--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/10/31


マルケスがモウさんに喧嘩売ってたり、モウさんがグジョンセンをダイバー呼ばわりしたりと言うことよりも、新城のパレルモ戦の方が気になってしまうあたり、戻れないところへ来てしまった気が。
というか健康なFWがろくろく居ないんですが新城。またダフでしょうか。
……そもそもリーグ17位の中で呑気にUEFAに残ってていいものなのか。
スポンサーサイト
サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
2006/10/29


Newcastle United 0 - 0 Charlton Athletic


仲良く悲しみを分けあったそうです。
分けてる場合じゃない……しょぼん。攻めてたらしいんですけども。


そのうちこの2クラブで1・2フィニッシュ(降格の)決めやしないかと心配。
チームも3ポイント取れる試合だったのにと凹んでいるようです。
何故にどうしてこうも点が入らないんでしょうか。
新城 | Comments(0) | Trackback(0)
2006/10/26


皆様ご不安カーリングカップ。


Newcastle U. [3 - 0] Portsmouth

48' [1 - 0] G. Rossi
53' [2 - 0] N. Solano
90' [3 - 0] N. Solano


ロッシちゃんおめでとう。ソラーノもありがとう。
ええと、この間の敗戦見てた側としては、
喜びの前に疑問ばかりが浮かび上がるんですが。
次にいつ喜べるかもわかりませんので、
今日のところは素直に喜びを……バンザーイ!




新城 | Comments(0) | Trackback(0)
2006/10/23


+ミドルスブラ 1-0 ニューカッスル(落城寸前)


+一応ノースイーストダービーとなっております。
+新城の連携のなさにはちょっと頭を抱えます。
+ボロもそれほどよくはないんです。
+ちょっとしたことでボール失ったりしてましたし、
+動きに意図が見えないこともしばしばでしたし。
+ただ新城よりは敵陣内での動きに連携が見えると言うか、
+点取れそうな香りがするというか…そんな感じ。
+84分、ヤクブに獲られた時もあぁ、やっぱりとしか思えず。


+新城、選手個々の動きはそれほど悪くないのです。
+ダフとミルナーの両サイドは中々良かったと思いますし。
+ただ、前のほうで一人がキープしてると言うのに、
+敵陣にちっとも味方選手が集まってこないという。
+マルティンスをトップに置いてボール持たすのであれば、
+周りに2人くらいは人員が欲しいし。
+サイドからボールを流し込む形にするのであれば、
+ゴール前で合わす人間が2,3人は欲しいのに、
+カメラには新城選手が2人しか映ってないと。



+割と良かったシビエルスキは右足痛めて途中交代してしまうし。
+そこで大丈夫?と尋ねたくなるようなアメオビの投入。
+ローダー氏が何したいのか未だによくわからないし。
+何でUEFAカップは残ってるのか不思議でなりません。
+そろそろ降格の二文字が背筋を這い上がってきますよ。
+UEFAカップ優勝、しかし降格とかやらかしそうな雰囲気すら。
+……もうどこに希望を見出したらいいのやら。
+全てを擲ってロッシ君先発とかやってみませんか



新城 | Comments(2) | Trackback(0)
2006/10/20



何はともあれ勝ったようでUEFAの方はひとまず安心。
でもリーグの順位どうにかしないと降格候補なんですが。










本職変える日も近いでしょうか。



新城 | Comments(2) | Trackback(0)
2006/10/19



ハーパーがボルトン戦で軽い負傷を負ったということで、
18歳のKrul君に出番回ってくる可能性がなんて記事見てビビッてます。
プレーするのにそれほど問題があるというわけではないらしいですが、
ボロ戦を万全にするためにハーパー休ませるんじゃないかという見方も。







近頃ナントの先発から外れてるストイコヴィッチ君。
これほど黒と黄色の似合う人も居ないと思うんですが。惜しい。




新城 | Comments(0) | Trackback(0)
2006/10/18



アンデルレヒト 0-1 ミラン。

ビグリア(ビリア)ちゃんは元気ですかねと、
注目であろうレアルの方はほったらかしてテレビの前へ。
後半も終わりのあれ入ってりゃと思いはしますが、
仕方ないと言われれば仕方ない試合でしょうか。
10人にしたまでは良かったと思ったのだけど。
点獲られたらもう、ね、なんというか……カカは神か?


守って守って守って守って攻めるが主体からかもしれませんが、
敵陣の半ば辺りでボール出すのに時間掛けすぎと言うか、
縦へのボールの動きが少なく、かといって横に広げるでもなく、
幅も勢いもない煮え切らない攻めが目立ちました。
前はそうでも無いですが、中盤でゆっくりしてる上に、
テンポに変化もないのでミランとしては守りやすかったでしょう。
中盤のパス精度に関してはかなり高く見えましたし、
前と連動しての動きと攻めの一貫性があればというところ。
後もうちょっと攻撃に人数掛けても良かったんじゃないかと。
ビグリアも試合を通してよく動いてたと思うし……。
カウンター基本にしたってもう少しオプションは必要。
と、アンデルレヒト側にちょっと思いつつも、
カカのシュートには流石の一言です。






W杯でクロアチア見ててカカに泣かされた記憶が蘇りました。
あの時も敵ながら憎たらしいほどに鮮やかでしたねぇ。
そしてクロアチアとアンデルレヒトは何かが被る。


サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
2006/10/16



先制はしたものの、後半に素敵に無敵に、
ディウフ様劇場が展開された模様です。



新城……ほんと勘弁してください。






ツェフが思ったより重症という記事を見て更に真っ青。
頭蓋骨陥没……回復を祈るばかりです。



新城 | Comments(2) | Trackback(0)
2006/10/15



+リバポ×黒板。前半。
+点獲られた後、リズムの悪さからか、
+とりあえずボール回してる赤いDFさんたち。
+ボールよこせやーとその周辺を動き回ってる例のあの人。
+なびく髪がまるでナマハゲ。
+その存在感たるや、りばぽにCHが居ないと思わせるほど。
+(持たせたら何するかわかりませんもの)
+苦し紛れに前にロング出してみたり、
+サイドにとりあえず渡してみたりする赤いDFさん。
+即座に全員守備に入る黒板。と、もちろん例のあの人。


+ボール持つ時間は少ないものの、
+しつこくシンプルに裏を狙う攻撃。
+ほぼワンタッチでゴール前に流す……ああ、良い。
+リバポの方は守備も後手後手に回っており、
+大丈夫ですかと大分心配になりました。
+サベージが素敵に無敵な前半。



サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
2006/10/13


Independiente: Comparada desmintió reuniones por Ustari

Ustari: "Todo lo que sé es por los diarios"


ひとまず決着と見て良いものか……バルサの金庫次第。



サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
2006/10/12


EURO予選。愛蘭 1-1 チェコ。
一点取ってからすぐ取り返される辺りがとってもらしいなーと……。
前半チェコ側にこれは入るだろうと言うのもあったらしいですが。
愛蘭、怪我人どっちゃりの中でも、内容は決して悪くなかったようです。
コラーは流石。素敵。惚れる。今後もよろしくお願いします。






クロアチア、イングランドに勝ってますね。
イングランド3-5-2……? 再放送で見ようかと思います。



サッカー | Comments(3) | Trackback(0)
2006/10/11





そして拾い物の合成写真。





うーん、パラシオは微妙だと思う。


サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
2006/10/11


Duff lambasts 'shocking' Republic








見てるこっちもしょぼくれてくる。






サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
2006/10/08


Sky Sports Rating



採点も散々なことに。6が最高……その6もダフしか居ない。



さてアルヘンリーグ、インデ、ゴドイ・クルスに3-1で負け、
ゴドイ・クルスに今季初白星を与える結果に。えぇー。
どれだけざるなんでしょうか、インデディフェンス。
しかもゴドイ・クルス側、後半一人退場してますし。
新城に負けず劣らずインデもネタ路線を……。


サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
2006/10/08



アウェーキプロス戦。5-2。何があったかわかりませんが恐ろしい結果に。
顔から血の気が引き凍りつきながらライブスコアを見つめる数十分間。
詳細は追い追い各所で出てくることでしょう……(魂の抜け殻)。


チェコはサンマリノに7-0。バロシュ2ゴール。コラーも2ゴール。



サッカー | Comments(2) | Trackback(0)
2006/10/05


ストーントン監督はキプロス戦及びチェコ戦に向けて、
ケビン・ドイルが足首を負傷している件で、
ロビーと誰を組ませるかのオプションについて思考中。
場合によってはダフがFWやる可能性もあるらしいです。

キプロス戦についてはドイツ戦と同じようなテンポで攻撃すれば、
特別な問題はなく勝てるだろうと考えているようですが、
アイルランド代表のここ3試合の無得点が気になっているそうです。

チェコの方は久しぶりにバロシュも招集。
ダブリンでの次々戦は双方にとって大事な一戦。


Given targets return (Sky Sports)
リハビリ中のギブンは今月中に復帰したいと考えている模様。
愛蘭代表 | Comments(2) | Trackback(0)
2006/10/04




CONEXIÓN ARGENTINA (El Mundo Deportivo)



さて、近々行われるリーベル×ボカのスーペルクラシコ。
そこにバルサのチキ・ベギリスタイン氏が見に来るという話。
(なんか既にブエノス・アイレスに居るみたいです)
ガーゴとパラシオ見て、ついでにアベジャネダ寄って、
ウスタリの状況を確認するんじゃないかとのこと。

強豪クラブが軒並みブエノス・アイレス周辺にあるが故に、
あっち見てこっち見て、ついでにそっちもという。羨ましい。
ベルグラーノから南下してボカ、更に南下してアベジャネダなら無駄がない。
もう2007年に来るような雰囲気で書かれてます……。
(ベンゲルさん、もうちょっと粘って!)


パラシオはともかくガーゴちゃんにはレアルが惚れこんでるので、
偵察と牽制の意味合いが強いような気がします。
レアル側も南米に人を送ってるという話もあるようだし、
ガーゴ本人は夏の時点でレアル話に相当乗り気だったし。
こちらも2007年から?なんて話も一部で囁かれてます。
ボカのマクリ会長はすっかり諦めモードに入ってるので障害もなし。
2大クラブの南米戦線は過熱する一方らしいです。



サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
2006/10/03


と、UEFAカップのグループリーグの組み合わせが決定してますね。
()内はFRでの合計スコア。


Group H
新城 (1-3)
セルタ (0-4)
パレルモ (0-4)
フェネルバフチェ (5-1)
アイントラハト (6-2)

4試合戦って上位3チームに残れば良いようです。
ここら辺まで来ると大分有名所も出てきてます。
あー、何とも知れないところとやるにも不安なのに、
多少知名度上がってくるとそれだけで不安です。

その他グループをちょこちょこ確認。
A、マッカビ・ファイハとレンジャース。
B、レバークーゼン、ベシクタシュ、ディナモ・ブカレスト、トッテナム
C、セビージャ、AZ、グラスホッパーズ
D、パルマ、フェーレンフェーン、オサスナ
E、フェイエ、バーゼル、ブラックバーン
F、アヤックス、スパルタ・プラハ、エスパニョル
G、パナシナイコス、PSG、ラピド・ブカレスト

レバークーゼンのラメロウさんはご健在のようで嬉しい。
ファーストラウンドでの得点数は、アヤックスの2-9、グラスホッパーズの0-8…
ディナモ・ブカレストの4-8などが目立ったところでしょうか。
新城、大丈夫かな……(遠い目)。


新城 | Comments(0) | Trackback(0)
2006/10/03


マンU戦見てからローテンション継続中です。



新城にはサイドに攻撃的な人材が多く居ることがまず言えるので、
サイドから上がるシーンというのは結構な比率を占めます。
サイド攻撃の利点というと、ピッチを広く使えることですが、
新城は横の連携が成り立ってないので、サイドチェンジなど、
ピッチを広く使える利点がそもそも成り立たない状況。
何のために上がったんだというような場面も多くあります。

サイドからボール運んできて真ん中で回そうにも、
CHが容易に上がれるチーム事情(DF事情)にないので、
相手からすれば注意するのはほぼアメオビ一人という楽な状況に。
そもそもサイドすら碌々上がってられない時間もかなりあり、
新城にはSBが4人居るといっても決して間違いではないのです。
(途中から見て、SBとSHが誰かわかる人は結構な少数派かと)

人数居ないと点は取れない。前に人数割くと後ろが守れない。
となると予め攻撃に必ず参加する人間と人数を決めて、
その数人の連携と決定力を高めるという裏技が。
守ろうと思っても守れない人を前に回して万事解決。
……すれば話は早いんですけども。素人考え終了。

そもそもローダー氏が何をしたいのかすら、
ここまできてもはっきりしてないのです。




新城 | Comments(0) | Trackback(0)
2006/10/02



夢にまで新城出演で頭が不鮮明なことに。
あの試合を改めて見る勇気はありません。
次負けたらそろそろローダー氏も危ういでしょうか。


さて、気を取り直して。インデ3-0でヒムナシアに勝利。
近々新設移転も考えられていたというスタジアムが一足先に崩壊。
ラシンのホームをお借りしての試合だったようです。
得点者はソーサ、モンテネグロ、オルテマン。

ボカはベレスに3-2で勝利。途中経過ではベレスが勝ってたんですが……。
カード乱発の荒れた試合だったようです。ボカ一人ベレス2人にレッドが出てます。
リーベルはベルグラーノと1-1で引き分け。
サン・ロレンソのホームでエストゥディアンテスが0-1で勝利。
ボカ22Pt、リーベル18Ptの下、16Pt得失点差でインデが3位に浮上。
下に同Ptでエストゥディアンテスとサン・ロレンソが……怖い。

次週、インデはゴドイ・クルスと。下位に居ますが失点の少なさは侮れません。
(8週にバンフィエルドに3点取られてちょっと霞んでますが)
ただ得点数が未だ3というなんだかよくわからないチームでもあります。
リーベル×ボカのクラシコも次週に。今後を占う大事な一戦。
これ勝っちゃうとボカがトントン拍子に行ってしまう気がします。



サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
2006/10/02



+まんう 2-0 新城


レーティング。ほぼ反省会直行コースを食らってしまいました。
+よろよろと意識が朦朧としつつも整理してみます。
+中盤どっちりにアメオビの1トップ。ほぼ全員守備の新城。
+ボール持っても無理に攻め上がる所を見せなかったところをみると、
+カウンターということもないようで、引き分け狙いらしいです。
+1972年以来オールド・トラッフォードで勝ってないそうなので、致し方なし。

+最初の方はマンUもそこまで仕掛けて来ず、選手の状態を見ているようにも。
+ルーニーの的外れ具合とか調子の悪さは実によくわかりました。
+そしてロナウドの身のこなしだけでもわかる好調ぶり。気分は上々か。
+一点目はロナウドのノリノリキレッキレシュートがポストで跳ね返り、
+それを前に控えてたスールシャールが入れる形。
+ロナウド、この試合でもバーやらポストやら当てまくり、
+わざとやってるんじゃないかとも思えるぐあいで、
+あんまり去年と変わってる様にも見えないんですがとにかく切れてました。

+対する新城。
+ボール持って割と上がっていくのはミルナーだったわけですが、
+とりあえずボールが手に入ったので上がったというよな、
+計画性とかそういったものある上がりではなく、
+ほぼ例外なく、ボール支配権はマンUへとリターン。
+点獲られた後は、チームも攻めようと思ったのかもしれませんが、
+そもそもボール持てないので何をどうしたら。
+前に向かって短絡的に繋ぐばかりで横への振りがなかった。
+CKもダフにエムレにと蹴る人材には困ってないんですが、
+ターゲットが誰なのかいまいちわからない状態。
+後半投入のマルティンスもボールが前に来ないので存在感無し。


印象に残ったものとかこととか。ロナウドのニカニカ悪童スマイル。楽しそうにやってました。スールシャールのきらきら笑顔。アイマール、カカにも未だ負けじ。この上なく上機嫌な赤ら顔ファーガソン。エインセはハムストリングを痛めたようです。ハムストリングは癖になるという話を聞きつつ、ダフは思いっきり癖になってるんだろうなと意図せずしょんぼり。観客動員数がアーセナル戦を越えたらしいです。きっとお客様も満足して帰られた事と思います。


新城 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。