FC2ブログ
2006/03/03

国際親善試合、クロアチア×アルゼンチン。


+再放送も見たので少し追記。
+国際親善試合、クロアチア×アルゼンチン。


+クロアチア先発、プレティコサ、スルナ、トゥドル、シミッチ、バビッチ、
+トマス、モドリッチ、ニコ・コバチ、クラスニッチ、クラニツァル、プルショ。
+アルゼンチン先発、アボンダンシェリ、ブルディッソ、カンビアッソ、サムエル、
+コロッチーニ、ポンシオ、リケルメ、クレスポ、テベス、メッシ、デミチェリス。
+双方ある程度はベストといってもいいんじゃないかという面々。
+アルゼンチンはこれにアジャラとかソリンが加わるんでしょうけど。
+スイスのバーゼルでのクロアチア主催試合でござます。


+3分、アボンダンシェリのミスからクラスニッチが得点。クロアチア先制。1-0。
+早速、物が投げ込まれたりしてます。発煙筒で煙たそうな観客席。
+こういうところで国を上げての試合だと実感。嫌な実感の仕方。
+4分、メッシが切り込んでいって、テベスが触ってゴール、1-1。
+展開早いよ。テベスが触らないでも入ってそうな感じ。
+7分、トマスがジャストパス・・・・・・メッシに。そっち敵です。
+あっという間に駆け上がり、DFの存在でGKがどうしても鈍くなるタイミングでシュート。
+綺麗に決まった。あれは取れません。メッシ代表としては初得点。1-2。
+メッシの代表初ゴールを中継できるなんて幸せですねと実況さん。
+クロアチアのミスが相次ぐ。しばらくアルゼンチンがキープ。
+メッシはボールもっても倒れない。起き上がりこぼしみたい。
+20分前後、アルゼンチンキープは変わりませんが、クロアチアも落ち着いてきてる印象。
+22分、クラニツァル、プルショへ柔らかく高いパス。面白いボール。
+フレンドリーだからか、ファウルなんかも後味の悪いものが無いのは見てていい感じ。
+この辺りから少し流れがクロアチアへ。モドリッチはいい選手だという話。
+で、この人、なんとなく顔がクライフに似てる。若い頃じゃなく年取ってる現在の顔に。

+さて、そのまま後半突入。クロアチアはトマスに代えてトキッチ。
+52分、クロアチアに流れが行きかけてるところでメッシがするする抜けてみたり。
+倒れない上に止まらないので大変厄介。小回りの効くこと効くこと。
+その直後にクロアチアが得点して2-2。あら。
+しばし展開動かず、後半クロアチア側のファウルが増えてる印象。
+あからさまな物も多々。メッシに後ろから抱きついたりとか。
+この件で残念ながら私の中でトキッチはホモと認識されました。
+このレフェリーさんボールの位置とか細かいです。
+時間が少なくなるにつれクロアチアが勝利に執念を燃やし選手交代。
+それが実ったのかロスタイムにシミッチが肩にボール当てて得点という曲芸で3-2。
+このまま試合終了。クロアチア勝利。手を繋いでサポに向かって笑顔ふりまいてます。
+モドリッチの右隣はスルナ。左はオリッチあたりでしょか。


+攻撃見てる限り、アルゼンチンの方がキープ力、個人技の部分で、
+プレーのレベルは全体的に高い位置にはあるのですが。
+クロアチアはボールの種類などの豊富さで勝ってるかなと。
+どちらもプレーが落ち着いており、自分たちからは崩れそうも無い。
+それにしてもメッシの絶好調ぶりは怖いです。
+クロアチアで目立っていたのはモドリッチ。
+クラニツァル(クラニチャール)よりも余程ボールが集まってました。
+なんと代表初招集初出場だそう。つまりこの試合だけで信頼を勝ち得たと。
+クラニツァルはクラニツァルで、ボールの種類の豊富さと、
+ミドルシュート力もあることを見せてたり。特に何もしてないですが。

+モドリッチはクラニツァル移籍後のディナモ・ザグレブの主力で、
+先発についてはクラニツァルとポジションがかぶるのが、頂けないんじゃないかなどと言われていたそうですが、リーダーシップはこちらの方がありそうです。
+クラニツァルにリーダーシップは無さそうなのでこの登場は嬉しい。
+まだ20歳で非常に若いので、これからが楽しみ。クラニツァルも21で十分若いんですけど。
+上手く強く早いモドリッチ、ダイナミックさとパス種類の豊富さのクラニツァル。
+そう言えばアイルランド対スウェーデン、ダフが点入れたそうですね。見たい。

スポンサーサイト



サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示