FC2ブログ
2006/07/01

ドイツ×アルゼンチン




ドイツ 1-1 アルゼンチン(PK戦 4-2)


整理をつけるために書いてるので、普段と文体違います。


前半はアルゼンチンが試合を握っていた。
アルゼンチンは、GKのアボンダンシエリでも、
DFのアジャラでも、前線に正確なパスを出すことができる。
ドイツDFに前へ正確なパスを通す能力はない。
そのため、攻めるにはボールを追いかけ、走り回り、パスを出し、
どうしたって人数と体力が必要になってくる。
アルゼンチンは、ボールに関わる人間は数多くいるが、
リケルメを中継点としておくことで、
緩急をつけたボール回しで、体力の消費を抑えることができ、
長くボールを持ち続けることで、ドイツの選手を後ろへと押し込み、
精神的な疲労感を覚えさせていた。
全体的な体力と若さはドイツが上回っているので、
アルゼンチンは、そのうちの幾人かを前半の内に疲労させ、
後半につなげるつもりだったんだろうと思う。


実際にそれは上手く行っていた。
アルゼンチンはCKでアジャラの頭から先制し、
時間が進むほど、アルゼンチンが優位に立っていくように見えた。
勿論、ドイツは攻め続けているが、
常とはいえ何処となくDFあたりが危なっかしい。
きっとアルゼンチンがドサクサ紛れに追加点を入れて、
終わってから見たならば、完勝で負かすのだろうと思った。


70分前後にアボンダンシエリが脇腹を痛め、GKがフランコに代わる。
そのすぐあとにリケルメと交代でカンビアッソが入る。
79分に、クレスポに代わりクルスが入る。
80分、ドイツが頭で上手くボールをつなぎ、クローゼが同点に。


この時間帯での得点でゲームは一気に総力戦の色が濃くなる。
アルゼンチンに、リケルメという中盤の核はもう居ない。
ターゲットとしてのクレスポも居ない。
フランコにはゲームを作る為の早いテンポでのキックがない。
クルスにFWとして点を取る雰囲気はない。
アルゼンチンは早くにゲームを安全な方向へと纏めすぎ、
得点の香りから、あまりにも遠ざかってしまった。


こうなったらドイツは強い。どうしてか強い。
根性だけで動いているような選手が相当居る。
そもそも若さと根性が売りのチーム。
そうなったら、アルゼンチンは曲芸じみたゴールを期待するしかない。
そんなものが簡単に生まれるかといえば生まれない。
ロドリゲスも今日はやってくれなかった。


PK戦は割愛……。


スポンサーサイト



サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |