FC2ブログ
2008/02/14




長い監督不在期間を経てFAIはアイルランド代表監督に、元イタリア代表監督であり数多くのクラブでタイトルを手にしているジョバンニ・トラパットーニ氏の就任を発表しました。事前にBBCなどに記事が出てたのでFAIの公式サイトを見に行ったら会見を生中継してました。FAIの公式サイトは地味に雰囲気が好きですね。えーと、本格的な活動は春にザルツブルグとの契約が満了してからみたいですね。

トラパットーニはアシスタント・コーチとして元アイルランド代表の現アーセナルのユース・コーチ、ユヴェントス時代に自身が指導したこともあるというリアム・ブレイディを迎えることを希望しているようです。トラパットーニ曰く「リアムは選手時代も知ってるし、私と仕事ができるか聞いてみたんだ。彼はイタリア語が話せるし、選手のこともよく知ってるからね。彼にはアーセナルでの仕事もあるから常にとは言わないけど、一緒に仕事をすることもできると思う」「アイルランドは1流のチームだと思ってる。2流のチームなんかじゃないよ。(古巣の)イタリア代表との対戦もあるし2010年に向けての予選は厳しいものだけど、抜けることを可能にしないといけないんだ」とのことです。このまま監督不在が続いたらどうしようと思っていたので何より。守備最重視な監督なので何かと悩まされた失点は減りそうです。

(追記)
リアム・ブレイディのコメント「まだジョバンニとは電話で話しただけだから直接顔を見ながら話さないと何ともいえないな。アーセナルでの今の仕事は気に入ってるし出来れば辞めたくないんだ。会って話すのはそのこととジョバンニが僕に何を求めているかだね」。んー、非常勤でなら可能性はありそうですね。



ダフの速度違反がまた記事になったりしてます。違反も3回目らしく流石に道路関係者も厳正な処罰を求めている模様。事故も怖いのでスピード狂も程々にお願いしたいです。
スポンサーサイト



愛蘭代表 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示