FC2ブログ
2007/05/08




猫が死んだ
僕の大事にしてた子猫が
家に帰ると玄関の前で
冷たく

『CAT WAS DEAD』/BLANKEY JET CITY


飼い猫が死んでボヤボヤしてます。


ブラックバーンに負けたり、ローダー氏が辞任したり、後任はアラダイス濃厚だといわれていたり(これまた極端な……今のところは噂ですが)。最終戦のワトフォード戦の監督は、ローダー氏の辞任に伴いナイジェル・ピアソン氏が務めるようです。


スポンサーサイト



| Comments(2) | Trackback(0)
Comment
猫ちゃん、可哀想に。
私も1年前に飼ってた犬が死んでしまってとても悲しかったのでニチさんの気持ち分かります。
猫ちゃんはきっと「虹の橋」に行くと思いますよ。

< 虹の橋 >
天国の、ほんの少し手前に「虹の橋」と呼ばれるところがあります。
この地上にいる誰かと愛し合っていた動物は、死ぬとそこへ行くのです。
そこには草地や丘があり、彼らはみんなで走り回って遊ぶのです。
食べ物も水もたっぷりあってお日さまはふりそそぎ、みんな暖かくて幸せなのです。

病気だった子も年老いていた子も、みんな元気を取り戻し、傷ついていたり不自由なからだになっていた子も、元のからだを取り戻すのです・・まるで過ぎた日の夢のように。

みんな幸せで満ち足りているけれど、ひとつだけ不満があるのです。
それは自分にとっての特別な誰かさん、残してきてしまった誰かさんがここにいない寂しさのこと・・。

動物たちはみんな一緒に走り回って遊んでいます。
でもある日・・その中の1匹が突然立ち止まり、遠くを見つめます。
その瞳はきらきら輝き、からだは喜びに震えはじめます。

突然その子はみんなから離れ、緑の草の上を走りはじめます。
速く、それは速く、飛ぶように。

あなたを見つけたのです。

あなたとあなたの友は、再会の喜びに固く抱き合います。
そしてもう二度と離れたりはしないのです。

幸福のキスがあなたの顔に降りそそぎ、あなたの両手は愛する友を優しく愛撫します。
そしてあなたは信頼にあふれる友の瞳をもう一度のぞき込むのです。
あなたの人生から長い間失われていたけれど、その心からは一日も消えたことのなかったその瞳を。

それからあなたたちは、一緒に「虹の橋」を渡っていくのです。 
  

ご存知かもですが、ペットロスの方を慰める詩で作者不詳のまま共感を呼び全世界に広がったそうです。
私も慰められたのでニチさんにも・・・


ところでニューカッスル、一体どうなっちゃうんでしょうねぇ~
ダフの今後も心配・・・(気分は母親のよう・笑)
虹の橋のお話ありがとうございます。もともと野良の子だったので病気はある程度仕方がなかったのですが、初めてのことではないとはいえ辛いです。虹の橋で何匹待っていてくれるのかしらと思ったり……。

ニューカッスル、アラダイスが最有力とのことですが、どうなるものでしょうか……放り込みはイヤン。

管理者のみに表示