FC2ブログ
2006/06/25


ダフとジェレミ、抱き合わせセット、スパーズお問い合わせ中
・・・・・・ダフが幸せならもう何処でもいいから早く決めちょくれ。
今のチェルシーにはロッベンすらもさして必要ない気がします。
ズンドコ異常なクラブへと進化を遂げています。
もう既に犬夜叉の奈落のノリですよこれは。


スポンサーサイト



サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
2006/06/25

アルゼンチン×メキシコ

アルゼンチン 2-1 メキシコ


迷わず突っ込めメキシカンがキーワード。
開始早々前へゴリゴリメキシコ。
アルゼンチンのことよくわかっているのか、
自分たちのことをよくわかっているのか。
好きにさせるかとばかりにゴリゴリ。
大変わかりやすいだけに怖い。
6分、それでFKから頭で一旦浮いたボールにマルケスが突っ込んで先制。
その後の10分、アルゼンチンもCKからクレスポ
(もしくは一緒に突っ込んだボルヘッティのオウン)で同点。
あー、これで一安心と思ったところ。

しかししかし、メキシコのゴリゴリ路線に乗せられペースが作れないのか、
アルゼンチン攻守の切り替えの遅さが目立つ。
たまにボールが自分たちの物になっても、
呆けっとしてるうちにまたメキシコに持たれていたりします。
殆ど引いて守ってるという異常な状態。
誰でも彼でも出て行けるのがアルゼンチンの持ち味じゃないのか。
前半終わり近くのエインセがボンボンのなんでもないパスを受けそこね、
レッド寸前のファウルで止めてイエロー貰ったのがアルゼンチンの前半を象徴してます。
よくもう一点取られなかったもんだ。

対するメキシコ、戦術徹底してます。
とりあえず前、たまに横。
とりあえず前、たまに横。
マルケスからのロングボールで前へ、
サイドゴリゴリ使って前へ、
飛び出してボール奪って前へ、
セットプレーでもとりあえず(略)、
テクニックでアルゼンチンに対抗しようとは微塵も思ってない様子。
自分たちのゴリゴリで挑戦していく。
そしてきっちり通用してしまっている。
アルゼンチンに精神的優位を与えるなとゴリゴリ。タフ。
マラドーナ氏もパフォーマンスの悪さにうんざり気味です。


さて、後半はといえば、
メキシコは少し運動量が落ちたかなとは感じるものの、
何でそんなとこ居んの?という守備およびカウンターは健在。
いつドリブルするかわからない。
いつボールを出すかわからない。
いつ飛び出てくるかわからない。
そして対するアルゼンチンは、
いつ守ればいいのかわからない。
……最悪じゃないですか。
まだディフェンスのほうも集中力が不足しとります。
テベス、アイマール、メッシともっさり投入も、
メキシコがボールを前に出さしてくれません。


で、今大会初の延長戦突入。やばDVD録画時間が足りない。
そんな個人的なことはさておき、
メキシコは90分の間に怪我によるアクシデントにより交代枠を二つ使っており、
延長戦に向けての体力の準備ができていない状態です。
やはり運動量も減り、判断などは遅れてきます。
今まで先手先手でアルゼンチンを押し込んでいただけに厳しい。
そしてそして、98分、右にいたロドリゲスが、
クロスを一旦トラップしてから左足によるボレーシュート。
それが決まってアルゼンチン2-1。
それから先は予想の通り、アルゼンチンのキープによって、
時間は刻々と失われ、アルゼンチンが辛くも勝利という形となりました。



サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
2006/06/25


ドイツ 2-0 スウェーデン


……ドイツがますますわかりません。
クローゼさん劇場がキーワード。
相変わらず守備は穴だらけもいいとこなんですが。
ボール回しまくって嫌がらせするでなし、
こぼれ玉奪ってカウンター仕掛けるでなし、
時折ぽけっとつっ立っててボールを奪われはするという。
「え、なにこれ」という場面が今日も数多く。
前にまだ人材がいることが幸いしてるんでしょか。
基本的に若いだけあって元気は良いし。
あー、クリンスマン監督はすごく可愛い人ですね。
ズラトコさん亡き今リアクション王は彼の手に。



笑顔でレッドを出す審判さんに真のサディズムを見る。



サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |