FC2ブログ
2011/05/16

アイルランド代表的に昇格・降格を考える2011。

見れてませんがフラムはバーミンガム戦は2-0で勝利、内容も良かったようで何より。最後のアーセナル戦も良い形で終われたらといったところでしょうか。勝てば間違いなく10位以内ですしね。

降格
本題、最終節を残してマンUの優勝とウェスト・ハムの降格が決まり、残留を争うのはブラックバーン、ウルブズ、バーミンガム、ブラックプール、ウィガンの5チーム。ブラックバーンとウルブズは40ポイント同士の対戦でウルブズホーム、勝てば文句なしで残留ですね。もちろんウルブズ応援です。バーミンガムはトッテナム、ブラックプールはマンU、ウィガンはストーク。3つ全部がアウェー戦と予想は中々難しいですね。

昨年同様各クラブのアイルランドの選手をまとめてみたり。※権利持ちの選手は漏れてる可能性大。現役代表選手は代表、出場してない選手は召集歴あり、権利はあるものの召集歴のない人は権利あり。最近召集されていない選手のうち、呼ばれる可能性がありそうな人は代表歴あり、なさそうな人は元代表としました。ローン選手も何となく含めてみました(適当)。

ブラックバーン
キース・アンドリュース(代表)、アーロン・ドゥラン(U-21代表)、ギャビン・ガニング(U-21代表)

ウルブズ
ケビン・ドイル(代表)、スティーブン・ハント(代表)、ケビン・フォーリー(代表)、アンディ・キーオ(代表)、スティーブン・ウォード(召集歴あり)、リチャード・ステアマン(権利あり)、ジェイミー・オハラ(権利あり。英代表志望)、ネイサン・ルーニー(U-19代表)、アーロン・マッカレイ(U-19代表)、マット・ドハーティ(U-19代表)

バーミンガム
キース・ファーヒー(代表)、スティーブン・カー(元代表)、ジェイ・オシェイ(U-21代表歴あり)

ブラックプール
アンディ・リード(元代表)、ビリー・クラーク(U-21代表歴あり)

ウィガン
ジェームズ・マッカーシー(代表)、コナー・サモン(U-21代表歴あり)

ウィガン公式見てたら、元U-19代表のカラム・モリス君もいるかと思ったら同姓同名なだけでした。気になったので調べたらセミプロのBlyth Spartans A.F.C.にいるみたい、と個人的なメモ。

昇格
昇格はQPRとノリッジの二つと、スウォンジー、カーディフ、レディング、ノッティンガム・フォレストのうちの一つ。もうすぐセカンドレグ始まるのに今更取り上げるかっていう感じですが。

QPR
パディ・ケニー(元代表)、マーティン・ローランズ(元代表)、マイケル・ハリマン(U-19代表)

ノリッジ
ウェズ・フーラハン(代表歴あり)

スウォンジー
トーマス・バトラー(元代表)

カーディフ
スティーブン・マクファイル(代表歴あり)、アンソニー・ジェラード(権利あり、U-18代表歴あり)

レディング
シェーン・ロング(代表)、ノエル・ハント(代表歴あり)、イアン・ハート(元代表)、ジェイ・タブ(U-21代表歴あり)、マーカス・ウィリアムズ(権利あり)、ジュリアン・ケリー(権利あり、U-19召集歴あり)、デイブ・ムーニー(U-23代表歴あり)、ダニー・ジョイス(元U-17代表キャプテン)、ショーン・モリソン(権利あり?)、アレックス・マッカーシー(権利あり?)、アレックス・ピアース(権利あり、スコットランドU-21歴あり)

ノッティンガム・フォレスト
ブレンダン・マロニー(U-21代表歴あり)、マーク・バーン(U-18代表歴あり)

レディングが際立ってる。まさかこんなに権利ある人がいるとは。もちろんイチ押しはレディングです。
スポンサーサイト



愛蘭代表 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |