FC2ブログ
2006/06/10

ドイツ×コスタリカ


+終りました。振り返りつつちょっとメモ。


+バラックが欠場のドイツ。バラック、ニコニコ笑ってる。
+シュバインは相変わらず髪型が微妙におかしい。
+フートと同じくどっかズレてる香りがする。
+そのフート、さすがに先発じゃなかった。
+フート先発=地獄の黙示録(意味不明)。残念。

+試合開始。自分たちが守りきれないことをよくわかってるのか、積極的なドイツ。
+6分、ラーム。実に綺麗に右隅へ決めた。ドイツ先制点。
+ゴール後、バラックに誉めてもらいに行ってます。
+その6分後、オフサイドギリギリでコスタリカが返して1-1。展開早。
+今後の展開がボコスコザル試合と決定された瞬間かもしれない。
+18分、右隅でシュナイダーが踏ん張りボールを中へ。
+シュバインシュタイガーが受けて更に中に流して、クローゼ決めて2-1。

+シュバイニー、走りもどことなく変。
+足は細かく動いてるのにボールと体が進んでないからか。
+コスタリカ、「ここは自分で行けないからパスしよう」という単純な判断が遅い。

+40分、シュバイン倒されてドイツFK。シュバインのFKはドーンと行って良いよね
+と楽しみにしてたら蹴ったのはポドルスキー。上にずれた。
+後半17分、ドイツ、左からのクロスがDFにあたり軌道が変わる。
+クローゼが頭でぶっこむ、一旦GKに弾かれるも押し込みドイツ3点目。
+28分、コスタリカが一点返す。またDFのライン絡みから得点されてるドイツ。3-2。
+後半そろそろ終わりも近い42分。フリンクスが中央を走りながら入れて4-2。
+そのまま試合終わってドイツの勝利。
+DF絡みの2失点は気になるところ。というより急所。
+フートがいたらもっと大変だったと思う。
+レーマンといいフートといい何か見てると癖になるのが多いドイツ。



+気づいたこと。レーマンの太ももが意外とセクシー。


スポンサーサイト



サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示