FC2ブログ
--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/06/05

Macedonia 0-2 Ireland

勝ったー! 前半はとても心臓に悪い試合でした。。ギブン、ケリー、オシェイ、オディ、キルバーン、マクギーディ、アンドリュース、ウィーラン、ハント、コックス、ロビー・キーン。事前に負傷の心配があったロビキンは軽傷で済み、ロングの疲労の影響もあってネーションズ同様コックスとの2トップ。

先制ゴールは8分、ロビー・キーンのロングシュートが相手DFに当たりやや跳ね上がってGKの予測の外へ。記念すべき代表50ゴール目。15分、サイモン・コックスがゴールかと思ったもののオフサイドで取り消し。笛が鳴ったのにプレーを続けたとしてイエローまでもらって踏んだり蹴ったり。パンデフはやっぱりボール持たせると怖い、オシェイも苦労してます。ギブンのいい飛び出しでのセーブが一本。後は左のポポフのクロスが印象的。36分、またまたロビー・キーン、マケドニアDFのパスミスを軽々とさらってGKの脇へ流し込んで2点目。あっさり決めるのがいい時のロビーです。40分、オシェイのエリア内でのハイキックに対してPK判定、トリツコフスキの蹴ったボールはクロスバーに当たり運よく失点から逃れました。2点差でHTに入ったのが効いたのか守り切って0-2で敵地で3ポイントを手にしました。

前半はもう一本運が悪いとPKとられそうなのがありましたし、あのPKが入ってたらと思うと気が気じゃないです。後半は相手のミドルが多くなったのでエリアでの危ないシーンはやや少なくなりました。ギブンがいつも通り好セーブを連発してくれたおかげでもあります。ロビキンとコックスのFW二人はいい仕事してましたが、後半は特に攻撃面であまりいいとこなかったですね。ロングは疲労のせいか調子悪そうでしたし。

選手採点:JOESky Sportsこちらはマケドニアの方の採点です。ロビー・キーンは代表のゴール記録を51に更新。折角なのでWikipediaの各国代表50ゴール越え選手のページへリンク。既に載ってます。更新早いですね。調子よさそうなので7日のイタリアとの親善試合でも2点くらい更新しちゃいましょう。

ロシアもスロバキアも勝ってグループBの順位は引き続き3チームが並んでいる状態。8月のクロアチアとの親善試合を挟み、予選再開は9月2日にホームでスロバキア戦、9月6日にアウェーでロシア戦。正真正銘の正念場。ない頭を使って、ロシア、スロバキア、アイルランドが下位チームにポイントを落とさないと仮定し、直接対決の勝敗パターンを考えてみましたが、2勝以外は10月のロシアとスロバキアの対決に左右される部分が多かったので保留。出場停止だったダンも戻れますし、ダフも9月見据えて早めに手術したんだろうと思うので、その時はその時考えることにします。トラップはスロバキア戦で勝ってロシアに勝てば首位になる状態でモスクワに乗り込みたいといってます。
スポンサーサイト
愛蘭代表 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。