FC2ブログ
2010/02/22

Fulham 2-1 Birmingham

9位10位の直接対決。先発はシュウォーツァー、ショーリー、ハンゲラン、ヒューズ、ベアード、デービス(リーセ)、マーフィー(スモーリング)、エトゥフ、ダフ、ゲラ、ザモラ。ELからの変更はショーリーのみ。

3分、リー・ボウヤーのクロスにベアードが合わせてしまってオウン・ゴールと不穏な始まり方。その後はボールは持つものの思うように攻めることが出来ずバーミンガムがリードを保って前半終了。後半はいくらか調子を取り戻して59分にゲラとのワンツーでダフがミドルシュート、左ポスト内側に当ててガコーンとゴール。おー、カッコイイ。引分けかなと思ったロスタイムにザモラがFKを直接決めて2-1で勝ち越しに成功!エースの仕事。スタッツはポゼッションがややフラムでシュート数は互角。所々ELの疲れも見えたそうですがそれでも結果を出せたのが大きい。Rating

これでバーミンガムと37ポイントで並んで得失点差で9位に浮上。ホジソン監督は「素晴らしいゴールが2つもあって本当に嬉しい、バーミンガムは非常に良いチームで敬意を払っているからこそ、この勝利は大きいんだ」と喜んでます。バーミンガムは今シーズンのロンドン開催試合全敗を達成した模様。最後の最後でお気の毒。

代表も狙えるか?と噂のザモラはカペッロ監督も見に来てたようで近づいてるのは確かっぽいです。試合終了5分前に席を立ったとかでゴールは見逃したようですが。もう5分座ってくれればいいのにー。英代表とは関係ないですがお隣にはトラップが座ってたそうです。いずれもDaily Mail情報。この二人よく一緒に見に来てますよね。
スポンサーサイト



フラム | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |