FC2ブログ
2006/09/21


インデ側は今のところウスタリを売る気はないのに変わりはないらしいです。
この間も1000万ドル以下のオファーは受けないとか言ってましたし、
そんなに簡単に意見はひっくり返らないと言うことでしょうか。
といっても引き止め続けるのに限界があることは悟ってそう。
バルサの切望具合は一種恐ろしいものがあるようです。
やっぱり以前の見込みどおりあと1年でインデの壁も決壊でしょうか。
そ、それまでにインデでタイトルを……期間短いよ。


クラブを続けるには選手を売るほかない南米クラブの悲しさ。
明日の選手の契約がどこにあるかなんて誰にもわからないのです。
売れる時に売っておかないといつクラブが潰れるかも知れません。
そして数倍の給料を夢に見て、選手たちは出て行くのです。


去年のインデの主力でありワールドユース優勝メンバーだった、
アグエロとビグリアがまず手始めに出ていきましたし、
ボカも目立った選手はインスア、ビロスと出て行きました。
ガーゴだって引き止めるのはどうみても1年が限界
(こちらにはレアルが大層惚れこんでおりますから)。
パラシオにしたってまだまだ外へ出て行ける年齢です。
もう少し居られないものでしょうか。



というかやっぱりバルサよりアーセナルに行ってほしい。
しょたこんべんげるさん、もちょっと粘ってください。
レーマンもそろそろ寿命の終わりにいるわけですし。



スポンサーサイト



サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
2006/09/21


+リバプール 2-0 ニューカッスル
+戦前、ブクメに賭けるとしたら2-0でリバポだと、
+新城贔屓の私でも思っていたこの対戦。
+何故かと言ってしまいますと、
+新城は守ろうとしても、自陣に何人居ようとも守りきれない。
+攻めるにしてもキープ力のある選手はあまり居ないので、
+ボール奪われれば一瞬でリバプール攻撃モードへ移行。
+と8割方リバプールが勝つだろうと予想。概ね予想通り。

+前半、新城引き気味。と言うかリバポが持ちすぎててそうなっているだけかも。
+リバプールはボールを失わないという意識が第一にあったように感じました。
+と言って消極的ではなく、長く相手に危機感を与えつつどう生かすかという方向。

+そんなわけで中盤も殆ど下がり、前に1人か2人かという状況の新城。
+全くと言って良いほどボールが回ってきません。
+回ってきても、新城はサイドからボールを運ぶのが中心。
+スペースがあればウェスト・ハム戦のようにそこから中へでも良いんですが、
+スペースも選手もないので、ボールを逃がそうと回すうちに、
+選手同士が互いの位置把握が出来てないので、あっさり奪われ、
+また攻撃権はリバプールへという繰り返し。
+中盤が殆ど下がった状態なので、真ん中がとにかくすかすか。
+ダフもちっとも。と……そんな感じだったように思います。

+一点取られたらほぼ負けは回避不能だというほかなかったです。
+ジェラードは今日もあまりよくなさそうでしたが、
+リバプール全体が、攻めつつ勢いをつけていったので特に問題なし。
+一点はもう仕方がないと攻められるのに慣れた頃にやってきました。
+一瞬を逃さないと言うのはこういうことですかと、カイトが得点。
+今日も、ボールを常に意識したプレーをしていたので、この得点も納得。
+その後、少し試合としては荒れた感じに。小競り合いも少々。

+後半からは自棄になって抹茶どら焼きに溺れてました。
+新城が先制されるたびにこれだと今年は確実に太ります。
+あのゴールを見てシャビ・アロンソを初めて憎いと思ったり。
+なんであんな後ろから打ってくるんですか……。
+選手個々の視野の広さが試合にはっきり出てしまった気がします。
+守ろうと思っても守れないのは証明されてますから、
+もう少し真ん中に人員を割いた方が良いような。
+選手、サポ共に立ち直るのに時間を要する気がしてなりません。
+リバプールはこれを機会に浮上してくるかもしれません。
+……心はイエロー・サブマリン。むしろタイタニック。



新城 | Comments(2) | Trackback(0)
2006/09/21

アーセナル参戦?


さて、インデの会長の1000万ドル以下では売らない発言により、
ひとまずのインデ残留が決まり、静まり返っていたウスタリ争奪戦線。
ちょっとレバンテがどうとかと言う話はありましたけど。
スペインAS紙の下の記事からアルヘン本土へ再点火。
USTARI ES EL PORTERO QUE QUIEREN BARÇA Y ARSENAL

今度はアーセナルまで絡むんじゃないかなんて話まで出たせいか、
順調に国土横断炎上を開始しているようです。
記事によればバルセロナがウスタリの俊敏性と将来性に惚れこんでるそうですが、
それを狙うのはバルサだけではなく(?)アーセナルと衝突かと言う流れ。
ただ、流れはバルサの手中にと言う感じなんでしょうか?



サッカー | Comments(2) | Trackback(0)
 | HOME |