FC2ブログ
2008/09/01



ミルナー移籍金は1200万ポンドだそうです。結構入ったのですね。

一度恥に気づくと数年くらい消化しきれずに、唐突にあの時は恥ずかしかったと思い出して一人で赤面する性質があり微妙に困ってるのですが、恥をかき尽くせば表に出てこなくなるのではと思いたち今まで恥を晒すことにしました。新カテゴリまで作って(自虐)。


ありとあらゆるものに関して綴りを間違えた。恥じ度1。
間違えすぎて慣れたので1。昔はもっと深刻に捉えていた。
最近だとColocciniなのかCollociniなのか。前が正解です。

選手の名前を読み間違える。恥じ度2。
最近はこうも読めると自分を納得させることしばしば。

苗字が一緒だとすぐ親戚と思い込む。恥じ度2。
発想が小学生。世界のスミスさんが大ピンチ。

試合のスコア表示を逆にしたことがある。恥じ度3。
3-0で負けた試合を3-0で勝った風に書いた。気づいたときはあせった。
ただ大手新聞サイトも間違えることに気づいてからはすごく楽に。

ウェールズ人をイングランド人だと勘違いする。恥じ度3。
例を挙げるとベイルとかサベージ様とか……。
スコットランドだけどゴードンもそうだと思ってた。

表記を自分で統一できてない。恥じ度4。
バとヴァとか、スとズとか。どうにかしたいけど多分できない。
リバプールと書きつつヴィラと書く微妙な不自然さ。

自分自身と戦う選手たち。恥じ度4。
チーム表記をどっちも同じにしたことが。例に出すとMan U v Man Uみたいに。
真の敵は自分と書くと少年漫画のようで燃える展開が期待できるかも。

ジョージアとグルジアが同じものだと認識していなかった。恥じ度5。
これは問答無用で恥ずかしい……アメリカの州とでも思ってたんでしょうか。
英語読みと開き直るまでには至ってませんがそのうち至りたいです。
Georgiaをグルジアってどう読んだらそうなるんですか(ロシア語読み)。

幼少時、自動販売機を葡萄販売機と呼んでいた。恥じ度5。
これは妹の恥。自分のだけでは寂しかったので。


書いたら気が楽になった気がするので効果はあるかも。
星の数だけ恥があるとロマンチックに閉めたいと思います。
スポンサーサイト



| Comments(2) | Trackback(0)
Comment
ほんと~にご無沙汰してしまいました!

なんで今頃のこのこ現れたかというと、あのミラン・バロシュがトルコのガラタサライに移籍したことを言いふらしたくてです。

アホなんです、ガラタとベシクタシュを間違えてるんです。私はベシ・ファンなんです。よくよく考えてみると最近タヌキがベシのセルダル・オズカンを可愛がっているので試合で勝負したがっているのでしょう。しかし、やっぱりアホなのです。ダービー戦はず~~と先12月なんです。馬鹿ほど可愛い子はいないといいますから、バロシュへの愛は変わりません。でもガラタのユニ好きじゃないのよね~。ピエロに見えちゃうんだもん、グス。

あっそうそう、キューちゃんとのツーショットありました。英語話せるもん同士仲良くしてんのかな。

ミランの会見によると、CLのときのイスタンブルの印象が非常に良かったそうです。でもね~、ほんとに来ちゃったのね~、トルコに。

長くなりましたがこの辺で。
またね!
わー、タヌキさんお久しぶりです。

バロシュ、今度はトルコですか。いろんな国回りすぎていつでも旅日記出せそうな感じになってまいりましたね。

ガラタサライはリバプール時代の同僚のキューエルが……と思ったらちゃんとツーショットがあるのですね。仲良く以前のクラブを見返してもらいたいですー。

ユニフォームは着るほうとしては明るい色のほうが盛り上がるんじゃないかと思いますよ。えーと赤のチームのほうが強いとかいう統計もあるみたいで。白と黒は選手が引き締まって見えるので、見てる分には私もそちらのほうが好きですけども。

トルコ語の壁に苦労しつつ選手もみてきました。80番のMURAT AKÇA君とか若い上にモデルか俳優かって顔してますね。バロシュもくれぐれも男ぶりで負けないように!それではー。

管理者のみに表示