FC2ブログ
2007/01/02





Newcastle United 2-2 Manchester United


いっぱい食わせた食らわせたと喜んでる試合模様でもなかったです。
風邪気味で意識が朦朧とする中で見てる方としてはちょっと大変でした。
まず3分にエムレが鼠径部を痛めて後々まで辛そうにプレーすることに。今日はミルナー君が左におりますね。20分あたりまでは比較的スローペースでマンUが攻めているような感じ。新城も前のシビさん・マルちゃんがDFに近づいてったりしつつ、時折ポンポンボール回して新城の攻撃というような流れ。
守備の方は後ろに数が揃っててもさっぱり安心感がありません。軽やかなわけでなく何か軽い。うー、ほっとくとマンUがノリに乗ってくるぞと見てる側として不安の耐えない時間、32分、左側にいたミルナー君が右上のゴールに向かってステップ踏んで打って、ゴールの右上隅に入れて先制点。まさか先制するとは1-0。何よりボールの軌道が素晴らしいです。
35分、マンUがサハに代えてパク・チソンを投入。交代当初はよくわかりませんでした鼠径部負傷での交代だったようです。37分に新城が前にヒューと出てたところにカウンター食らって左のロナウドがルーニーに流してギャー危ないというところにギブンがすかさず飛び込み事なきを終えたり、試合は一気に加速模様へ(主にマンUが)。で、40分にスコールズがゴール前でボールを持って、軽やかに左隅へ。守備陣は詰めるのが遅いわ三人行っても軽くいなされるわで何だかとても可哀想な感じに。ぐうの音も出ません。未だにイングランド最高のMFはこの人か。1-1で同点。
その後44分にソラーノのクロスにシビさんが頭!としかし正面にいたファン・デル・サールの足に当たって飛んだボールがマンUに帰ってカウンターで危なかったり、45分にパクチソンがポストに当てたりで心臓に悪い前半。


そして後半、始まって早々にスコールズにボールが…5人はゴール前にいるはずなんだけど、なんだけど、居ないも同然で股抜かれてしまってます。1-2。意識も朦朧としてきます。得点後はマンUも多少テンポを落としてきました。
61分にちょこっとルーニーが足首かどこかを痛めたみたい。交代するかな?と思っていましたが、時間が経つにつれ結構平気でプレーしてましたのでそんなに酷いものではなかった様子。
72分、左にいたエドガー君のとりあえず打ってみたようなシュートがスコールズに当たってコースが変わり同点へ。いやー打ってみるものです、2-2。
しかしこの同点によりマンUも再び牙をむいてくる。怖い、怖い。マンUが攻める中でボールを手にいれカウンターを狙う新城という前半とどことなく通ずる構図。
81分、ファウルでマンU側にFK、パーカーにイエロー。蹴ったのはギグスで壁に当たってCKへ。ギグスのボールにロナウドが頭で合わせたのを、ゴール内左に張っていたソラーノが頭で打ち返して危機回避。これは危うく一点物。88分にクリロナがどフリーのパク・チソンに出した時もトラップがちょっと浮いてなかったらと思うと恐ろしいです。ロスタイム中「来るな、来るな」とテレビの前で連呼。祈りが通じたか引き分けで終了。ニューカッスルで一番良かったのはミルナー君だったと思います。


あー、胃が痛かった。普段なら試合後はのんびりKeaneのCrystal Ballのサビを鼻歌ってたりするのですが、そんな余裕も残されません。今仏のレキップ紙のサイト開いたらニューカッスルの写真ですよ。被写体がC・Rっぽいのがどうにもいけません。ミルナー君とはいいませんがせめてスコさんでお願いします。
次の試合は6日のFAカップでアウェーにてバーミンガムと対戦です。



Reading 6 - 0 West Ham U.……ウェストハムに何があったのか。


スポンサーサイト



新城 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |