FC2ブログ
2012/03/03

Ireland 1-1 Czech Republic

新ユニ白のお披露目親善試合。
前半はちょこちょこチャンスを作りましたが、ポゼッションの優位から時間が進むにつれペースを握られ、51分、レゼクのパスからバロシュが先制ゴール。パスは見事でしたが、陣形の崩れは気になります。
62分、ウィーランとダフに代わって、グリーンとハント。
69分、キーンとロングに代わって、コックスとウォルターズ。
79分にマクギーディに代わってジェイムズ・マクリーンがデビュー。ファン大歓迎。
86分、アンドリュースのパスから左に流れたコックスがニアの隙間を通して見事なゴール。本人は「クロスを上げるべきかと思ったけど、結果的には打ってよかった」と言ってます。

前半はチャンスも作って、余り悪い印象もありませんが、後半は組織の乱れが目立ちました。ポゼッションは下回っており、夏までに組織の改善の必要があるという見解が、監督選手双方から見られます。本大会でもポゼッションに関しては厳しいことになりそうですしね。
スポンサーサイト



愛蘭代表 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |