FC2ブログ
2009/09/10

親善試合の南アフリカ戦はローレンスの得点で勝利。アピールに来ますねえ。

グループ1位のイタリアは今日のブルガリアに結果的に危なげな2-0で勝利しまして、アイルランドとの勝点差が4に開くと同時にブルガリアがかなり厳しくなりました。ので、アイルランドはプレーオフの線が濃厚ということに。GKがブッフォンじゃなかったら1点くらい入ってまだ面白くなりそうでしたが(不毛な例え)。イタリアは一旦リードを得ると強いですよね、実にイタリアらしい試合運びでした。イタリアは次戦のアイルランド戦にて引分け以上でグループ1位が決定します……ホームでそういうのもあれですし、まだ可能性はあるので勝ちを狙いたいものです。スカパーで放送もあるみたいで一安心。


欧州予選もいよいよ詰め時、各国の明暗もはっきりしつつある中おさらい。
+出場枠は13枠。
+9グループに分かれ、グループ首位の9チームに出場権。
+9グループの2位の中から勝点上位の8チームがプレーオフに進出。
+この時、6チーム構成のチームは最下位から得た勝点、得失点が除かれる。
+H&A方式のプレーオフで8チームが対戦し勝者の4チームに出場権。

こういう2位争いはオランダのグループ9のように1位が圧倒的で他が拮抗している場合や、グループ1、2、3のように多数のチームが枠を争うようなところだと2位の勝点が伸びづらいので危機に瀕しやすいです。その点で言うとドイツ、ロシアの2強のグループ4あたりはどちらが1位にしても理想的ですね。曲者の最下位除外システムは最大6ポイントを失うので、そういう意味でも上位のイタリア相手に勝点が取れるといい感じです。

現段階だとグループ1の2位のスウェーデンが9で一番勝点が低いことになってますがその上にアイルランド含めて勝点10がずらっといるので、どこかで差をつけたいところ。グループ3のサン・マリノを除いて最下位はまだ変動もありえますし、2位もそこまではっきりしているわけではないので今の段階では何とも言えませんが、アイルランドはモンテネグロが最下位だと最大4ポイントで済むんですよねえ。それにしてもさっぱり予想が立たない胃の痛いシステムかなーと思ってたら、グループ9はもう全試合が終了して10ポイントのノルウェーが2位で確定してるのですね。つまり引分けでも何でもポイント取れれば最下位はないと……現段階では得失点差でノルウェーより下になってます。
スポンサーサイト



愛蘭代表 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |