FC2ブログ
2006/09/28


+ブレーメン 1-1 バルサ。
+フリ、メルテ、ボロ+クローゼにヂエゴと、
+割と好みの選手が揃ってるのでブレメン寄りで見てました。


+バルサ、ロナウジーニョの調子が良くない。
+モッタが試合通して邪魔だの遅いだのボロクソ言われてました。
+バルサが後ろでしかボール持てない時間帯が長く続いており、
+二点目を取るのに決定的なチャンスも何度かありました。
+ボロウスキ、あれは決めて欲しかった……。
+バルサはエトーが怪我で交代し決定力のある選手が消え、
+ずっとブレーメンが試合を握っていただけに、落胆は大きい。
+うーん、ああいう状況だと決められてしまいます。
+「もうロスタイムしか残ってねえ」と思ってたに違いない。
+試合後、ヂエゴとロナウジーニョがユニ交換してました。


+敗因(負けてはいないんですが負けと同義)。
+去年に続いてのチーム全体の詰めの甘さ。何故に。
+そもそもドイツ代表は国際大会以外は基本的に緩め。
+そして代表の中心選手(or 後の中心選手)を抱えるブレメン。
+詰めが甘くないわけはないようなそうでもないような。
+まだ可能性なくなったわけではないので頑張って欲しい。
+ライカールト氏の選手交代はどうも柔軟性に欠けました。
+素直にジニョさん代えたらよかんべ、とか思ってたんですが。
+そのうちドリームチームと心中しないかと余計な心配を。


+その他。
+インテルは何をやってたんでしょうか。
+クラウチはどうも妙な時に点獲ります。
+CLはさておき、新城はUEFA杯を頑張って。



スポンサーサイト



サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |