FC2ブログ
2010/03/28

Hull City 2-0 Fulham

先発はシュウォーツァー、ショーリー、スモーリング、ハンゲラン、コンチェスキー、リーセ(オカカ)、ベアード、ディクガコイ(グリーニング)、デービス、ゲラ、デンプシー。ザモラ、ダフ、マーフィー、ヒューズがお休みと、ELのボルフスブルク戦に備えての温存が目立ちました。ほぼ出ずっぱりでしたからねぇ。いつものメンバーで行ってもアウェーの勝率の低さからして勝てる気はあまりしませんので、これで良かったと思います。

失点は元フラムのブラードのPKと後半立ち上がりのフェイガンのヘッド。また立ち上がりに失点……ELが不安。その後オカカ君とグリーニングを投入しますが、交代の効果は現れず。Rating、視聴者採点がデンプシーを除いて全体的に酷いことに。まさにPoor Gameって感じです。最低点はPKを与えてしまったスモーリングの2点台。ハルはマクシェーン君がSBしてるのね。

ホジソン監督コメント。
「どちらの失点も酷い守備からだった。私は今日の我々の失点について非常に失望したよ。後半は前半から巻き返さないといけなかったが、早々の失点で自分で自分を追い込んでしまったんだ。ハルは熱のこもったいいプレーを見せていたよ」

「我々は2月の21日で7試合をこなし、3月は24日間で8試合だ。そして4月も7試合か8試合を戦わなくてはいけないし、11人の選手について誰かに意見をされるのは公平とは思えないね。ザモラに代わったデンプシー、マーフィーに代わったディクガコイ、ヒューズに代わったスモーリング、私は彼らがプレミアリーグのレベルでプレーするにふさわしい選手だと言う権利がある」

ホジソン監督、リーセ君のフォロー忘れてますよ……。

フラムファンのブラードへのブーイングについてはさらっと流してます。
「彼は我々の用意した契約にサインをする気がなくて、ハルと契約をしたんだ。多くの給料のためにね。ファンはそれにがっかりしただろうし、非難したいのは不思議ではない」
スポンサーサイト



フラム | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |