FC2ブログ
2010/11/11

Chelsea 1-0 Fulham

シュウォーツァー、ケリー、ヒューズ、ハンゲラン、ブリッグス(ゲラ)、デービス、マーフィー、エトゥフ(AJ)、ダフ、デンプシー、デンベレ。LBに19歳のブリッグス君を起用、プレミア先発はこの試合が初です。あ、その手がありましたね。

30分にエッシェンに先制されての後半、しばらく滅多打ちな時間が続いたりしましたが、シュウォーツァーとヒューズのナイスセーブ&カバーとカルーの優しさで追加点は免れました。フラムのチャンスではデンプシーのオーバーヘッドが一本ありましたが、これはツェフのナイスセーブ。ブリッグスに代わってゲラが入ってダフがLBへ。ブリッグス君は前半は仕掛けようって気もあったし、見てて不安はなかったです。もうちょっといい試合だったら良かったんだけど……投入されたゲラがいいボレーシュートを放ってみたりはするもののこれもツェフにセーブされて、1-0で試合終了。Rating、デンベレ君は玉が収まるだけにもちが長くなっちゃう傾向がありますね、それをもっとフォローできれば良かったのでしょうけど。

マーク・ヒューズ監督は前半は苦労したけど後半はチャンスも作れたし良かったと思うとコメント、デンプシーとゲラのシュートはツェフじゃなければ入ってたかもしれないよ、とも言ってます。スタンフォード・ブリッジのチェルシーに負けたのは仕方なしってところですかね。チェルシーはカルーがチャンスのうち一本でも決めていれば、もっと楽に試合が終わっていたような気はします。アーロン・ヒューズはブリッグス君の潜在能力を高く評価してます。チェルシー戦で高評価というとなんかスモーリング君とだぶりますね……U-21代表だし。


ダフのスパイクがいつの間にかナイキに変わってる。長らくアディダスだったはずだけど、去年の発言がまずかったんかしら。
スポンサーサイト



フラム | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |