FC2ブログ
2009/08/15

ホジソン、ダフへの関心を認める。

フラム監督のロイ・ホジソンがダフへの関心を認めたそうです。
ロイ・ホジソンは97-98シーズンのブラックバーンの監督でダフをトップチームに定着させた人なんだそうで。フットボールの世界は狭すぎます。師弟ばっかり。再び師弟ですが一度は静かになったウルブズのミック・マッカーシーもダフ獲得に再び手を挙げ、フラムと争っていると報じられてもいます。ミック、やっぱり諦めてなかった……。ホジソン氏はダフはロンドンに帰りたがってるとも話してます。そうなの?
以下、ロイ・ホジソン氏コメント。BBC

「今クラブが交渉をしている最中だ、そして私はこの取引が認められることを願ってる。彼は関心を向けるに足る選手だからね。彼は西ロンドンに帰りたがっているし、私たちはブラックバーンで過ごした時に戻るつもりだ。ダミアンはチェルシーでは怪我を抱えニューカッスルでは混乱に囲まれながら良くやっていたし、アイルランド代表での彼は常に最高の選手の一人だった。彼は経験があり上質な選手だということは周知の事実だ」

褒め殺し作戦……そして何か放出はもう確定という雰囲気に達してます。ホジソンの言うとおりダフがロンドン行きを望んでいるのであれば相思相愛、ニューカッスルは移籍金も取り戻せる上に賃金削減を実現出来て願ったり叶ったりと。覚悟しとこう。
スポンサーサイト



新城 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |