FC2ブログ
2009/12/08

サンダーランド戦のゴール後、ボビー・ザモラがサポーターに向かって"黙れ"と人差し指を口に当てたパフォーマンスが問題となってる様子。今シーズンはここまで6得点を挙げ、まずまずの活躍を見せているザモラですが、昨シーズンは得点を上げることが出来ずサポーターの不満の矛先だったというのが背景にあるようです。パフォーマンスは特にブロガーやファンフォーラム利用者などネットユーザーに向けられたものだろうという話。ブロガーかどうかに限らずファンはあまり良い気分ではなさそうです。

ブログやTwitterを利用する選手も決して少なくない昨今ですが、パフォーマンスをそういう特定の層に向けて発信するのはどうなんでしょうね、今後のサポーターとの関係にも響くような気がするんですが。その辺りはあまり気にしてないのかもしれませんけど。アーロン・ヒューズは点とるだけがFWの仕事じゃないんだよ、ザモラが居るだけで他の選手の負担が軽くなるんだからとフォロー。ホジソン監督も専門家のファンは時に30ゴールとか無茶な要求をするものだよとザモラを庇ってます。庇われる時点であんまり良い行為ではなかったということなのでは……。
スポンサーサイト



フラム | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |