FC2ブログ
2011/04/16

Twitterで「来年もMS(シュウォーツァー)が良いなら、僕も身の振り方考えないとなー」なんて呟いちゃったせいで、ここぞとばかりに移籍が取り沙汰されたデイビッド・ストックデイルですが、公式にて釈明含めてインタビューに応じてたので取り上げてみました。

「濃いシーズンだよね。前半は落ち着かなかったけど、それからはどんどん良くなってるよ。新しい監督が来て慣れる時間が必要だったけど、上手くいったと思う。僕個人としては何試合か任せてもらって、いい経験を積めたのは重要なことだったね。昨シーズンに少し経験を積んで、今シーズンはさらに力を示せる場をもらった。

 2月の英代表召集について。
「子供のころに夢見た瞬間だったよ。僕と家族にとっては決して忘れられないことだ。僕がフラムの選手として代表に名を連ねたことが、クラブにとっても誇らしい出来事であることを願ってるよ。クラブにとって僕と契約することはちょっとしたギャンブルだったけど、ファーストチームで上手くやれたことで少しは信頼に報いることができたと思うんだ。そのどちらも上を目指す僕の思いを強くしてる」

 Twitterでの発言について。
「後退するのはつらかったよ、ただGKでいる以上、時には少し待つこともある。どんな選手でも試合に出たいと思ってるし、それは僕も違わない。そしたら記事でTwitterでの発言が取り上げられたんだ、前後関係抜きにね。色んな選手が発言でトラブルに巻き込まれてるのは知ってたのに、僕も単純だったよ」

「マーク・シュウォーツァーが来年もいいなら、僕も考えることがあると言って、人々が僕が去りたいと予想したけど、僕は本当にクラブに満足してるから、そういうことは意味してないんだ。クラブに長くフラムにいたいことを伝えたし彼らはそれを知っている。Twitterでファンとやり取りするのは好きなんだけど、、もうトラブルは起こしたくないし、少しは利口になるよ。今回のことはとんだ災難だったけど、僕は出たいなんて思ってないからね!」

 FAカップの敗退について。
「休みが増えたのは悪くないね、帰って家族と過ごせるし。ただ、どこにいたいか尋ねたら全員ウェンブリーって答えるよ。チームはカップに勝ちたいと思ってたし、ボルトン戦は不調でいい試合ができなかったから。彼らがバーミンガムを負かして準決勝に行ったときは、見てて自分がいるはずだったと思っても仕方ないよ。ただもうリーグの残りの試合に集中して、ウルブズ戦は何かを得るための試合として臨むよ。10位以内でシーズンを終えたいと思ってるし、今のチームと選手なら十分達成できることだ」

シュウォーツァー移籍騒動の中の序盤の活躍、しばらく間をおいてのシュウォーツァー不在時の二度目の活躍、それが評価されての英代表召集、そして最近のTwitterでの迂闊っぷりと、今シーズンはネタに事欠かないストック。フラムではちょっと珍しいタイプなので来季以降もよろしく。
スポンサーサイト



フラム | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |