FC2ブログ
2008/02/24




Newcastle 1-5 Manchester U


最初の10分くらいはエンゾグビアが上がって行ったり積極的な流れ。あちらの時刻は夕暮れ時。25分にロナウドのクロスに合わせてルーニーが1点目。ニューカッスル、ボール持ってるときでも何だか慎重すぎて時間だけ過ぎてたりします。流れは基本マンUのまま。最終ラインからのロングフィードの質の差が大きいです。それ受けてさくっと攻撃組み立てる前も勿論技術があるわけですけど。うーん。あとニューカッスルがボール失うのでそれも。45分のゴールも手慣れてます。

後半、やっぱり鼠径部の状態が芳しくなかったらしいギブンに代わってハーパー。52~54分と立て続けに攻めに入って後半も頑張れるかと思ったら、56分にあっさりロナウドに追加点。飛び出したハーパーを軽く交わして自然に入れていきました。この辺でピッチにコーラ?のボトルが中身入りで放り込まれました。60分にバートンに代わってキャロル君が投入。79分にCKからキャロル君に当たったボールがファイの前にこぼれて入れて1点。その直後にルーニーにあっさり返されるのが堪りませんが。サハの5点目で試合終了。


Rating。ユーザーレーティングは散々ですしスカイレートも良くて6と地味に酷いです。そういえば遠目のFK二本くらいダフが蹴ってましたが担当にでもなったのでしょうか。とりあえず1点取れただけ良かったです。この試合は後半が前半に比べて酷いという程でもなかったと思いますし、ニューカッスルは多分点の獲り方を忘れてるんじゃないかなと。アラダイス時も決まった得点パターンがあったかといえばなかったので問題はそこからじゃないかしらとぼんやり考えてます。


見る前にウイイレやった所為かピッチにポインタの幻が見えました。いわゆるゲーム脳という奴でしょか。テトリスとかやった後に目を閉じてもブロックが瞼の裏で動いてるようなあの感じ。
スポンサーサイト



新城 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |