FC2ブログ
2008/09/02



移籍市場が閉じて早々ケビン・キーガンがニューカッスルを辞任する、したとの報道が溢れかえってます。事態を把握するために記事の気になるところをまとめてみました。見つけ次第追加していこうと思います。この事態を受けブックメーカーで行われていた一番最初に辞める監督は誰?という賭けが閉鎖されたそうです。クラブは依然として沈黙を保っています。


元ニューカッスル会長、フレディ・シェパード:とても哀しく思う、私はケビンと多くの時間を過ごしたからね。彼は偉大で物事の本質を理解している人間だ。何が起こっているのかはよくわからないが、彼が去ったのは明らかに思えるよ。そしてそれは起こるべくして起こったことで、キーガンの手に負える事柄じゃなかったと私は考えている。(Sky Sports

数百人ものファンが抗議のために集まった。
ファンの掲げたメッセージ。
「行かないでキーガン」
「アシュリーは要らない」
「ボードはゴミ箱へ」
「キーガンさえいれば何もいらない」

ファンの声。
ピーター・ブラウン(45):クラブはファンに何も語らないんだな。俺たちは世界中に笑われてるよ。キーガンがいい仕事を出来る環境じゃなかったんだ。
リリアン・ソーンダース(39):ボードが何を考えているかわからないわ、ここに集まった人たちがどんなに驚いていると思う?
ピーター・クラーク(25):クラブは金のために動いてる。後任がワイズなら俺は二度とゲームを見にいかないよ。キーガンはこんな状態で出来る限りの仕事をしてきたと思うし、彼が出て行く理由なんてないじゃないか。(Journal


昨日、キーガンはアシュリー、ワイズと面会をしていたが今朝のトレーニングに彼は現れなかった。キーガンは最終日に獲得した2人の選手について殆ど知らなかったようにも思われる。この2人の獲得にオーウェンへの新契約提示が関係していたのでは?アシュリーはバートンを支持するキーガンにも不満があった。(Telegraph


既にキーガンが去ったと主張されているが今現在のところその確証はない。キーガンはグティエレス、コロッチーニに続くスター選手と契約できなかったことに幻滅していたと思われる。(Times


キーガンは事前に彼が望んだ3人の選手にミルナーの移籍分を加えた4人の選手、特に左SBの獲得を望んでいたが、移籍を担当しているワイズは最終日にミッドフィルダーとストライカーを手に入れるのみだった。キーガンは月曜日の夜に行われたリザーブでのダービーにも現れなかった。それは彼が移籍市場の最終日に集中するものとして理解されたが、既にその時、彼の立場は失われていたのかもしれない。(Guardian
スポンサーサイト



新城 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示