FC2ブログ
2009/07/22

ダフが今の状況について語ってましたのでメモ。元記事


「難しい状況にある、誰もが考えもしなかった事態に。他に言うことはないよ。僕はまだここに残りたいと思ってるけど、それは僕だけが決められることじゃない。大きな変化が訪れると思う。シーズンが始まるまであと3週間もない今、僕たちはすぐにでも監督を必要としてる。それはそう難しいことじゃない。すぐにプレミアリーグに戻りたいならチャンピオンシップで良いスタートを切らないといけないし、新しい選手を迎えること、そして誰かが移籍することも必要だ」

「僕はアラン・シアラーであって欲しい。残留は出来なかったけど彼との8週間は良い8週間だった。彼が来るまでの3年間はクラブには規律が不足していた。誰がクラブを買うにしても彼は中心にいるべき男だ。どんな監督だってシーズンを良い形で始めたいし、アランは6週前にはここにいたかったと思う」

「昨シーズンのことが頭に残ってて夏を楽しむのは難しかった。更にクラブに戻ってみても何も決まってなかった。クラブに関係するすべての人にとって難しいことだ。それでも選手は選手としての仕事をするべきだし、誇りがあるなら今の段階で何をするかとかを人に言う必要はないと思う。僕たちはシーズンのために調子を整えてるところだし、クリス(ヒュートン)とコリン(カルダーウッド)はそのために良い仕事をしてくれてる。言うことがあるとするなら、将来の計画を決めて、誰が行くか残るか明らかにしてくれる監督を必要としてるってことさ」

「シーズンが始まる前に監督を得ることは不可欠だ。何にしても早ければ早いほど良い。最終期限がいつかは知らないけど、2週前には決まっていて欲しかったよ。この6週間は来週には何かあると言われ続けてたから正直にいうと気が滅入ってるよ、でも実際に買収が完了することを信じてる」

はー(溜息)、結局クラブは何処へ向かうのでしょうか。そしてボルトンのメグソン氏がダフ獲得に乗り気とデイリー・メールが報じてるそうです。人件費削減に燃えるニューカッスルはきっとダフを安く出すはずだということですが、これまでほとんど動いてないフロントが急に動くとは思わないので、今の段階ならまだないと思います。

このままシアラー指名が遅れに遅れたら、誰が残るとも言い切れないカオスな状態になることは間違いないですが。そして開幕戦はヒュートン氏の可能性もあると選手たちに告げられたそうで……ヒュートン氏はこんな状況で頑張ってると思うのですけどね。

そんな今日はハダーズフィールドとプレシーズンです。ノーランのゴールでプレシーズン3連勝となりましたが、試合中の写真が大変殺伐と……。今季の背番号が決定、そもそも選手の動きがないので23までは変化なし、若い選手の番号が繰り上がったくらいにとどまってますね。バットが傷めた手の手術が必要ということが判明。4週間離脱の模様……嗚呼。
スポンサーサイト



新城 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |