なんか不思議、でもマルティンスらしいと思う。まだいけるぞと思ってたら、テイラー君が傷めて治療に行ってる間にアーセナルのディアビが追加点。テイラー君に変わってオーウェンが入る。ベイがCBへ。
+アシュリーオーナーが面白くなさそうな顔をしている。面白いわけがないです。
+ナスリにも入れられて1-3。ハーパーのセーブ劇多数の防戦で試合が終わる。守備に回る選手が切ないのは何にも結びつくものがないからなんだろうなと残り時間中思ってました。
+ベントナーのピンク愛好話。私の中でピンクと言ったらランパードな印象、私服が。
+貰える目のないアピールしてるダフより、倒れないで不恰好でも頑張ってる方が好きですよ。何か最近軽い感じで転んでるし、行き詰ってるのかなと心配になる。

バソンとテイラー君が痛めるという、本当にどうにもならない状況です。ロベンクランズもちょっと傷めた風なのも泣きそう。前半は悪くなかったのに何でこんなことに……内容はここのところ悪くないということは、内容以上に足りないものがあるのでしょう。
随分楽観的に見ていた方ですが、今は本当に降格すると思ってます。怪我人が戻ったらとシーズンの初期から長らく思い続けてましたが、今日の負傷劇見ていてそんな希望も潰えました。1人ならまだしも2人、ロベンクランズも入れると3人はいくらなんでも酷い。昨季、昨昨季の残留争いとは危うさの次元が違うと思うのは、自力で残れる気がしないからだと思います。代表週間のうちに気持ちが変わるかもしれませんが……。

スポンサーサイト



新城 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示