--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/01/31

Fulham 0-2 Aston Villa

続・スランプ、リーグ戦5連敗。もはやマンU戦?何それ?状態となってきました。トッテナム戦から変えて、ケリー、デービス、ネブランが先発。前半はじめはいくらか押してたようなんですけど、25分に復帰早々サイモン・デービスが再び負傷というアクシデントに見舞われた後、40分44分のアグボンの2発で連続失点。後半は76分にエルムのゴールがオフサイドで取り消されたりはあったんですが、これといったシーンは作ることが出来ず2点差を守りきられる形に。守備良いチームにリードは与えちゃいけないという見本のような試合に。

Rating、途中出場のゲラだけが良い……ケリーは出てる試合で良い評価もらえてないですね。負傷したチェルシー戦のパントシルはドログバ完封する勢いだったのでわからないでもないですけど。全体的に低いのですが視聴者採点が4点台なのはハンゲラン、ベアード、ケリーの3人。チームカラー的に守備が機能しないと厳しいです。


ホジソン監督コメント。
「不運でもなかったし何の不思議もない結果だ。前半の二失点の時点で厳しかったし、後半は試合は支配したがアストン・ヴィラの守備を崩せず、エルムのゴールを除いては得点する機会を作れなかったからね。(不調)怪我人は多少影響しているかもしれないが、そう長く続くとは考えていない。(冬の移籍)誰かには来て欲しいと思っているがまだ決まった話ではないし、もう少し待たないといけない」

パントシル、コンチェスキーとSB2人がいないのが、守備面でも上がりがない面でも大きいのかなーとは思います。もちろんデンプシーもだけど。勝点並んでたブラックバーンが引き分けたため11位で久しぶりの下位転落。次はホームでポーツマス戦、ここで勝てないようだと地盤沈下がいよいよ深刻。
スポンサーサイト
フラム | Comments(0) | Trackback(0)
2010/01/30

消えたと思ってたローマFWオカカのレンタル話が再燃、現在メディカル・テスト受けてて契約間近だそうです。ローマ方面でバティスタの移籍話が消えたらしいのでその影響かもしれません。ローマとのパイプ役はリーセ君に一任だ!(二度目)。
フラム | Comments(0) | Trackback(0)
2010/01/27

スモーリング君、来季マンU行き(涙)

若手DFクリス・スモーリングのマンチェスター・ユナイテッド移籍が発表されました。今シーズンはフラムでプレーして2010/11からマンUへ加わるということです。ヴェンゲルからオファーは来てないけどファーガソンからは来てましたというオチだった模様……まだメディカルが残ってますがホジソン監督はほぼ決まりだろうといってます。移籍金は1000万ポンド。ダフ曰く練習熱心で良い子だっていうし、リーセ君もチェルシー戦はすごかったよねーとベタ褒めモードだったので将来が楽しみだったのに。フラム若手少ないし。

ホジソン監督も残って欲しかったとしょんぼりモード。
「マンUからは何度かオファーが届いていたんだがとうとう条件に合意してね、明日メディカルを受ける予定だ。将来はすごい選手になる器を失うんだ、がっかりしているよ。私は彼にずっとフラムのシャツを着ていて欲しかったが、いい選手を獲得したファーガソンを祝わなければいけない、彼はきっとマンUで大きなことをするだろう。フラム以外のチームで彼がそれをするのを見るのは残念だけどね」


Tottenham 2-0 Fulham

良いとこなしのトッテナム戦。常時トッテナムペースだったとはいえそこまで決定的なシーンを作らせたわけではなかったのですが、トリッキーな身のこなしでDFを軽く交わすモドリッチと大胆に直線的な突破を仕掛けるベイルの左にはかなりやられました。ベイル君はもしかして覚醒した?SBはホセ君と言いいつ目覚めるかわからないですね。1失点目は本当にモドリッチの技あり。あそこで二人いなして中にボール入れるとか中々出来ない。

後半始めは前半よりは良かったんですけど60分にベントリーのFKがリーセ君の頭に当たって2点差、その後デービス、カマラ、エルムと攻撃陣を入れたんですがそのまま終了。メンバー変更がかなりあったせいなのかアウェーのせいなのかもはやアウェーに弱すぎて判断付きませんが、FAカップ5回戦はホームなので安心です。Rating、一番良いスモーリング君を持ってくなんてあんまりです>マンU。
フラム | Comments(0) | Trackback(0)
2010/01/24

Accrington 1-3 Fulham


先発はシュウォーツァー、カリオ、ハンゲラン、ヒューズ、ケリー、ダフ、マーフィー、ベアード、リーセ君、ゲラ、ネブランの4-4-1-1。ブラックバーンからの先発変更は3人でコンチェスキーとデンプシーは怪我だけどAJはどしたのかなと思ってたらジョンソンも膝を負傷してました。いつのまに。

序盤から結構攻められシュウォーツァーのセーブもちらほら。21分、CKをゲラが頭で落としてネブランが決めて先制。25分、ライアンのシュートをシュウォーツァーが弾いて、もう一旦中に入れられてサイムズがゴールで1-1。前半は押し気味に試合を進めたアクリントンですが、前半終りにダラン・ケンプソンがイエロー2枚目で退場。

頭数で有利になった後半はそれでも序盤はアクリントンも頑張ったとようですが、58分にダフが追加点を入れた辺りから疲れが見え始め、80分にゲラも1点入れて1-3で勝ち上がりを決めました。たらればですが退場者がなければ後半も結構苦戦したかもしれません。何はともあれベスト16で5回戦行きです。


26日(というか27日早朝)のトッテナム戦は放送あり。メモ。ただ今季リーグで一勝しかしてないアウェーなので結果は期待できなそう。リーグ戦3連敗で下も迫ってきてるのでそろそろ勝ちたいんですが。

他のニュース。ホジソン監督はザモラの復帰が早めに出来そうなので移籍市場への関心は弱まってる模様。アーセナルがご執心と噂される若手CBのスモーリングに関して、ホジソン監督はオファーは来てないと否定。『ノンリーグにいたのを運よく見つけて引張ってきたんだけど、今は英U21にも呼ばれてるんだから嬉しいよね』と孫自慢(?)しつつ末永く居てもらうつもりと表明。控えGKのストックデイル君がプリマスに1ヶ月ローン。ああ、綺麗どころが……。
フラム | Comments(0) | Trackback(0)
2010/01/23

FAカップ4回戦プレビュー。相手はアクリントン・スタンリー、リーグ2(4部)に所属するランカシャーのクラブです。場所のせいか元ブラックバーン選手もちらほら。3回戦に続いて引きは良い方というかリーグを隔てて70位の差がありましてその順位差は4回戦中最大。苦手なアウェーですが足元掬われてる場合じゃなさそうです。対戦歴はなし。

ロイ・ホジソン監督はマンUの二の舞にならないように気を引き締めて掛かります。
「アクリントン・スタンリーにとってFAカップは栄光だ。彼らはリーグ2での立場も安泰だし気兼ねなくプレミアリーグのチームを叩き出そうとするだろう。我々はカモになりかねないし気をつけて掛からないといけないね。FAカップは魅力のいくらかを失っているが、小さなクラブにとっては依然大きなタイトルだ。オールド・トラッフォードでリーズ・ユナイテッドが勝ったようにアクリントン・スタンリーは準備をしているし、そんな風にしてFAカップの栄光は今も生きている」

リーセ君は兄のFAカップ獲得を例に挙げつつ気合を入れてる様子。
「兄がFAカップとチャンピオンズ・リーグの決勝に行くとこを見てるんだけど、そういうの見てると自分もそこに行きたいなと思うんだ。それは素晴らしい体験だろうし自分で経験したい。子供の時、TVで試合を見てる時は大きい試合を夢見たものだし、ウェンブリーでプレーしたことはないからそれも楽しみの一つだ」

「FAカップは大きな大会だけど試合が一つ増えるから僕にとっては出れる試合が増えて良いことだし、FAカップとヨーロッパ・リーグで勝ち上がればもっと試合に出られるからね。うちは良い選手を多くそろえてる良いチームだ。でも勝つためには頑張らないといけないことを知ってるし、それができないなら負けることになるだろう。練習の時のことが出来るならどこが来たって負けやしないよ」
フラム | Comments(0) | Trackback(0)
2010/01/20

デンプシーの右ひざ靭帯は怪我としては中程度、手術は必要ないということでシーズンエンドは免れたようです。痛手は痛手ですがワールドカップは大丈夫そうで良かった。怪我で大会出られないのは悲しいですからね。アイルランド敗退以降ワールドカップへのテンションだだ下がりなんですが、応援するならアメリカにしようかな。

ローマのオカカレンタルの件はオカカ君が怪我してるという事で、けが人で困ってるのにけが人借りても仕方ないと立ち消えの方向。えー、タイミング悪いですね。

アーセナルのヴェンゲル監督がフラム期待の若手DFクリス・スモーリングに700万ポンドで動くとミラーが書いてます。これでスモーリング君の才能は折り紙つき!じゃなくて……二十歳でハンゲランの代わりを務められるような選手は早々いませんのでフラムが出すわけないと思います。
フラム | Comments(0) | Trackback(0)
2010/01/19

アンリのハンドへの罰則はない模様。FIFAはワールドカップ予選プレーオフ、アイルランドとの二戦目にてアシスト前に2度手を使い勝ち上がったアンリを罰しない方向で結論付けました。FIFAの規則ではハンドはそれほど重い反則ではなく罰則を定める項もないからです。

ショーン・セントレジャー君コメント。
「ショックだけどね、驚く事じゃないよ。選手の処分なんてあんまり気持ちいいもんじゃないし、僕だって勝てるならハンドくらいしただろうからね。もう一回"ハンド"のビデオを見た。僕は二回目は絶対に故意だったと思ってるけど、何にしろあのハンドのあと僕たちは全員が深く傷ついた」

「FIFAに選手を罰する機構はないそうだけど、でも彼らには途中でルールを変えてシードを持ち出す力があるんだよ。ぞっとしないね。彼らが規則を変えることが出来るならなんで今ハンドの罰を厳重にしないんだ?それも別に驚くことじゃない。フランスがワールドカップに優勝したって僕は驚かないさ」
愛蘭代表 | Comments(0) | Trackback(0)
2010/01/19

ダフもとうとう結婚(らしい)

アイルランド長者番付常連、アイルランドの玉の輿を夢見るお嬢さんの星だったりもしたらしい(?)ダミアン・ダフがこの夏彼女と結婚予定とヘラルドが報じてます。お相手のエレインさんは2年ほど付き合ってる方で(前ダブリンですっぱ抜かれてた人かな)既にロンドンで一緒に住んでるそうです。記事の友人さん曰く『ベタ惚れ(笑)』だそうで、えーとご馳走様です。長らく独身貴族かーと思ってましたが、ダフもとうとう落ち着いちゃうんですねぇ。まあまだ飛ばしかもしれませんけどお幸せに。

きっかけはプレーオフ敗退で落ち込んでたダフがクリスマス頃にプロポーズ気分になっちゃって、二つ返事で”Yes"な彼女さんにダイアを捧げたという流れということです。ああそういえば6月はFの付く国のお陰で丁度予定も空いてますからね(アンリもまさか自分のハンドがダフの結婚を招くとは夢にも思わなかろう……)。ロビーの結婚式もユーロの年でしたねぇ。英国勢全部予選落ちで出席者皆ユーロなしって言うある意味悲しい式でしたが。

式は極々プライベートなものにしたいんだそうで、メディア嫌いのダフとしてはどこの馬の骨とも知れない記者は誰一人として入れない体制で臨むべく、今から頭を悩ませてるそうです。記者除けとしては一社と独占契約して他の新聞社を寄せ付けないという手がよく知られてますが(ロビーの時もそれ)、ダフも彼女さんも一切そういう契約はしたくないんだそうです。一体どうするんでしょうか……近所の公民館でジミ婚とか?(んな馬鹿な)。

あなたと私が夢の国ー森の小さな教会で結婚式をあげましたー♪
照れてるあなたに虫たちがー接吻せよとはやしたてそっとあなたはくれましたー♪
愛蘭代表 | Comments(0) | Trackback(0)
2010/01/18

Blackburn 2-0 Fulham

アウェー成績の悪さは本物と言いたいところですが内容に関してはフラムのほうが良かったようです。特に前半はデンプシーがバーに当てたオーバーヘッドの他にもチャンスはありました。ただ昨日のロビンソンは良いロビンソンということで。後半にコンチェスキーとデンプシーが負傷交代しフラムは前半に決めていればと後悔する羽目に。その影響もあってか後半は前半ほど良くプレーできなかったみたい。ブラックバーンの得点はどっちもセットプレーから。Rating、中盤以降低調。

コンチェスキーは足首、デンプシーはスキャンの詳細待ちですが靭帯とも。ザモラは長引くと2ヶ月くらいいないのでデンプシーにまで抜けられると相当な痛手であることは間違いなし、と言うか勘弁してください。

フラム | Comments(0) | Trackback(0)
2010/01/17

経営難で選手を放出する可能性のあるハル・シティのスティーブン・ハントをウルブズ(というかミック・マッカーシー)が狙ってるそうです。移籍金は400万ポンドと言われハルがレディングに支払った500万ポンドから減りますが、ハルは資金繰りに苦労してるので可能性は十分らしいです。ハントの3万5000ポンドとも言われる週給はウルブズではトップになるようですがウルブズオーナーは「ドンと来い(意訳)」。

レディングでも一緒だったケビン・ドイルは「冬の補強は重要だしスティーブンなら言うことなしだよ」と歓迎モード、その他の選手も昨季レディングと昇格を争った選手が殆どのためハントの評判はすこぶるよろしく皆でお待ちしてるそうです。が、ハルのフィル・ブラウン監督は「ハントは売りに出しとらん」と断固阻止の構え。まあチーム内得点王を放出したい監督なんていませんよね。

愛蘭代表 | Comments(0) | Trackback(0)
2010/01/16

移籍の噂。フラム編。

フラムは韓国代表WGソル・ギヒョンと契約解除に合意。ワールドカップに向けて出場機会を求めてとのこと。「彼は私より少し長くここにいたが出場する時は最善を尽くしてくれた。今後の幸運を祈るよ」とホジソン監督。

ほぼ決まりといわれているのがローマのFWオカカのレンタル、月曜日にも発表かと書かれてますがホジソン監督はまだ決まりじゃないよと念を押してます。ELのフラム戦では得点も挙げてますし選手の印象にも残ってるでしょうから馴染みやすいんじゃないかなと勝手に思ってます。ローマとのパイプ役はリーセ君に一任だ。

サンダーランドWG、キーラン・リチャードソンにトッテナム、バーミンガム、フラムが興味。今季16試合に出場しているリチャードソンですが、レフトバックをさせられるのを好ましく思ってないんだとか。フラムはサイドの人材は足りてると思うので多分ないです。

ロイ・ホジソン、リバプールの後任監督候補に挙がっているという噂を軽く扱う。「噂があるというのは光栄なことだけど、フラムでのことに集中しないといけないのでね」とホジソン監督。ああ、監督という手がありましたか、でも多分なしというかあったら困ります。
フラム | Comments(0) | Trackback(0)
2010/01/12

インテルvシエナ。4-3。最下位相手にこの試合というのはさておき88分に追いついてロスタイムに逆転するのは流石。スナイデルは今季インテルにいくつ勝点をもたらしたやら。

窓v魔女。2-0。マジョルカも4位だけあって中々だと思いましたが、イグアインのゴールは素晴らしかったので。レアルは楽しいサッカーしてますね。

ユベvミラン。0-3。得点は全部CKからだしミランが良いサッカーをしてるという風でもなかったと思うんですが、チームの調子がモロにスコアに出ちゃった感じで。中盤が良くないんですよね、前線も存在感は希薄でしたが。2失点目辺りで堪忍袋の緒が切れたユベサイドの過激な方々がスタンドで焚火を始め、元々出てた霧と煙がドッキングしてスタジアムが玉手箱に。3点目は煙で何が何やら。ミランはロナウジーニョがレオナルド監督に抱きつきに行ったり、皆で輪になったりいい雰囲気。近頃アバーテ君がお気に入りです。
サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
2010/01/09

これまでのところフラムには影響なかった寒波ですが、ついにポーツマス戦が延期されました。どこも日程がずれまくってますが後のしわ寄せが酷くなりそうですねー。アーセナルなんて延期試合が延期する始末ですし。

休暇を利用してフラムに遊びに来てる元フラムキャプテンのブライアン・マクブライド(そういえばMLSは冬が休みなんですね)、公式で元チームメートと写真撮ったりしてるのですが、ユニ着てないとただの観光客にしか見えない……試合中はもっとハンサムなのに。雪原効果ならぬ緑芝効果もしくはユニフォームに魔法がかかってるものと思われます。
フラム | Comments(0) | Trackback(0)
2010/01/08

今日気づいたどうでも良いこと。
アーセナルのリザーブ・チームにトーマス・クルーズ(つまりトム・クルーズ)という選手がいる。
将来新聞の見出しがトム・クルーズ主演作品のパロディで賑わうこと必至。
サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
2010/01/06

Stoke 3-2 Fulham

FAカップはお休みだったマーフィーとダフとベアードの3人が戻ってハンゲランが復帰、デンプシーはベンチスタート。CKからトゥンジャイのヘッドで1失点、フリーキックに詰め掛けたファイで2失点、ハンゲランの股を抜いてハーフボレーのシディブで3失点と良いようにやられて前半のうちに3-0という珍しいことになりました。ハンゲランはやっぱり本調子ではなかったようで。

フラムは後半に膝の負傷が再発したハンゲランが下がりザモラまで怪我する有様で、ダフとデンプシーが2点返しましたがやっぱり前半のうちに3失点はきつかったです。マンUでもリバプールでもアーセナルでもチェルシーでもなくストークに3失点というのが面白くないけど面白いというか。ちなみに3失点はプレシーズンのピーターバラ以来で実質今季初の模様。Rating、守備陣は流石に低調、中盤もあんまり良くないですが。

ジョンソンが戻ってきたと思ったらザモラが怪我ってどういうことー。鎖骨の脱臼ということで変なとこジョンソンとかぶりますねぇ。正確な離脱期間はスキャンの結果待ちですが少なくとも数週間は掛かりそう。そして2試合ぶりに先発に戻ってきたハンゲランも再び負傷ということで、「負けた上にザモラとハンゲランまで怪我して踏んだり蹴ったりだ」とホジソン監督もしょんぼりしてます。

1月は大事な時期だといった先から怪我人が続きますね。ここでもたつくとちょっと上との差が開いちゃいそう。まあパントシルは最初からいない予定でケリーも準備してたようだし、ハンゲランはスモーリング君の評価は上々なのでそんなに心配はないんですが、ザモラは中々替えが効かない気がします。ジョンソンのコンディションはどの程度戻ってるんでしょうか。
フラム | Comments(0) | Trackback(0)
2010/01/03

遅くなりましたがあけてましたおめでとうございます。

FAカップのスウィンドン戦はザモラのゴールで1-0で勝利、無事4回戦行きを決めました。アシストはケリー。パントシルは結局チェルシー戦での負傷のためにネーションズカップを欠場ということになりましたが、ケリーの出番が増えることには変わりがないので頑張ってほしいところです。

ケリーのコメント。
「ゲームを通して上手くやれてたし勝ち上がるのに十分なパフォーマンスだったと思うよ。ジョンソンがペナルティーを決めていたらもっと早くゲームは終わってただろうけど、1-0で最後までやられる可能性が残ってたから勝ちあがれたことは嬉しい。ヒュージー(アーロン・ヒューズ)からボールを貰って、ボビーがDFと競り勝ってるのが見えたから彼の足元にボールを送ったんだ。ELの最後の試合でもアシストしたんだけど守ることと同じくらいゴールに絡めるのは嬉しいよ」

パントシルのこと。
「ネーションズカップがあると思ってたから僕も前々から準備はしてたよ、試合に出られるのは良いことだしね。でも彼の怪我のことは気の毒に思ってる。彼はネーションズカップをとても楽しみにしていたし、ガーナ代表は優勝候補だから。まあ何にしろここで良いプレイが出来れば、僕にとっては監督にレギュラーをアピールする絶好の機会だから頑張るつもりだよ」

次のストーク戦(昨季ローン中の所属クラブ)について。
「とにかくフィジカルが強いチームだから守備を崩されないようにしないといけない。ホームだとファンの後押しも大きいチームだから、早い段階でこちらが有利な状況に持ち込んで試合を決めてしまいたいかな。難しい相手だけどこちらも上手くパスを回せればあっち以上に崩せる力は持ってるよ」


まだ未消化も残ってますがその他の結果、プレミア勢はフラムの他、トッテナム、マンC、バーンリー、エバートン、ボルトンが突破を決めてる一方リバプールとバーミンガムとポーツマスが再試合行き。この時期に試合を増やすのはあまり好ましくないですね。ヴィラvブラックバーン、ウィガンvハルのプレミア対決はヴィラとウィガンが勝ち上がり。
フラム | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。