FC2ブログ
2007/11/11




Sunderland 1-1 Newcastle


この結果は微妙に反応に困ります。当たり前ですが負けてないけど勝ってないですよ。ので、とりあえずミルナー君のゴールに喜ぶ方向で……直接入るとは思いませんでしたが。あれはクロスですよね?RatingでもLucky Goal言われてます。とにかくシュート打ってませんでしたから、引き分けなのも意外。バットがいないせいでしょうか、試合としても荒いわりに締りがなかったです。印象的なプレーというと27分のエンゾグビアのクロスぐらい。あー、サンダーランドのマクシェーンが好きです。

さてさてインターナショナル・ウィークのためリーグ戦はしばらくお休み。次戦は24日にホームでリバプールと。今年のリバプールは例年以上によくわかりません。
スポンサーサイト



新城 | Comments(4) | Trackback(0)
Comment
ニチさん、お久しぶりです。昨日は試合開始の10分前からちゃんと正座しましたか? 私はちゃんとしましたよ(笑)。う~ん、試合自体は確かに良くはなかったですね、最後までサンダーランドのペースだったのでドキドキでした。ここ最近、NewcastleはDefence陣のプレーに問題がある気がします。ロゼフナールやテイラー自体は良い選手と評価されているらしいけど、本当にそうなのかな?と疑問です。チェルシーのテリーのように相手選手をゴールエリア内に入れさせない位の気迫のあるDefenceをもっとして欲しいです。ニチさんが言うようにストイックなバットがいなかったのも大きかったと思います。アラダイス監督は今のメンバーにはバットのようにプレー中にかけ声を出す選手がいない事が、選手同士の意思疎通を低下させ、これが勝てない原因だと嘆いているみたいだけど、なるほど、と思いました。2005年にチェルシー戦を観戦した時に感じたんですが、彼らはお互いに大声でかけ声をかけながらプレーしてました、テリーやロッベンなんか悪態つきながら(笑)ではないと思うけど、ものすごい大声を出しながら味方に指示を出してました。テリーは試合の最初の方で相手選手との接触で鼻血を出していたにも拘わらず自分では全く気づいてなくて、ユニフォームが鼻血まみれになっていて、私の周りにいたチェルシーサポーターのおじさん達に言われて初めて気がついてたました、自分の目の前で治療を受けまたfieldに戻って行ったテリーを見てすごい選手だと感動したものです。ところで。ニチさんはサンダーランドのマクシェーンが好きなんですね~。私はロイ・キーン監督(本当にいつ見ても素敵!)とイアン・ハートの両Irishが好きなので久々に二人が見れて嬉しかったです、fieldの白線を顔に付けたまま最後までプレーをしていたイアン・ハートのフリーキックは素晴らしかったですね。スペインリーグを離れてプレミアに戻ってきてくれて本当に良かったです。

PET SHOP BOYSさん、お久しぶりです。ダービーなのでしっかり見ておこうときっちり正座してましたが、試合が良くないと姿勢も段々崩れていきます。取るべくして取ったポイントという気が全然しないので、潔くサンダーランドに3ポイントあげた方がいい気もしてしまいました。殆ど自陣内で試合してたら勝てないですよ。。
近頃よろしくない守備の問題ですが、メンバーを固定し切れていないのも原因の一つじゃないかと思います。テイラー君はCBが本業のはずですけどSBとCBを行ったり来たりで、ローゼナルも毎試合先発ではありませんし、カサッパ、ファイ、ベイ、エンリケも不動な人はいないです。GKとの意思疎通の関係も含めてディフェンダーはある程度は固定の方がいいはずですが、GKもハーパーだったりギブンだったりで、ギブンの怪我がないとしてアラダイスのベストはどっちなんでしょうか?覇気のある選手のいないことよりそちらの方が大きい気がするのです。選手間でコミュニケーション取れてなさそうなのは守備陣だけではなく中盤も前線もでしたが……うーん、バットがあと2人くらい欲しいと無茶を言ってしまいそう(笑)。
サンダーランドはアイルランド贔屓をしてるとメンバー見てるだけで楽しいです。肝心のアイルランド代表の方が暫く微妙ですので。昨日見てて気づいたんですがロイ・キーンの目の色は綺麗なグレーなんですね。立ち姿の格好よさはきっとモウリーニョと並びます。あ、監督も環境もアイルランド的にみれば完璧!(はたして英国的にどうなのかはわかりませんが)なマクシェーンには勝手に期待してます。
ニチさん、メンバーを固定し切れていないのに原因があるっていう意見に私も賛成です。やはりコンスタントに出場していないと勘がにぶりますよね。うんうん、バットがあと2人いたらいいですね。アラダイスにはバットをキャプテンにして欲しいとお願いしたいんですが、なかなかそうもいかないようで。アイルランド贔屓って、あのつながり具合が何とも言えず面白いですよねぇ(笑)。つながり眉をしたIrishを見るたびにあぁ、あの人達ははるか昔にアイルランドを占領していたスペイン人の子孫なんだろうなぁなんて思っていつも見ています。ロイ・キーンのグレーの目は素敵ですよね~、選手時代もカッコよかったですが、監督になってからはさらに紳士的な要素も加わってきたような気がします。モウリーニョもちょい悪オヤジ風(笑)で確かに素敵ですよね、ちなみに、モウリーニョと言えば、バルサの監督になる、なんて噂もあるようですね。まだライカールトが解任されたわけじゃないのですが、そんな噂があるみたいです。

この土日はプレミアがなくってつまらない週末になってしまいましたね・・・。さぁて、いよいよリバプール戦、結果はまったくどうなる事やら。。。今からとっても心配です、勝ち負けよりも今度負けたら順位はいくつ下がるんだろ~なんて事を心配してたりする自分が嫌になります。オーストリアとの親善試合でまたオーウェンが怪我をしたらしいですね。またか~、とガックリ。ダフのリハビリ&出場準備は予定通り進んでいるんでしょうかね・・・


バット・クローン法の可決を英国の方にお願いして、という割と切実な冗談はさておき、まずはテイラー君をCBに固定してキャプテン任せられるくらいに育てるのが急務じゃないでしょうか。あまりそんな感じはしませんがバットだって30代ですから。黒い髪のアイルランド人はスペイン人の子孫なんて言いますね。イアン・ハート辺りはそちら系でしょうか。レバンテでもあんまり違和感なかったですし。他には金髪や赤毛の人はノルウェーのヴァイキングの血筋だと言われますね。
モウリーニョ、ちょっと腰を絞ったコートがものすごく似合ってて……ううん、格好良かったです。改めてプレミアは惜しい人を失いました。モウリーニョには個人的にビッグクラブのちょっと下くらいのクラブに就いて、何処かのリーグを思いっきり混乱させて欲しいなあなんて思ってるのですが。チェルシー時代に色々とやっちゃいましたし、古巣とはいえバルセロナはないんじゃないかなとなんとなく。

オーウェン、また怪我ですか……今季は昨季に比べれば怪我人も少なめですが、中々全員揃いませんねえ。便りがないのはいい便りということで、ダフは順調ということにしております。勝手に。リバプール戦は相手に勝利を左右されちゃあいけないんでしょうが、リバプールの調子次第だと思うのですよね。ニューカッスルがものすごく良いってことは多分ないので。負けを想定していれば負けてもそんなに悔しくないはず。いけません、典型的な負け思考です。

管理者のみに表示