FC2ブログ
2009/10/07

先週発表されましたプレーオフにFIFAランキングによるシードが導入されることについて、やっぱり強豪国有利という反発もあるみたいです。しかも事前にではなく後から決まりましたのでなお更。私もそんな規則あったっけと首傾げましたけど。以下それに関するコメント。

ギブンのコメント。
「正直なところうんざりしてる。そういう規則は最初の試合が始まる前にまず明らかにしておくべきものだろう。どうして彼らは規則の変更までして、大きな戦いを避けて僕らのような国と戦わせるようにしたんだい。僕たちのような小さな国にとっては不利な話だしおかしいじゃないか。これは僕の意見だけど、どんな国でも対戦相手に対する同じ不安があるべきだと思う」

「どの代表の上層部が彼らの国の出場資格を求めてるかは僕の知る限りではないけど、9つの2位のチームがあって1つのチームがプレーオフを逃すことは最初から明らかにされていたのに、どうして今回の件は明らかになっていなかったのかってことだよ」

キルバーンのコメント。
「冗談にして欲しいね。規則を曲げるのがFIFAの仕事なのかな。最初からそういう規則があるっていうなら問題があるとは思わない、でも何故後からこんな話が出て来るんだ。本当に間違ってるよ。ただこの件について僕も他のチームメートも何もできることはないし、次の2試合に集中するだけだ」


ロシアorドイツのグループ4とクロアチアorウクライナのグループ6はどちらがきても上位組でしょうねぇ、フランスも勝点的には有利なのでまず来るとして。プレーオフに来られると都合が悪い国一覧、ポルトガル、ギリシャ、北アイルランド、チェコ、トルコ。うわあ。
スポンサーサイト



愛蘭代表 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/10/07

代表怪我人情報。フォランの離脱は既に決定。ようやく戻ってこれたと思ったスティーブン・リードがアーセナル戦で負傷しこちらも離脱、ダフもフラム公式にて離脱が決定、果てはマンUのギブソン君まで離脱とMF陣の離脱が相次いでます。ダフは週末にもスキャンを受けてその結果次第ではモンテネグロ戦には間に合うかもしれないようです。

そんな中、QPRのマーティン・ローランズが追加招集されるそうです。マンU戦でアンディ・リードが活躍したため、リードの復活を希望する記事が多かったのですが今回もその線はなし。ローランズはQPRで退場して敗因にもなってたらしいのでなお更何故リードを呼ばん論調が強い模様。調子いいなら呼んで欲しいんですけど、難しそうですね。
愛蘭代表 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |