FC2ブログ
2006/06/11

W杯グループC、アルゼンチン×コートジボワール。


アルゼンチン 2-1 コートジボワール


+面白かった。実に実に。
+気になっていた先発FWはサビオラとクレスポ。ははぁ。
+アルゼンチンは上手かった。何故か結果的に勝っている。
+内容でコートジボワールが劣っていたということでは無く、
+アルゼンチンが決めるべきところで決めるべき人間が仕事をしたという。
+アルゼンチン相手に先に二点取られてしまうと玩具にされるしか道はないわけで。

+後半なんかはクレスポがパラシオと交代したことによって、
+アルゼンチンは前での収まりどころをなくし、
+コートジボワールが攻める機会も相当あり。というか殆ど。
+それでも何故か守れてしまう集中力の素晴らしさと運のよさ。
+うーん強かったです。強いから勝つんじゃなく、勝つから強い。
+皆が皆リケルメの為に動いております。
+後半大分進んだ時間帯でのリケルメのシュートに、
+ロドリゲスが後ろから上がってきて押し込んで、というのはその典型。
+オフサイド判定で駄目でしたがあれはよかった。


+スウェ×トバゴは予想通りに途中で意識が途切れ大半は見てないという。
+10人相手に一点を取れないスウェーデン。
+後半の途中からしか見てないんですが・・・・・・決定機、大分ありました。
+トバゴは良かった。10人でも攻められるところは攻めに行く。
+非常に小奇麗に方向性が統一されていた。いいサッカーするなぁ。
+トバゴが引き分けでかなり喜んでた。まるで勝ったかのような大騒ぎ。
+スウェーデンサポ、まるで負けたかのような落胆具合。
+実にグループをややこしくしてくれました。面白くなってきた。




スポンサーサイト



サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示