--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/05/31

Ireland 1-0 Scotland

プレーオフの結果にがっかりしながら遅れ気味の更新(レディング……)。

メンバーは北アイルランド戦からやや変わって。オディ、ローレンス、ファーヒー、ハントが先発。マクシェーンが中盤でボールをさらいながら二人かわして、ボール貰ったロビーがエリア付近まで上がったところで低めのシュートを決めて、先制して結局これが決勝点。マクシェーン君の奪ってかわしての動きはメッシに例えられるくらいだったんですが(笑)、ボールを渡した後のDFを引き付けておく動きも良かったです。

ギブンのナイスセーブもあり、危うくPKというシーンもあったので、必ずしも内容的に勝っていたわけではないですが、キャプテンのゴールで優勝という出来すぎな感じで大会を締めくくりました。ギブンの体の万全さも確認できたし、マケドニア戦に臨むうえでもプラスとなる大会であったことを祈って。優勝写真はこちらで。

メンバー(とIrish Independentの採点)
ギブン 7、マクシェーン 8、ケリー 6、オディ 5(フォーリー 6)、ウォード 5、ローレンス 6(コールマン 6)、ファーヒー 7、アンドリュース 7、ハント 9、コックス 8、キーン 8(トレーシー)
ダレン・オディの復帰テストだったようで、下げたのは大事を取ってとのこと。セントレジャーは厳しそうなのでマケドニア戦はオディが先発濃厚です。


フル代表の裏でU-19代表も、3-0でイタリアを下してUEFAのU-19欧州選手権の本大会出場を決めています。多分何人かはこれからフル代表にも顔を出してくると思うので、名前と所属クラブをメモ。
ショーン・マクダーモット(アーセナル)
アーロン・マカレイ(ウルブズ)
ジョー・ショーネシー(アバディーン)
デリック・ウィリアムズ(アストン・ヴィラ)
ディクラン・ウォーカー(レクサム)
アンソニー・オコーナー(ブラックバーン)
マット・ドハーティ(ウルブズ)
ジョン・イーガン(サンダーランド)
ケーン・ファーディナンド(サウスエンド・ユナイテッド)
ジョン・オサリバン(ブラックバーン)
サミル・カルザース(アストン・ヴィラ)
ジェフ・ヘンドリック(ダービー・カウンティ)
ショーン・マレイ(ワトフォード)
オーエン・ウィーラン(ウェスト・ハム)
アンソニー・フォード(ウルブズ)
ロバート・ブレイディ(マンチェスター・ユナイテッド)
コナー・マーフィー(ブレイ・ワンダラーズ)
コナー・スミス(ワトフォード)

ベルギー、ギリシャ、アイルランド、チェコ、セルビアに開催国のルーマニアと、まだ試合の行われていないグループ2つの首位を足して、8チームで7月の本大会へ進みます。残り二つは順当ならスペインとドイツといった感じですが、世代の差もありますので意外なところが強かったりするかもしれません。後々有名になる選手はユースでも経験積んでることが多いので、本大会はいい経験になることでしょう。
スポンサーサイト
愛蘭代表 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/05/27

ヨーロッパ再び。

フェアプレーランキングはわずかにブラックプールより上で終われたらしく、ぎりぎりで来季のヨーロッパ・リーグ行きが決定! 予選は一番下からと休みも少なく大変ではありますが、09/10シーズンのように素敵な大会になるといいな……と。。こうなるとゲラに残ってもらいたいです。本人は「フラムは好きだし、試合出れるなら考えるけど今のままじゃ厳しいな」と言ってましたが、ヨーロッパで試合が増えるとなるとどうでしょうか。

さておき、公式サイトではPlayer of the Seasonの投票を受け付け中。AJの復活とかストックデイル君の活躍が印象深いのですが、シーズン通して頼りになったっていうとデンプシーですかねぇ、やっぱり。あーそういえばストックデイル君は結婚のため英代表を辞退してます。6月しか暇のないフットボーラーの悲しさですね……。
フラム | Comments(0) | Trackback(0)
2011/05/27

軽いメモ書き。

ダフの怪我とクラブ事情でのマクギーディの不在で出番が回ってきたキース・トレーシー語る。
「プレーするには少し不運なポジションだった、でも頑張ってチャンスを待ち続けたんだ。ダイレクトにプレーして前の選手にボールを渡すって意味で、僕はダミアンとかエイデンとは似たタイプだ。フル代表に呼ばれるようになってしばらくたつし、誰がどういう選手かってこともわかってたから、北アイルランド戦は緊張せずにプレーできたよ。大体の選手はチャンピオンシップで知ってる選手だったしね。パフォーマンスには満足してるよ、ゴールが5つ、枠内シュートが9本あって2本がポストに当たったし、試合通してよかったと思うな。スコットランド戦はマケドニア戦までのチームの調子を見る意味で大事な試合なんだ。スコットランド代表にはプレストンでのチームメートもいるけど、プレミアシップの選手が多くいるし、もし出られるなら僕にとっては大きい試合だよ」


アイルランド代表恒例、新人のチームメート前での歌の披露。サイモン・コックスの選曲はOtis ReddingのThe Dock Of The Bay。
コックスは勉強のためにYoutubeで国歌を聞いてみたりしたらしい(ゲール語だけあって英国生まれには斉唱ハードルが高い)。
愛蘭代表 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/05/26

Republic of Ireland 5-0 Northern Ireland

ギブン(フォード)、マクシェーン、ディレイニー、ケリー、ウォード、コールマン(ローレンス)、アンドリュース、フォーリー(ハント)、トレーシー、キーン(キーオ)、コックス。事前予定のウィルソンに代わってウォードが先発でデビュー戦。

24分、ショートコーナーからのトレーシーのクロスにウォードが合わせて先制。デビュー戦でゴール。27分、バックパスをさらってロビー・キーン。44分、細かくつないでのパス回しからスルーパスをコールマンが中に入れてカスカートのオウンゴールで3点目。53分、アダム・トンプソンがロビキンへのファウルで退場、PKをロビーが決めて4-0。このあたりで選手交代が始まって、80分にコックス5-0で試合終了。なんだか一方的な試合になってしまいましたが、ネーションズカップ自体が極端な感じです。スコットランドがウェールズに勝ったので、順位表が6ポイントと0ポイントに綺麗に分かれて、最終戦は同ポイント同士ということで盛り上がるようなそうでもないような……。

ロビー・キーンのコメント
「もう1点入れるとイングランド代表の記録(ボビー・チャールトンの49ゴール)に並ぶとこだったから残りたかったんだけど、コクシー(コックス)が残ってデビューをゴールで飾れたなら、それは喜ぶべきことだ。大体においていい勝利だった」


何故ウィルソンが不在かというと、これまた連絡がうまくいってなくてウォードに回ってきたという話です。ウィルソンは北アイルランド出身者ですが、マッカーシーに続いて母国との対戦に精神的に来ちゃったんでしょうか。そうだとすると事前にそれを反映できなかったトラップと一部選手との不和は深刻な気がしてなりません。ウォードがうまくいったのでそれはいいんですけど、ベスト、フォラン、ウィルソン、ウォルターズ、マッカーシーと流石にちょっと多いです。

リードとアイルランドとの件を除けばトラブルなく2年を過ごしていたので、最近になって選手との関係に問題が出ているのは、昨年に退陣したアシスタント・コーチ、リアム・ブレイディ氏の不在によるものではないかという意見がありました。この記事。確かに代表のこともトラップのことも若手選手への対応も心得ていた、ブレイディ氏の存在は大きかったでしょう。退陣の際にそういうことを心配してた記事もありました。選手と監督をつなぐ人物の代役となると難しいですが、上の記事ではケビン・キルバーンの名前が出てますね。トラップの信頼も厚いですし、引退後はコーチ希望だった気がするので、その点でもいいと思うのですが、今のところ引退の予定はなかったような……。
愛蘭代表 | Comments(2) | Trackback(0)
2011/05/24

北アイルランド戦先発予定。

オシェイとギブソンがチャンピオンズリーグ、ロングとキルバーンもプレーオフのためそれぞれ不在です。ジョー・マーフィーは奥さんが妊娠中ということで代表を離れています。リチャード・ダンが怪我で離脱、キーラン・クラークもハムストリングを痛め離脱。アンソニー・ストークスが疲労を理由に辞退。そして、とある選手(多くの記事が語るところによればジェームズ・マッカーシー)と連絡が取れていないそうです。ネーションズ・カップ最終戦はマッカーシーの故郷のスコットランドとですが、ナーバスにでもなっているんでしょうか。色々と重なりトラップの精神状態は芳しくないようです。

トラップ語る。
「若い選手には楽しい仕事だ、普通の仕事とは違う。難しい仕事ではないし私にとっては11ヶ月の休日だ。私は毎シーズン、代表にリーグにヨーロッパと70試合をプレーしたものだ。信じがたいことに選手には教育が必要なようだ。幸運にもフットボールをプレーし楽しむことができる、素晴らしい生活だと。時々プレッシャーもあるが、選手はこの仕事がいかに美しいかを理解しなくては。イタリアにいたときに選手たちに聞いたことがある、『君たちの父は何時に起きるんだ?』とね。6時か7時だ。選手は10時に起きればいい、恵まれた生活だ」

「怪我は仕方がないさ。それなら医者を訪ねなければいけないし、それが規則だ。入院して死んでいるならそれでもいいが、怪我なら代表の医者に診せるべきだ。選手は代表の召集に応じなければいけないのだからね」

選手時代はACミランというビッグクラブに長らく身を置き、代表選手としてワールドカップでもプレーした経験があり、監督としてはヨーロッパでも有数の実績を誇り、70を過ぎてもフットボールに携わり続けているトラップ。フットボールへの愛情が深い故に言葉も厳しくなるようです。アイルランド代表も世代の変化により、心理的に変わりつつあるのでしょうか。

それはそれとして、北アイルランド戦の先発予定です。
ギブン、マクシェーン、ディレイニー、ケリー、ウィルソン、ローレンス(コールマン)、アンドリュース、ファーヒー(フォーリー)、トレーシー、キーン、コックス

ファーヒーとローレンスの怪我の状態次第でコールマンとフォーリーが先発です。アンドリュースが久しぶり。サイモン・コックスがデビュー予定。DF陣が名前として見慣れないせいか不安ですが、守備陣が調子よくないのはここしばらくのことなのでいい結果を願うばかり。
愛蘭代表 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/05/24

Fulham 2-2 Arsenal

ライブでは二転三転する展開にはらはらしながらウルブズの方を気にしてましたが、祝・残留! ハントのゴールにはしびれましたよ。負けて大喜びする図も逆に最終節らしくてよかったのではないかと……と、本題。フラムの最終節のアーセナル戦。

26分、ザモラがサイドから引き付けながらマイナスのグラウンダークロスをシドウェルが決めてフラムが先制。30分にファン・ペルシーが簡単そうに抜け出して同点。グリーニングのクロスにザモラのヘッドで再びリード。75分に途中出場のゲラがフェルメーレンへの両足タックルで一発レッド。37試合退場なくリーグを戦ったフラムでしたが、最後の最後でレッドカード。リードしている状況で無理にタックルに行くシーンではなかったのですが……89分にウォルコットが決めて追いつき2-2でシーズン終了。

16日の発表でイングランドにELのフェアプレー枠が回ってきたので、リーグのフェアプレー上位のチームにEL出場権が与えられることになりました。レフェリーからの評価なども関係するので、まだ公式の発表はないのですが、フラムは4月が終わった時点では2位につけていましたが、ここの所カードが多かったことと、この試合のゲラの退場でブラックプールが優勢なのではと言われています。ゲラは移籍の話も濃いだけにこれでさよならだとしたら哀しい。

ヒューズ監督はゲラについては「残ってくれるのを期待している」と話していますが、パントシルについては「この夏に出ていくだろう」と移籍を認める発言をしています。

いいニュースとしてはイングランド代表のユーロ予選スイス戦のメンバーにザモラとストックデイルが召集されました。ザモラの召集はキャロルとルーニーの不在の影響でしょうね。
フラム | Comments(0) | Trackback(0)
2011/05/16

アイルランド代表的に昇格・降格を考える2011。

見れてませんがフラムはバーミンガム戦は2-0で勝利、内容も良かったようで何より。最後のアーセナル戦も良い形で終われたらといったところでしょうか。勝てば間違いなく10位以内ですしね。

降格
本題、最終節を残してマンUの優勝とウェスト・ハムの降格が決まり、残留を争うのはブラックバーン、ウルブズ、バーミンガム、ブラックプール、ウィガンの5チーム。ブラックバーンとウルブズは40ポイント同士の対戦でウルブズホーム、勝てば文句なしで残留ですね。もちろんウルブズ応援です。バーミンガムはトッテナム、ブラックプールはマンU、ウィガンはストーク。3つ全部がアウェー戦と予想は中々難しいですね。

昨年同様各クラブのアイルランドの選手をまとめてみたり。※権利持ちの選手は漏れてる可能性大。現役代表選手は代表、出場してない選手は召集歴あり、権利はあるものの召集歴のない人は権利あり。最近召集されていない選手のうち、呼ばれる可能性がありそうな人は代表歴あり、なさそうな人は元代表としました。ローン選手も何となく含めてみました(適当)。

ブラックバーン
キース・アンドリュース(代表)、アーロン・ドゥラン(U-21代表)、ギャビン・ガニング(U-21代表)

ウルブズ
ケビン・ドイル(代表)、スティーブン・ハント(代表)、ケビン・フォーリー(代表)、アンディ・キーオ(代表)、スティーブン・ウォード(召集歴あり)、リチャード・ステアマン(権利あり)、ジェイミー・オハラ(権利あり。英代表志望)、ネイサン・ルーニー(U-19代表)、アーロン・マッカレイ(U-19代表)、マット・ドハーティ(U-19代表)

バーミンガム
キース・ファーヒー(代表)、スティーブン・カー(元代表)、ジェイ・オシェイ(U-21代表歴あり)

ブラックプール
アンディ・リード(元代表)、ビリー・クラーク(U-21代表歴あり)

ウィガン
ジェームズ・マッカーシー(代表)、コナー・サモン(U-21代表歴あり)

ウィガン公式見てたら、元U-19代表のカラム・モリス君もいるかと思ったら同姓同名なだけでした。気になったので調べたらセミプロのBlyth Spartans A.F.C.にいるみたい、と個人的なメモ。

昇格
昇格はQPRとノリッジの二つと、スウォンジー、カーディフ、レディング、ノッティンガム・フォレストのうちの一つ。もうすぐセカンドレグ始まるのに今更取り上げるかっていう感じですが。

QPR
パディ・ケニー(元代表)、マーティン・ローランズ(元代表)、マイケル・ハリマン(U-19代表)

ノリッジ
ウェズ・フーラハン(代表歴あり)

スウォンジー
トーマス・バトラー(元代表)

カーディフ
スティーブン・マクファイル(代表歴あり)、アンソニー・ジェラード(権利あり、U-18代表歴あり)

レディング
シェーン・ロング(代表)、ノエル・ハント(代表歴あり)、イアン・ハート(元代表)、ジェイ・タブ(U-21代表歴あり)、マーカス・ウィリアムズ(権利あり)、ジュリアン・ケリー(権利あり、U-19召集歴あり)、デイブ・ムーニー(U-23代表歴あり)、ダニー・ジョイス(元U-17代表キャプテン)、ショーン・モリソン(権利あり?)、アレックス・マッカーシー(権利あり?)、アレックス・ピアース(権利あり、スコットランドU-21歴あり)

ノッティンガム・フォレスト
ブレンダン・マロニー(U-21代表歴あり)、マーク・バーン(U-18代表歴あり)

レディングが際立ってる。まさかこんなに権利ある人がいるとは。もちろんイチ押しはレディングです。
愛蘭代表 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/05/11

リバプール戦はあえて触れないこととして、アカデミーの方はアカデミーリーグの準決勝でサンダーランドを3-3の熱戦ののち、PK戦の末に下してアカデミーリーグ決勝への進出を決めました。決勝の相手はエバートンU-18。
フラム | Comments(0) | Trackback(0)
2011/05/06

ネーションズ&ユーロ暫定メンバー。

カーリング・ネーションズカップの北アイルランド戦とスコットランド戦、ユーロ2012のマケドニア戦へ向けての暫定メンバー33名です。やや公式の順番がポジション曖昧ですけど。怪我次第という人が5人いますが、ダフは難しいという話が出てるのでいないものと思って。ダンもユーロ予選は出場停止で出れません。更にウェストウッドが怪我で怪しいと言われていたりと中々前途多難です。ギブンだって怪我から戻って万全かどうかわからないのに……とっても胃が痛いです。代役はホームのマケドニア戦にも召集されていたマザウェルのダレン・ランドルフかというお話も。祖母がゴールウェイ出身であるWBAのFWサイモン・コックスにも連絡が行ったそうで、こちらは書類が間に合えば召集されるかも知れません。

GK
シェイ・ギブン(マンチェスター・シティ)
キーラン・ウェストウッド(コベントリー・シティ)
デイビッド・フォード(ミルウォール)

DF
リチャード・ダン(アストン・ヴィラ)
ジョン・オシェイ(マンチェスター・ユナイテッド)
ケビン・フォーリー(ウルブズ)
キーラン・クラーク(アストン・ヴィラ)
ダミアン・ディレイニー(イプスウィッチ)
シェーマス・コールマン(エバートン)
ケビン・キルバーン(ハダーズフィールド)
スティーブン・ケリー(フラム)
ポール・マクシェーン(ハル・シティ)

MF
ジェームズ・マッカーシー(ウィガン)
グレン・ウィーラン(ストーク・シティ)
マーク・ウィルソン(ストーク・シティ)
ダロン・ギブソン(マンチェスター・ユナイテッド)
エイデン・マクギーディ(スパルタク・モスクワ)
キース・ファーヒー(バーミンガム)
リアム・ローレンス(ポーツマス)
キース・トレイシー(プレストン・ノース・エンド)
スティーブン・ハント(ウルブズ)
スティーブン・ウォード(ウルブズ)

FW
アンディ・キーオ(ウルブズ)
アンソニー・ストークス(セルティック)
ケレブ・フォラン(コロラド・ラピッズ)
ジョナサン・ウォルターズ(ストーク・シティ)
ロビー・キーン(ウェスト・ハム)
シェーン・ロング(レディング)

怪我の具合次第な人たち
ショーン・セントレジャー(プレストン・ノース・エンド)
ダミアン・ダフ(フラム)
ダレン・オディ(イプスウィッチ)
キース・アンドリュース(ブラックバーン・ローバーズ)
ケビン・ドイル(ウルブズ)

愛蘭代表 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/05/06

ダフ、シーズンエンド。

ブラックプール戦より以来、アキレス腱の負傷で戦列を離れていたダフですが、手術を行ったため残り3試合を残して早めのシーズンエンドとなりました。復帰には6週間ほどかかるためマケドニア戦の出場もなくなりました。一応暫定の33名には入ってますが、トラップも代わりの選手の話をしているくらいなので難しいでしょう。

本人は先週までは代表に出るつもりで話を進めていたようですが、代表とクラブの医療スタッフが相談した結果、手術ということになったそうです。昨シーズンのザモラと同じような怪我らしく、試合ができないほどではないので誤魔化し誤魔化し出てたようですが、フラムも大方安全圏に入りましたし、来シーズンに備えて早めにというところですね。
フラム | Comments(0) | Trackback(0)
2011/05/01

Sunderland 0-3 Fulham

2トップはザモラとグジョンセン、ハンゲランとデンプシーが負傷でお休み。センデロスがデビューで先発でした。長かったですねー。先制点は角田君でプレミア初ゴール。角田君はかわいがられてる風でした。その後後半にデービスが2発決めて3-0へ。サンダーランドも決めてそうなのは2つはあったのですが、結果的には快勝ということで。

この試合もグジョンセンが良かったですねー、ザモラと組んでもいいというのはフラムでは大きいです。来季もいてくれたらいいんですけど(ゲラが出ていく気があるならなおさら)。そういえば金髪なのであんまり目立たないんですけど、やや毛が薄くなってるような……ポール・ベタニー似の美貌が。順位は変わらず9位を維持。

順位に関してはウルヴズのほうが心配な段階です。ああ、今日も……。


フラム | Comments(3) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。