FC2ブログ
2008/05/06




Newcastle 0-2 Chelsea


前半はチェルシーの方がちょっとスローペース(そういえばスロースターター気味でした)でニューカッスルにも勝ち目はあるように見えましたが、後半ニューカッスル陣でプレーするうちにテンポが上がってきたチェルシーがという感じで、チェルシーは最終戦へとリーグの決着を持ち越しました。28分のオーウェンがこぼれ玉に駆け込んだシュートを防いだテリーは凄かったです。あれは普通そのまま入ります。2点目は3年くらい前のチェルシーの点の獲り方を思いだしました。ゴール前でポンポンとパスを回すやつ。逆にバラックが撃つタイミング遅れたのとかアネルカの体の使い方とか、もし今のがドログバだったら入れてたかもというのも多くてドログバの存在感の大きさも感じました。ランパードが入るとやっぱりちょっとチームの雰囲気が変わります。グラント監督、笑ってても顔こわいのね……。Rating
スポンサーサイト



新城 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |