--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/05/30

Ireland 1-1 Nigeria

マルちゃんとの対戦が楽しみだったんだけど、ヘルニアの手術が必要な状態だそうでお休み。親善試合だろうと前半だけの出場だろうと点取っちゃうロビーが好き。

先発及び交代。採点はIrish Independentから。
ギブン 6(ウェストウッド 6)、フォーリー 6(マクシェーン 5)、セントレジャー 7、ダン 7、ノーラン 6、ローレンス 5(ハント 5)、ミラー 7、アンドリュース 7(ウィーラン 6)、ダフ 6(マクギーディ 45, 6)、ベスト 7、キーン 8 (ロング 6)

トラパットーニのコメント。
「十分幸せだ。セントレジャー、ノーラン、ベストといったプレイヤーを試すことが出来たし、彼らは才能と個性を見せてくれた。前半のパフォーマンスは私にとって実に良いものだった。ナイジェリアが勝ちに来たので親善試合の雰囲気がなかったのもよく働いた。ただブルガリア戦のこともあるし怪我は避けたかったから、キーンやダフのような選手には前半で下がってもらうことにした。結果としては誰の怪我もなく終われたことは大事だ」

「2週間前にもロビーを見たが、彼は今とても調子が良さそうだ。彼の調子は士気にも関わってくるから調子が良いことは何よりだね。ロビーは少しMFにも近い位置でプレーするから、ドイルやフォランのように彼の前でプレーしてくれる選手がいることが重要なんだ」

怖がるトラップ(可愛い70代)
「(多くの選手を試すことについて)正直に言うと試合の前は怖かったよ。アフリカカップを見てナイジェリアが良いチームだということはわかっていたからね。ただ、違うチームだから比較は出来ないけど、私たちは今夜上手くやれたし、この試合でチームは信頼と自信を得ることができた。我々は自分たちの品質を信じなければいけないからね。入りも良かったが、終わる時は更に良かった」


ブルガリア戦まで少し間があるので代表は一旦解散、火曜日からトレーニングだそうです。働いたと打とうとしたらはらたいらと……3000点。
スポンサーサイト
愛蘭代表 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/05/29

ホセ君もMarcaにて残留表明したそうです。スペイン語は全然なうえ手元に辞書がないのでSetantaの記事からですがコメント。

「僕はニューカッスルと3年間契約が残ってる。チャンピオンシップでプレーしたいと思ったことはないけど、今はクラブとの契約を全うすることを考えてる。このクラブは最初からよければアストン・ヴィラにも匹敵する力があると信じてる。僕はこの街(ニューカッスル)が好きだしイングランドで幸せなんだ。他のチームからオファーが届いたら考えることもあると思うけど、僕は来季もニューカッスルにいると思う」

わーい、地味に嬉しい。2月頃からすごく良くなった選手だけに他所にいかれたら残念だなあと思ってたのです。後はガスリー君が残ってくれさえすれば私は来季も安心して楽しめますよ。
新城 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/05/29

ベテランGKのディーン・カイリーが代表チームを去ったと伝えられています。親善試合にウェストウッドを起用すると言われた後、トラパットーニに家に帰って家族に会いにいって良いだろうかと尋ね、トラパットーニは許可を出しました。ギブンは既にトレーニングにも復帰しナイジェリア戦でも問題ない状態ですが、トラップはブルガリア戦のためにもう一人GKを呼ぶかもしれないとしています。

「カイリーは少し失望していると言った。彼は私がエディ・ノーランやセントレジャーにチャンスを与えるように、自分にもその機会があると思っていたようだ。私は彼と3つの親善試合を共にしていて、怪我の場合などを考えれば新しい選手を試すことは重要だった。(カイリーのことで)少しがっかりしている。私は若い選手に敬意を持って接しなければいけないし、彼を理解することは出来ない。私はウェストウッドがNo.2のキーパーであるとは言わない。ブルガリア戦のためにもう一人GKを呼ぶ必要があるかもしれない」

愛蘭代表 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/05/27

私信>拍手ページにて返信させていただきましたー。


ナイジェリアとの親善試合及びブルガリアとのワールドカップ予選を控えるアイルランド代表の様子。

ギブンが軽い打撲を負ってまして、トラッパットーニはナイジェリア戦で若手GKのキーラン・ウェストウッドをデビューさせると発言しています。ギブンはブルガリア戦には間に合う予定ということでトラップも休んでてと頼んだそうです。今後のことも考えると若手のウェストウッドを国際試合に出場させておくことは代表にとっても良いことですね。活躍に期待。さてフォランも軽く負傷してるそうですが「彼もブルガリア戦は大丈夫だろう、もしもの時は私にはレオン・ベストもいる」とのこと。ドイルが負傷しているとのことで、先発はフォランが濃厚といわれてます。

ダフの様子、トラップ談。
「私には彼が少し悲しんでるように見えた、確かに彼は幸せではないだろう。だがフットボールとはこういうものだ。彼には次のゲームで得点して欲しいと話してある」

ゴールは何よりの特効薬という話かと思ったら、上のコメントはHerald.ieの記事からなのですが、eleven-a-sideだとずいぶん記事の意図が違います。eleven-a-sideはナイジェリア戦をダフが欠場するとしていてトラップのコメントは以下のようになっています。

「彼は少し悲しんでると思う。私は『フットボールはこういうもので、君の仕事は反対側にゴールを入れることだ』と言った。私は彼と再び話す必要があると思ったが、その前に彼を少し休ませるかもしれない」

ど、どっちの料理ショー……と思ってたらIRISH TIMESにはもう少し載ってて、「半分(45分)だけプレーしてもらうか、休ませるかするかもしれない」としてます。本当に記事って編集次第だ。




久しぶりの招集なリアム・ローレンスは本来ならストークの残留記念休暇@ラスベガスな予定だったそうですが(ベガス……)「ベガスでチームメートと一緒の予定だったんだけどね、すみやかにキャンセルして荷物から短パンとサンダルを放り出したよ、この一週間のためならどんな日でも捧げるつもりさ」と代表への熱意を示しています。なかなか素敵。

続ローレンスコメント。
「代表に戻れるのは良いことだし良いチャンスだ。実のところあまり呼ばれると思ってなかった、でも今シーズンは中々良くプレーできたと思うし、それがこの機会を引き寄せてくれたってことは素晴らしいね。チャンスが来たからには後は僕次第だ。呼ばれる前にウィーランと話してたんだけど、彼は代表に手応えを感じてたよ。グループでは良い位置に付けてるし本大会に行けると思う。そして金曜日に実力を示すことができれば僕もそこにいるかもしれない」


他。アーヴィン氏の読みをアーバインに訂正。
愛蘭代表 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/05/26

Duff to stay and make amends

Chronicleの記事。ダフはニューカッスルに残るつもりでいるようです。クラブの方針も関わってくることなのでこれで決まるわけではないでしょうが、今現在は高給ゆえに放出候補に入ってる状態なので、残るとすれば減給することになると思います。何にせよダフが決めることならいつだって応援しますよ。そして公式見て嬉しかった


「僕はすごく忠実な性質なんだよ、ガファー(シアラー)が残るかどうかは関係なく、僕はニューカッスルの昇格を助けたい。彼(シアラー)と働くのは好きだった、彼との8週間はフットボール・クラブの正しい時間だったよ。彼の下で結果は出せなかったけれど彼は素晴らしかったと思ってる。そして彼とファンのために残留できなかったことが残念だ。僕たちを昇格させる人がいるとすれば、このクラブが正しい場所だと感じさせてくれる時間をくれたシアラーだと思う」

「今の感覚を表せる言葉を知らない。試合が終わった時、ファンは素晴らしかった。でも彼らのためにそれはすごく期待はずれだったはずだ。チャンピオンシップを軽く見てるわけではないけど、降格するにはあまりにも大きいクラブだと思う。2つくらいかなチャンスを作ったけど何かが欠けてたんだろうね、後半にはそれもなくて監督は言葉少なだった。ブラックバーンでの僕とバーミンガムでのバッティ(バット)を除いて他の選手がそれを味わうと思ってなかったし、僕も二度とそんな経験はするつもりじゃなかった。良い感覚じゃない。僕は打ちのめされたけど次のシーズンに戻ってくることを考えてる」

オウンゴールについて
「それが入ったとき『僕?』って思ったよ。でも僕は結構世間なれもしてるし、それを乗り越えるつもりでいる。僕に何が出来るかを考えればそれはフットボールだから。キャリアの中で期待はずれなことがあっても、いつまでも立ち止まってはいられないし、先へ進まなきゃいけない。多くの不運があったと思うこともある、でもシーズンの中には自分たちで幸運を作る機会もあったはずだ」


読んでると目頭にじわじわ来る。ダフの言葉って真摯で好きだ。テイラー君曰く更衣室は葬式だったそうで。色が色だけにまさにそんな感じだったんだろうと想像がつきます。テイラー君も現時点でクラブに残る意思を表してますが他の選手はどうなのかな……ワールドカップもそう遠くないし代表入りを目指す選手にとっては二部は決して魅力的なリーグではないですよね。んー、後は早めに来季の体制を発表して欲しいです。監督はキニア氏は病気の件もありますし、シアラー氏続投がいいんですけど(ロイさんとの対決もあるし)。
新城 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/05/25

今まで降格したチームをじっくり見るということがなかったので、いまいち実感は湧いていないのですが、今後のニュースで嫌でも湧いてくるでしょう。あまり好きではない選手もいますけど大部分の選手のことは好きだったので、これから皆が散り散りになるのを見ないといけないのかと思うと今から辛いです。

アシュリーオーナーに対してはキーガン氏の事件以前はサポに混じって観戦する姿が普通のおじさんでむしろ好きだったのですが、それ以降は「何のこのこ来てるの」という感想しか持てないくらいに嫌いになりました(私がミルナー君をかなり好きだったということと、序盤ですっかりお気に入りになったガスリー君がキーガン氏の辞任以降にずいぶん調子を崩してしまったというのも影響してます。調子崩してない選手なんていませんけど)。

今季ずっと思ってますが、開幕のマンU戦のチームを返して欲しい……試合を重ねればどんどん良くなると思ってたのに、結局開幕戦が最も良い試合だったということになってしまいました。3試合で監督を失った選手たちがどんなに途方に暮れるか何故わからなかったんでしょうか。代行監督の就任もシアラー氏への要請も何もかも遅すぎました。せめてキニア氏の手術が必要になった時点で更なる後任を立てるべきでした。それを言うならキーガン氏を辞任に追い込まなければという話にもなりますが。

降格への覚悟とそれでも残るクラブへ愛情と信頼を抱えてヴィラ・パークに乗り込んだサポーターの人たちの目には何が写ったのでしょうねと試合の写真を見ながら思ってます。今まであえて言いませんでしたけど本当に何の希望もない中盤でした。これ以下の試合なんて存在しないんじゃないかってくらいに酷かった。そんな試合が今季だけでもずいぶんあります……文章には出してきませんでしたが実際に見てる時はかなり汚い言葉がでてました。。クラブは売却の見込みが強いそうで、一日でも早くまとまってくれることを祈ってます。


普段あまり出て来ないダフが公式のnufcTVでカメラの前に立ったのは責任感によるものなんだと思います。チャンスシーンをブラッド(フリーデル)のグッドセーブと……そういえば元チームメートなんですね。
新城 | Comments(2) | Trackback(0)
2009/05/25

Aston Villa 1-0 Newcastleでニューカッスルの降格が決定しました。得点はダフのOGとなります。試合後にテイラー君を写すカメラは意地悪いなあとか思っちゃったよ。ダフも辛そうだったけど。結局あのOGはそれほどの問題じゃなくて、点が取れなかったというのが問題だったんと思うことにします。実際試合は抜き気味のヴィラに押されていたのだし。でも結果だけ言うとハルが負けたので引き分けておけばという思いはずっと残るのでしょう。Rating、Unlucky。誰もダフを責めたりしないんだろうけど、ダフは自分を責める人だからきっとずっと辛いと思う……そういうところも好きだけどね

色々変わってしまうだろうけど、すぐに戻ってきてほしいのは本当の気持ち。
新城 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/05/24

最終戦前、プレミアリーグ残留争いのまとめ。

最終戦前の状況確認。現在最下位のWBAは降格が決定しているので省くと、サンダーランド、ハル・シティ、ニューカッスル、ミドルスブラに降格及び残留の可能性があります。

順位クラブ名勝点得失総得点
16Sunderland36-1932
17Hull35-2439

18Newcastle34-1840
19Middlesbrough32-2827

順位は勝点、得失点差、総得点の順に優先。これを踏まえて最終戦の日程。

アストン・ヴィラニューカッスル
ハル・シティマンチェスター・U
サンダーランドチェルシー
ウェスト・ハムミドルスブラ


サンダーランドの状況。
残留:勝てば自力で決定。
降格:負けor引き分け+ハル&ニューカッスルの勝利。
ハルとニューカッスルがどちらも勝つというのが稀なので一番安全。

ハル・シティの状況。
残留:勝てば残留決定。
降格:引分けor負け+ニューカッスル勝利。
負け+ニューカッスルの引分け(得失点差で負けるので)。
負け+ニューカッスル負けor引分け&ボロの勝利でボロに得失で負けた場合。
マンUは二軍登用する気満々のようですが、お願いですから負けてください

ニューカッスルの状況。
残留:勝利+サンダーランド&ハルが負けor引分け。
勝利+サンダーランドorハルが負けor引分け。
引分け+ハルの負け(得失点差で残留)。
引分け+ハルの負け&ボロの勝利でボロに得失点で勝った場合。
降格:負ければ降格決定。
引分け+ハルの勝利or引分け。
引分け+ハルの負け&ボロの勝利でボロに得失点差で負けた場合(このパターンはまずない)。
殆どハルにかかってますが出来ることをやってからということで、最後くらいは勝って終わって!

ミドルスブラの状況。
残留:勝利+ハル&ニューカッスルが負け+ハルに得失点差or総得点で勝つ。
勝利+ハル負け&ニューカッスル引分け+ハル&ニューカッスルに得失点差で勝つ(かなり無茶)。
降格:負けor引分け、ハルの引分けor勝利、ニューカッスルの勝利。
ニューカッスルが引き分けると得失点差が大きいので現実味は薄いです。成績だけ見ると4チームの中で最も悪いので一番厳しい立場。

一応総得点も載せたのに見事に関係なかった……起こり得るペアでいうとボロ&ニューカッスル(本命)、ボロ&ハル(対抗)、ボロ&サンダーランド(穴)、ニューカッスル&ハル(大穴)、といったところでしょうか。倍率はとあるブックーメーカーでは2倍、3倍、11倍、22倍でした。ハルのフィル・ブラウン監督もノース・イーストの出身ということを含めると、全チーム英国北東部絡みとなってます。あー、ドキドキする。

新城 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/05/22

ホセ君がヴィラ戦も疑わしいみたいで、事前記事はミルナーの相手はダフという雰囲気です。ボロの状態はさておきダウニングを押さえたという実績も付いて着々とSBスキルが上昇中。

心配なのはハムストリング傷めてしまったベイがおそらく出場できないだろうということの方。バソンは出場停止だし。テイラー君かエドガー君がRBという手もありますが、ヴィラは足の速い選手が多いのでなるべくコロッチーニは……と考えるとテイラー、エドガーのCBにライアン、ダフのSBかもと予想。FWはキャロル君が練習中に靭帯傷めてしまったらしく可能性消滅、うーん、マルティンスとヴィドゥカの2トップかな?オーウェンはこのあいだは家族観戦だったけど戻れるんでしょうか。少しでも可能性を上げるために勝ちたいとなるとやっぱり点が取れるかどうかにかかってきます。
新城 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/05/19

29日の親善試合のナイジェリア戦のメンバー25人が招集されました。このうちの22名は6日のワールドカップ予選のブルガリア戦にも帯同します。練習と親善試合で様子を見るということですね。ストーク・シティのリアム・ローレンスやプレストンよりショーン・セントレジャー(セントも苗字のうちなのかな)などが久しぶりの招集を受けてます。他にも見慣れない名前が。

GK
シェイ・ギブン(マンチェスター・シティ)
ディーン・カイリー(ウェスト・ブロム)
キーラン・ウェストウッド(コヴェントリー・シティ)
DF
エディ・ノーラン(プレストン・ノースエンド)
ショーン・セントレジャー(プレストン・ノースエンド)
ジョン・オシェイ(マンチェスター・ユナイテッド)
ケビン・フォーリー(ウルブズ)
ポール・マクシェーン(サンダーランド)
スティーブン・ケリー(バーミンガム・シティ)
ケビン・キルバーン(ハル・シティ)
MF
エイデン・マクギーディ(グラスゴー・セルティック)
ダミアン・ダフ(ニューカッスル・ユナイテッド)
ダロン・ギブソン(マンチェスター・ユナイテッド)
グレン・ウィーラン(ストーク・シティ)
キース・アンドリュース(ブラックバーン・ローバーズ)
リアム・ミラー(QPR)
スティーブン・ハント(レディング)
アンディ・キーオ(ウルブズ)
リアム・ローレンス(ストーク・シティ)
FW
ケレブ・フォラン(ハル・シティ)
ケビン・ドイル(レディング)
ロビー・キーン(トッテナム・ホットスパー)
シェーン・ロング(レディング)
レオン・ベスト(コヴェントリー・シティ)


トラップは代表への変化を求めてるそうです。以下コメント。
「いくらか休みが欲しいプレーヤーもいるだろう、レディングの選手に会ってきたが彼らは少し疲れているように見えたよ、マンUのオシェイとギブソンも大変だったろう。調子によっては彼らを休ませることも考えている。ブルガリアにとってはワールドカップの権利を得る最後のチャンスになるから是が非でも勝ちに来るだろう。我々は勝つべきだしそれが出来なくても負けることは許されない。ポイント差を縮められてはいけない。ドイルのふくらはぎは万全ではないのでまだ出場は決めていないが怪我を軽く見るつもりはないよ」

「我々は新しい選手を探している。親善試合では試せるだけの選手を試すつもりでいる、親善試合では6人まで交代が認められるからね。フォランの強い精神力は気に入っている。彼は体も大きいしボールを運ぶことが出来る。代表戦ではそれが何より重要だ。彼は今のシステムにも合っているしね。何度かレオン・ベストのプレーを見た、彼も身体を張るタイプでフォランのようにプレーする。今回彼を呼んだのはテストのためだ。ローレンスは右でも左でもプレーできるしハントの良い代わりになってくれると思う。ダフともタイプが違う選手だし精神的に強く性格も良い」

セントレジャーのコメント。
「代表に呼ばれるとは思ってもみなかったからちょっと驚いてる。今季は自分でも安定したプレーを出来たと思うし、呼ばれたいって希望はずっとあったんだ。だからすごく嬉しい。親善試合はすごく大事だ、来年の夏にはもうワールド・カップだから、チームで居場所を得られるように頑張るつもりだよ」

セントレジャーはイングランドの生まれですが、祖父がアイルランド人ということで代表の権利がある選手(そういう選手は少なくないのですが)、招集は2006年の8月以来。今回のメンバーで代表キャップのない選手のうちの一人とのこと。他はウェストウッド、ベスト、ノーラン、ローレンス、フォーリーの5人です。
愛蘭代表 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/05/18

気晴らし(現実逃避)に作ったニューカッスル・ユナイテッドのロゴのドット絵、と何故かグランパスくん。Wiiのウイニングイレブンプレーメーカー2009のエディットに使い回せるように作ったので64x64。エディットってすごく細かく設定できるんだなーと感心してます。ゴール後のセレブレーションまで指定できるのでロビキンチックに側転するダフなんかも可能……サンバ踊りだしたときにはどうしようかと思いましたが。

ニューカッスルロゴ グランパスくんドット絵

ニューカッスルロゴのドット絵 グランパスくん黒背景

一応透過処理なんかもしてあります。折角作ったし残留したらブログで使おうかな。グランパスくんは使いどころがないけど。
| Comments(0) | Trackback(0)
2009/05/17

Newcastle 0-1 Fulham

先制されて、追いかけたゴールはファウルで消え、バソンに一発レッドが出て、沈む空気とそのままに敗北。ボロ戦の空気はどこへ消えてしまったのかなという試合になってしまいました。フラム堅いなあ、強いなあ。オーウェンが何でいないのかと思ったら鼠径部痛めとる……。

ハルがボルトンと引き分け勝点1を上積み、再び18位の降格圏です。最終戦のヴィラ戦は何が起きるのか。ハルはマンUとですがマンUは優勝も決まりCLも控えてます。得失点差でハルを上回っていることが鍵になるのか、それとも。少なくとも引き分け以上が必要です。選手と監督を信じるほかにありません。



「今日のニューカッスルは勇気がないですよねえ……あ、ダフは別ですよ」。
粕谷氏ってきついこというのでそんなに好きじゃないんだけど、ダフ好きが滲み出てるのであんまり嫌いにはなれなかったりして。そんなこと言ってる場合じゃないけど。実況さんと話してたシアラー氏にイエッサーなダフを想像したらちょっと可笑しい。笑ってる場合でもないけど。新ユニフォームは白が多くて爽やかな感じで好印象なだけに(判断基準はダフに似合ってるか否かの一点のみです)どうにか踏ん張ってほしい!


新城 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/05/15

風邪引いて2日ほど寝てました、まだ頭痛い。何故かオーウェンが厩舎運営を本業にして今季限りで引退というガセネタが飛び交ってたらしいです。よく読んでないので詳しくは知りませんが。

フラム戦の前情報。ホセ君は引き続き欠場、スミスもまだ微妙な状態。ボロ戦で結果も出たしメンバーはそう大きくは変わらないでしょう。フラムは現時点で7位に付けていますが、アウェーではそれほど良い成績は残せてないので、点さえ獲れれば十分に勝点は望めると思います。

選手の多くがボロ戦のスタジアムの雰囲気は素晴らしかったとコメントしてて、フラム戦もこの雰囲気でやれるぞとかなり前向きみたい。
新城 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/05/12

シアラー氏コメント。
「交代を入れるべき時間帯だとは思ってんだ、まあ、まさか投入して1分足らずで点が入るとまでは思っていなかったが、随分と上手くいった。ピーターとオバはそれぞれが良い影響を与えてくれた。オバはまだ万全な状態ではないからとベンチスタートを決めたし、彼もそれについては納得してくれた。そして交代のときに彼とピーターに流れを変えてくれるように頼んだ。選手たちには『勝つ感覚を楽しんで、自分たちも驚くようなことをするんだ』と言ったんだ。今日の結果は彼らに信頼や自信を与えてくれるだろう。ここのところは悪い結果が染み付いていたが、今後の試合は信頼の中で続けられる」

ヴィドゥカについて。
「彼は素晴らしかったと思う、もちろん彼のために動いてくれた選手も含めてだ。万全な状態の彼が何をできるかってことが示せた。彼はあまり動かないで、チーム全体でヴィドゥカに合わせるような形にしたんだ。今夜の彼については何もいうことがない、また彼と土曜日に何ができるかが大事だ」

「選手はじつによくやってくれた。試合前に選手に勇気や決心、そして能力を見せてくれといったんだが彼らはすべてを見せてくれた。1-0で気を落とすことは簡単だが彼らはそれをしなかった。自分たちを信じていて今夜はそれが大きい成果を見せた」

「我々は勝利に値したよ、ボロより良くプレーして可能性を作った。途中2回ほどハーパーの助けは必要としたが、選手に『ずいぶん(降格圏に)長居をしたが二度と戻らないな?』と確認を取ったよ。勝ち方を忘れて、それが長くなればなるほど抜け出すことは難しくなる。私は選手たちがどれだけやれるかというのは知っているし、今日はトレーニング通りのことを見せてくれた。3得点目はもう安心してみていられたね、それも2得点目の信頼があってこそだ。彼らはどんな信用にも値する選手たちだ」

流石元キャプテンなだけあって台詞が男らしくてかっこいいです。もう一勝できれば残留は随分近づくと思いますので引き続き頑張っていただきたいなと思います。
新城 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/05/12

Newcastle 3-1 Middlesbrough

開始早々トゥンジャイに来られて、ハーパーが押さえたかと思ったけどベイの足にボールが絡む形でOGした時は、もうどうなることかと。9分に早い段階でガスリー君CKからテイラー君が綺麗にヘッドを決めて追いついてくれたのはやはり大きかったです。その後前半は1-1で折り返し、65分にグティエレスに代えてロベンクランズ、69分にオーウェンに代えてマルティンス投入。投入早々の70分、ヴィドゥカの落としたボールをノーランが更にマルティンスの方に渡して滑りながらもシュートで2-1。あー、点が入ったという感じ。それまでちょっと勝ちを急ぎすぎて前のめりでピンチが多かったのですけど勝ち越してからはそれも少し落ち着きを見せ、ロベンクランズが86分に駄目押しでもう一点で3-1(拍手)。ゴール後のもみくちゃ具合を見てもロベンクランズはすっかり馴染んでますね、確か契約は今季終りまでなので延長してもらえると良いですが。テイラー君と並ぶとちょっと兄弟っぽく見える。

勝点34でハルと並び得失点差で上に立ちました。久々の降格圏脱出です。以前楽観できる状況ではありませんが、久しぶりの勝利の味は至福。WBA戦以来、ホームでは実に12月のトッテナム戦以来の勝利という。5ヶ月……どおりでずっと降格圏にいたわけです。あー、とにかく勝てて良かった。ヴィドゥカもコンディションも戻りつつあるし、交代で入ったマルちゃんとロベクラの得点と策も当たったし(サウスゲート監督がDFの枚数を減らしてFWを投入してきてたのも大きかったと思いますが)、勢い付けてフラム戦と行きたいところ。オーウェンのことを思うとちょっと複雑でもあります。


しばらく気にしてなかったサンダーランドのハルフォード君ですが、ローン先のシェフィールドUでプレーオフにて決勝点を決めてファイナルへ。頑張ってるみたい。そのシェフUに負けたのがDufferの名付け親こと元ブラックバーンコーチ(元ニューカッスルコーチでもありますが)のアラン・アーバイン氏率いるプレストンなのがちょっとあれ。昇格争いも毎年大変です。
新城 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/05/11

マクシェーン君がフレンドパークに出る夢を見た。ユースケ・サンタマリアと。何故。それはさておき、引分でも残留の見込みが限りなく少なくなるボロ戦のプレビュー。

Skyの予想先発はハーパー、ベイ、コロ、バソン、ダフ、ジェレミ、ノーラン、バット、マルティンス、ヴィドゥカ、オーウェンですが、テイラー君は復帰できそうなので、コロッチーニは外れると思いますし、今更になってジェレミが出てくるとも考えづらいので、MFはスミスが駄目ならガスリー君だと思います。シアラー氏はロベンクランズを褒めてるので引き続き先発の可能性もあります。

ボロはトゥンジャイは要注意、大きい選手が多いのでセットプレーにも気を付けたいところ。ここまで来たら選手とシアラー氏を信じるより他にありません。

新城 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/05/07

イブクロのダフのインタビュー。

「ボロとのゲームは大きい、そして僕たちはファンにもう一度僕たちを支えて欲しいと思ってる。これ以上は大きくならない。僕のキャリアで関わった試合の中でも最も大きい試合の一つになる。日曜日に少なくとも引き分けるつもりでアンフィールドに行ったから結果は残念だった、ただもう次の月曜日のことに集中してる。ポーツマス戦でも僕たちは3ポイントに値したと思ったけど得たのは1ポイントだった。ボロ戦でどんな結果を残さなければいけないかは良くわかってる」

「僕はブラックバーンで降格を経験した、他の選手がどう思ってるかはわからなかったけど更衣室は良い雰囲気じゃなかった。僕のキャリアの中でも最低の頃だ。二度とそういうことは起こしたくないし、僕に出来ることならなんでもする。そして他の選手もプレミアに留まるためにそうすると確信してる」

「ガファー(シアラー)が来たことは大きいよ、彼が来てから上向いてるし、彼のために勝てたらすごく嬉しい。トレーニングも何もかも素晴らしいよ。彼がいるだけ何かが違うんだ。彼は僕のヒーローで、それは今だって変わらない」


ブラックバーン時代のことはやっぱり影響してますね(シアラーをヒーローと言ってることも含めて)。そしてインタビューの前にRareが付く男……確かにレアだけども。スミスがリバプール戦で足首痛めたみたいでボロ戦に出れるか微妙って書いてあります。最近良いだけに出れないと困るんだけど、スミスは足首痛めやすい性質なので、あんまり無理もして欲しくないし。


チェルシーvバルセロナ、1-0でずっとチェルシーが勝ってたところを93分にイニエスタのアウェーゴールで勝ち抜け決定。ヒディンクの作戦は9割方嵌ってて、試合を握ってたのはチェルシーだとは思ってましたが、勝負に絶対はないというサッカーらしさを見ました。どちらのゴールもダイレクトというのが素晴らしいですね。それにしてもいつ見てもイニエスタが20代に見えない、でも好き。グアルディオラ監督の立ち姿がかっこいいとうっとり見てました(監督フェチというか単なるスーツ好き)。ヒディンクと腕組んで何か話し合ってたり、ゴール後に現役選手顔負けで走り出しちゃったり、モウさんに負けず劣らず見てて楽しいなと、モウさんは元気でしょうか。審判について随分言われてるようですが、バルセロナも退場で迷惑はこうむってるしこういうものだと思います。これでチェルシーが勝ってたらバルセロナ側から非難の声が上がったでしょう……どっちにしても荒れるジャッジでした。
新城 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/05/05

SUN情報によりますとリバプール戦後の更衣室はバートンとシアラー氏の四文字言葉が飛び交ってたそうで、乱闘寸前に陥り周囲に止められたそうです。バートンはニューカッスルで一番良くやってた選手は俺と主張して、シアラー氏を非難したそうです。SUNということを差し引いても起こり得ない話ではないですね。こういう時だからこそみんなで頑張らなきゃいけないのに、チームの雰囲気は悪くなるばかりで。勝てれば何か変わると思うんだけど。というか次の試合で勝てなきゃ……はー、ひたすら暗いです。バートンは既にクラブへの出入りを禁じられているようで、来季の放出は確定的といわれています。


こればっかりでもなんなので。シアラー氏が来るまでクラブはまるで金持ち相手のスポーツジムで相当弛んでたそうです。現在はシアラー氏が軍隊式で鍛え上げてる模様……鬼軍曹?

シアラー氏はダフのLBを褒めてます。彼を前で使えないのは残念だがエンリケのいない時の一番良いオプションだと。ホセ君はボロ戦も欠場のようなので引き続きよろしくということですね。ダフは頑張ってると思うけどそれが結果に出てこないのが辛いなあ。ダフ本人は「どんな仕事でもチームに必要な仕事ならするよ、LBは二回くらいやったけど向いてると思うしね。シアラーとダウィが来てからトレーニングは上手くいってるし、僕もすごく調子が良いんだ」とシアラー氏の支持を打ち出してます。ボロ戦はうまくチームが回ってくれると良いんですが。


けれどいつも
無意味な 兇暴な衝動によって
必死にあたため ひたってきたものを
こはしてしまふ

吉原幸子の花火という詩の冒頭、個人的なバートンのイメージ。
新城 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/05/05

リバプールDFのサミ・ヒーピアがレバークーゼンと2年契約に同意したそうで、来夏からブンデスリーガでプレーすることとなりました。好きな選手なのでプレミアで見れなくなるのは残念ですが、ベテランで2年契約というのはかなり好条件のオファーだったのでしょう。レバークーゼンも好きなところなので頑張ってほしいです。
サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
2009/05/04

ああ、シアラー氏も怒ってらっしゃる(当たり前)。残り3試合の出場停止は確定ですからね。

「あの出来事には失望したね、幸せなわけないじゃないか。彼には試合中は落ち着くように言っておいたんだ。それなのに実にばかげたタックルをした。退場は妥当な処分だったよ。彼は謝りに来たが彼が戦える試合はもうないんだからね。試合時間は90分ある、75分でも80分でもなく90分だ、私は彼に90分落ち着いて欲しいと頼んだはずだった。彼の将来の話は今考えることではないが、私はあまり良い気分はしていない」

「1点目はオフサイドだと思ったが1点目がオフサイドだったとして試合の結果が変わったとは思えない。2失点目は無様だったし3失点目も同様だ。いくつかポストに当たったものもある。ゲームの入り方は上手く行ったがそれだけだよ、ハーフタイムの後に一点でもと思ったが酷いものだった」

「リバプール戦が我々のシーズンを救わないなら、次の2試合でそれをするしかないんだ。トレーニングや月曜日のポーツマス戦を見ていれば、選手が同じ方向を目指せばチャンスが作れるのはわかったし、残留するには十分だと思う。ボロとの対戦とその次の試合が如何に重要かはお互いによくわかっているだろう」

ソースはBBCと公式の話。

読唇術を駆使したMirrorの記事によれば「ファウルですらねえよ」とキャラガーに抗議してたそうです。暴行事件よりはましだったかもなと軽く流してるMirrorが怖い……。
新城 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/05/04

Liverpool 3-0 Newcastle

負けること自体は2位と18位のチームの対戦として考えて、別に不思議なことではないので良いんです。良くないけど。バーに随分当たってましたが5失点はなかったし。ただ、得失点差も今後関わってくる状態なのに、今後に試合も残ってるのに、近年まれに見る危機的な状況に居るのに、いつ追加の出場停止処分を受けてもおかしくないのに、一発レッドで退場してしまう選手をフォローする言葉は見当たりません。シアラー氏は試合前に君に期待していました……諸般の事情と怪我とで君は今季殆どプレーしませんでしたが、それでも君に期待してる人たちが居ました。君は今までの行動で心証もよくないはずで、だからこそ軽率な行動には出て欲しくなかった。でも君はそれをしたんですね。

ガスリー君がフェイガンを骨折させた時は、行為自体は責められるべきだしフェイガンに悪いと思いながらガスリー君を庇いたかった。あの時チームは先の見えない状態だったし、ガスリー君はキーガン氏の希望で来た選手だったから辛い時期だったんだと思った。中盤の怪我が続いて、その補強のために獲得したのに馴染む前に一発レッドで3試合の出場停止になったノーランもプレー自体が非常に悪質でしたし酷いと思いましたが、バートンは少しでも何かしたら6試合の出場停止処分が追加される身だけになおのこと酷いです。一発レッドということで引き続きFAは厳しい目で君を見るんでしょうね。シアラー氏が何もないのに笑ってたのが心配です。

Shearer said: “Whether he will start or not, I am not prepared to give away, but it is nice to have him back in the squad because he probably gives us something different to what the other midfielders do.

“He will give us someone who will run beyond the front players, he will give us maybe a pass on to one of the front players.”


バートンへの戒めの言葉。試合前のシアラー氏のコメントでした。
何だか試合を見るたび心が挫けていきます。Rating、案の定酷いです。
新城 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/05/03

追記:トーレスはハムストリングの負傷で欠場のようです。


普通の記事見てると暗くなるので選手方面の話。TV見れないマルティンス。

「普段なら他所の結果も気になるし楽しみにしてるんだけど、今はSky Sportsは見てないんだ。ニューカッスルに集中したいからね。チームが上手くいってるなら他の試合を見るのも楽しいんだけど、今は大事なのは僕たちの結果だけだと思う。見るときっと悲しくなっちゃうし」

「ポーツマス戦のミスのことはもう考えてないよ、今考えてるのはリバプールから点を取ることだけ。僕は今季、マンUとアーセナルから点を取ってるからリバプールに対してもそうしたい。3ポイント狙っていくよ、わざわざリバプールまで行くのに弱気になってちゃ意味ないからね」

可愛いかつ男らしい。好き。

バソンはトーレスとやるの楽しみと頼もしいこと言ってくれてます。そういえば前の試合は出場停止で出られなかったのです。トーレスも居ませんでしたけど(トーレス居ないのに5点取られたとも言う)。シーズン序盤はLBでの起用が多かったバソンですが、LBについては「監督に頼まれれば勿論するけど、僕はCBで上手くやれてると思う」そうです。

シアラー氏はホラーショー(前回の1-5で負けた試合のこと、ギブン移籍の引き金とも)は繰り返したくないと言ってます。シアラー氏は勝ってはいないものの監督の仕事は大いに楽しんでるとのことでちょっとマゾの領域を開拓してないか心配です。


メンバーとしてはテイラー君とホセ君が離脱、LBにエドガー君起用かと言われてます。ダフを後ろに回すのはもったいないってことでしょうか、でもSkyの予想だと引き続きダフがLBだったり。まあどちらかでしょう。エドガー君はCBが本業だしそっちでプレーして欲しい気もするんですけど。ポーツマス戦でこれまで不調が続いたコロッチーニがまずまず持ち直してたのでCBはおそらくバソンとコロッチーニ。この二人はコロッチーニが酷くなるまでは良いコンビでしたし無難な路線です。オーウェンが先発から外れると言う予想もあるのですが、シアラー氏はオーウェンに賭けてるところもあるし何とも言えません。リバプールはキャプテンさんが怪我からお戻りになるそうでございます。えー。
新城 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。