FC2ブログ
2006/09/11


Bramble a thorny issue for Roeder (Times Online)
タイトルからして容赦なし。



インデペンディエンテはラヌスに2-4で勝利。モンテネグロ2得点。
前半18分にラヌスのファビアーニが退場、その後2点を先制しますが、
ラヌスに追いつかれ、その後もう2点入れてという展開だった模様。
勝ったとなれば気になるのは現在ダントツ一位のボカです。
バシーレ氏はこの試合でボカの指揮から降りるようで、
後任はドイツでメキシコ代表率いてた髭の人ことラ・ボルペ氏です。
そんなこんなでヒムナシア・ラ・プラタ×ボカ。しかし中断。


えーと、中断理由についてボカの副会長?Pedro Pompillo氏は、
レフェリーのヒメネス氏がヒムナシアの会長ほか数人に脅され、
試合を再開しないことに決めたと言ってるみたいです。
それに対してヒムナシア会長の方は誤解だといってる模様。
ただ審判控え室に行った(?)のは事実らしく、
軽率な行動だったと責任を認めているという話……らしい。


状況は、前半にヒムナシアがシルバのPKによって1-0でリード、
しかし、ヒムナシア側には前半だけで6枚のイエローカードが出されており、
こんなんで試合できるかよと観客も荒れ模様だったようです。
……南米って何かと試合の中断多いです。
ということですが、15ポイントのボカの一位は変わらず、
その下に13ポイントでインデ、リーベル、サン・ロレンソの順でズラリ。
モンテネグロが得点ランキング6点でパレルモと並んで一位となってます。
インデの次のお相手は……サン・ロレンソ。もりもり2位対決。



スポンサーサイト



サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |