FC2ブログ
2010/04/26

Everton 2-1 Fulham

メンバーはシュウォーツァー、パントシル、スモーリング、ベアード、ショーリー、デンプシー、ディクガコイ、グリーニング、リーセ、オカカ(ストール)、ネブラン(エルム)とスタメンを盛大に入れ替えること9人。ELロック・オンモード展開。パントシル復帰おめでとう。ブッチマン君がベンチに入ってましたがもしかして初でしょうか?

ベインズのバックパスをネブランが掻っ攫って先制。後半にスモーリングのOGで同点になり、試合終了直前の94分にPKとられてアルテタが決めて最後に逆転されました。アウェーで上手くはいきませんでしたということでしょうか。Rating、特別良くもなく悪くもなく皆さん及第点といったところ。

ホジソン監督は判定に不満げですがパフォーマンスには満足してる様子。
「ペナルティの決定は非常に厳しく感じた。デンプシーにも同じようなシーンがあったが、我々はそういった要求をしなかった。ただ相手にペナルティが出るとなると、どうしてこちらにペナルティがないのかと思いたくもなる。非常に残念な試合の終わり方だ。我々は良いパフォーマンスを見せていたし、敗北には値しなかった。議論の対象になるようなペナルティで勝点を失うこと、良い試合をしたにも拘らずそれが奪われてしまったことには落胆している」

「ハンブルクで試合をした選手たちが、コンディションを戻すのは難しかったのでね。変化はチームを改善した。あまりプレーできない選手へのチャンスにもなったし、私は彼らを信頼してピッチに送り出した。そして彼らは信頼でそれに応えてくれたんだ」
スポンサーサイト



フラム | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |