--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2011/03/18

休止のお知らせ。

地震により被災、避難していたため更新が出来ずにいました。
怪我もなく無事ではいるのですが現在も自宅には帰れず、親類宅のお世話になっている状況なので、当面の間は更新が難しいと判断し、ブログを休止することにしました。
休止中、コメントや拍手への返信は遅れ気味になるかと思いますので、ご了承ください。。


また、ある方より拍手でご心配いただいてましたが、その方に無事をお知らせとをすると共に、温かいお心遣いに感謝したいと思います。本当にご心配ありがとうございました。

スポンサーサイト
| Comments(1) | Trackback(0)
2011/03/06

Fulham 3-2 Blackburn

シュウォーツァー、ベアード、ハンゲラン、ヒューズ、サルシド、ダフ、マーフィー(ザモラ)、エトゥフ、デンプシー、ジョンソン、デンベレ(カクタ)。

先制点はダフから、37分にエトゥフのパスを受けてオルソンの股を抜いてのゴール、その後45分にハンリーのシュートで追いつかれて前半はリードを守れず。ハンゲランの頭に当たって向きが変わってるので、これはシュウォーツァーでもどうしようもないです。後半に入ってまたもダフ、AJ、デンベレと細かいパスの後、今度はサンバの股を抜いてのミドルで2-1と思ったら、セットプレーの流れからまたも追いつかれ2-2。ホイレットの落としもシュートも素晴らしいんですが、守り方はもうちょっと何とかできた気がします。

89分、CK時にハンリーのヒューズへのプッシングでペナルティ、ザモラが決めて勝ち越したのですが、とてもペナルティになるようなプレーでは……そこで取るなら直前のAJが倒されたところで出していいのに、という感じでした。試合終了後に抗議に行ったブラックバーンの選手が退場になってますし、どうにもすっきりしない勝ち方でした。Rating、二試合続けてダフがMotM。ベアードの守備には助けられました。ともかく順位を上げて11位、シーズン前半に掲げた目標のトップ10も見えてきました。
フラム | Comments(0) | Trackback(0)
2011/03/04

なりすまし騒動決着。

昨日の今日で早いですが、フラムの公式アカウントより否定が出ましたので。

Unfortunately fans, @DamienDuff16 is a Damien Duff imposter. Twitter are looking into it on behalf of the Club.

http://twitter.com/FulhamFC/status/43631298656473088



とのことです。ストックデイル君のピッチ外でのナイスプレーでした。
フラム | Comments(0) | Trackback(0)
2011/03/04

SNSでの有名人アカウントには騙りや成りすましが付き物ですが、Twitterでもダフの騙りアカウントが出来たそうです。何故騙りか分かったかというとストックデイル君がファンから本物かどうか質問されて答えていたからですが。それくらいならまあよくあることですが、ここからが急展開。何故かストックデイル君が偽者に喧嘩まで売りに行ったみたいです。

今後の展開が気になるのでストックデイル君ダフ(偽?)のアカウントへのリンクを張っておきます。ストックデイル君は"Duffer does not have twitter he is not happy that someone is making one of him!!!"と熱弁中。

実は本物だったらそれはそれで嬉しいなあとも……。遅れましたが誕生日おめでとうございます。

フラム | Comments(0) | Trackback(0)
2011/03/01

FAカップにてエバートンと対戦することになっているノエル・ハントですが、ノエルの奥さんのアラナ嬢はリバプールの出身、家族は全員熱狂的なエバトニアンでシーズンチケットホルダーなのです。ということで、レディングが勝ったら奥さんの実家での居場所が無くなるかもしれないな! と語ってます。おいおい……。

それはさておき、ロングはもとよりノエルも好調なのでレディングのアップセットに期待したいと思います。
追記:Everton 0-1 Reading、アップセット達成ー。奥さん大丈夫かしら。
愛蘭代表 | Comments(0) | Trackback(0)
2011/03/01

Man City 1-1 Fulham

4日間のポルトガルでの釣りありゴルフありのトレーニング・キャンプから、離陸直後の緊急着陸に見舞われつつも帰還し、マンチェスターへ向かったフラム御一行ですが。弱きを助け強気を挫く、かどうかわかりませんが、チェルシーに続いてマンCの勝ち点を奪い、上位の順位に影響を及ぼしてないこともないです。1ポイントなので順位はあまり変わりませんが。

前半からどちらも低調。シティの先制点はバロテッリのスーパーミドルで完璧な個人技。ポテンシャルを目の当たりにしました。後半開始3分、ハンゲランから右サイドでボールを受けて、AJのクロスに走りこみながらダフがあわせて同点。ハンゲランのボールはマーフィーからと言われても違和感のない素敵パス、AJのクロスもナイスでいいゴールでした。後半はいくらかフラムが優勢だったと思いますが、引き分けは妥当なところ。ヒューズ監督とマンチーニ監督は一応握手はしてましたが、お互い思うところあるような表情でしたね。Rating、ダフが9でMOMです。

ヒューズ監督は勝ちたかったが引き分けは満足な結果とコメント。トレーニングキャンプで一緒に過ごしたのは良く働いたんじゃないかな、と言ってます(つり橋効果で?)。
フラム | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。