--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2006/06/30




アルゼンチン代表。PKの練習なんかしてたらしいですね。
皆さん結構クロスバーに当たったりとかしてるみたい。
ソリンとマスケラーノが止められたそうです。
この結果ってPK戦の順番に関係してくるんでしょうか。


スポンサーサイト
サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
2006/06/28



終わってみれば3-0で、ロナウドの首も繋がった。
ガーナ、前半に一点返しておけなかったのが痛かった。

アフリカ枠の今後が気になる今日この頃。
次の大会はユースの結果からするとナイジェリアが強そう。
アジア減らしてアフリカとヨーロッパと南米に分配でいいよ。



サッカー | Comments(2) | Trackback(0)
2006/06/28

ブラジル×ガーナ



+前半終了時点で2-0でブラジルです。

+で、
+ガーナ気持ち悪ッ!
+チェコ戦よりよほど気持ち悪い。
+ボール失わないわ、
+パスは細かく繋がるわ、
+シュートも中々いいとこ行くわ、
+相変わらずよく動くわで、
+ブラジルたじたじ。
+見てても面白いです。
+もうボールより早く走れそうな気がする。
+奇跡的に点が入らなかっただけで。
+実に短い四十数分間でした。
+ブラジル相手にポゼッションで勝つなんて変だ。
+もうみんな変態だ。
+実に筋肉も柔らかで、
+特に膝の下がよく曲がっております。
+あー、2点くらいならどうにかなるかもしれん。
+後半が実に楽しみです。



サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
2006/06/27


イタリア勝ったー。1-0で。
結局カテナチオ脱却なんて戯言で終わるんだろうか。
もう見る側として延長覚悟だっただけに気抜けましたよ。
今回もある意味マテラッツィ祭りでした。わっしょい。
もう裏マン・オブ・ザ・マッチ間違いなし。
表はブッフォン、無難な選択肢ですこと。


サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
2006/06/26


マニシェは代表ユニだと途端に可愛く見えますね。
あーちょっとお気に入りですよ。代表マニシェ。笑顔がとっても良い。
マニシェ、今度はもうちょっとユニ似合うクラブに行ってください。



代表限定でマニシェを応援することに決めてみました。
えっと次戦は……イングランドかぁ。
代表マニシェの魅力に気づいた途端に困難が降ってきました。
いや、イングランド、タレントは屈指のはずだけど他は全然。
……でも、デコなしでどうしろと。


それとは関係なく、スカパで昔のUEFA CUPを見てたんですが、
ナダルという選手が・・・・・・調べてみたら、
やっぱりラファエル・ナダルの親戚さんでした。ほぉ。



サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
2006/06/25


ダフとジェレミ、抱き合わせセット、スパーズお問い合わせ中
・・・・・・ダフが幸せならもう何処でもいいから早く決めちょくれ。
今のチェルシーにはロッベンすらもさして必要ない気がします。
ズンドコ異常なクラブへと進化を遂げています。
もう既に犬夜叉の奈落のノリですよこれは。


サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
2006/06/25

アルゼンチン×メキシコ

アルゼンチン 2-1 メキシコ


迷わず突っ込めメキシカンがキーワード。
開始早々前へゴリゴリメキシコ。
アルゼンチンのことよくわかっているのか、
自分たちのことをよくわかっているのか。
好きにさせるかとばかりにゴリゴリ。
大変わかりやすいだけに怖い。
6分、それでFKから頭で一旦浮いたボールにマルケスが突っ込んで先制。
その後の10分、アルゼンチンもCKからクレスポ
(もしくは一緒に突っ込んだボルヘッティのオウン)で同点。
あー、これで一安心と思ったところ。

しかししかし、メキシコのゴリゴリ路線に乗せられペースが作れないのか、
アルゼンチン攻守の切り替えの遅さが目立つ。
たまにボールが自分たちの物になっても、
呆けっとしてるうちにまたメキシコに持たれていたりします。
殆ど引いて守ってるという異常な状態。
誰でも彼でも出て行けるのがアルゼンチンの持ち味じゃないのか。
前半終わり近くのエインセがボンボンのなんでもないパスを受けそこね、
レッド寸前のファウルで止めてイエロー貰ったのがアルゼンチンの前半を象徴してます。
よくもう一点取られなかったもんだ。

対するメキシコ、戦術徹底してます。
とりあえず前、たまに横。
とりあえず前、たまに横。
マルケスからのロングボールで前へ、
サイドゴリゴリ使って前へ、
飛び出してボール奪って前へ、
セットプレーでもとりあえず(略)、
テクニックでアルゼンチンに対抗しようとは微塵も思ってない様子。
自分たちのゴリゴリで挑戦していく。
そしてきっちり通用してしまっている。
アルゼンチンに精神的優位を与えるなとゴリゴリ。タフ。
マラドーナ氏もパフォーマンスの悪さにうんざり気味です。


さて、後半はといえば、
メキシコは少し運動量が落ちたかなとは感じるものの、
何でそんなとこ居んの?という守備およびカウンターは健在。
いつドリブルするかわからない。
いつボールを出すかわからない。
いつ飛び出てくるかわからない。
そして対するアルゼンチンは、
いつ守ればいいのかわからない。
……最悪じゃないですか。
まだディフェンスのほうも集中力が不足しとります。
テベス、アイマール、メッシともっさり投入も、
メキシコがボールを前に出さしてくれません。


で、今大会初の延長戦突入。やばDVD録画時間が足りない。
そんな個人的なことはさておき、
メキシコは90分の間に怪我によるアクシデントにより交代枠を二つ使っており、
延長戦に向けての体力の準備ができていない状態です。
やはり運動量も減り、判断などは遅れてきます。
今まで先手先手でアルゼンチンを押し込んでいただけに厳しい。
そしてそして、98分、右にいたロドリゲスが、
クロスを一旦トラップしてから左足によるボレーシュート。
それが決まってアルゼンチン2-1。
それから先は予想の通り、アルゼンチンのキープによって、
時間は刻々と失われ、アルゼンチンが辛くも勝利という形となりました。



サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
2006/06/25


ドイツ 2-0 スウェーデン


……ドイツがますますわかりません。
クローゼさん劇場がキーワード。
相変わらず守備は穴だらけもいいとこなんですが。
ボール回しまくって嫌がらせするでなし、
こぼれ玉奪ってカウンター仕掛けるでなし、
時折ぽけっとつっ立っててボールを奪われはするという。
「え、なにこれ」という場面が今日も数多く。
前にまだ人材がいることが幸いしてるんでしょか。
基本的に若いだけあって元気は良いし。
あー、クリンスマン監督はすごく可愛い人ですね。
ズラトコさん亡き今リアクション王は彼の手に。



笑顔でレッドを出す審判さんに真のサディズムを見る。



サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
2006/06/24


決勝トーナメント組み合わせ決定。


○ドイツ×スウェーデン
○アルゼンチン×メキシコ

 イタリア×オーストラリア○
○スイス×ウクライナ

○イングランド×エクアドル
○オランダ×ポルトガル

○ブラジル×ガーナ
○スペイン×フランス


勝ちそうな国の方に○付けたらえらい偏り具合。
オーストラリアにはキューウェルに期待をこめて○。
オランダ×ポルトガルが面白くなりそう。穴だらけ。
優勝は希望含めてアルゼンチンを押しておきます。




サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
2006/06/23



+クロアチア 2-2 オーストラリア


+勝たなきゃ駄目なクロアチア……だったのに。
+アルゼンチンとの親善試合の時の印象が強く、
+どんなに体を張ってよく守ろうとも、
+トマスのことはあまり信用してませんでした。
+ただでさえオーストラリアが盛り返してきてたって時に、
+うん、ハンドでPK与えるって、君はアホか。


+後半30分にも似たようなハンドがあったり。
+懲りろ。罪悪感に押し潰されたらいい。
+能天気な顔の造りしやがってからに(言いがかり)。
+後半ニコ兄さんが一点返したから良いものの。
+さすがニコ兄さん、同じニコでも息子とは違います。
+でも、勝ちが少しずつ見えてきた時間帯に追いつかれ、
+クロアチアが攻めあがるあまりファウルも増える。
+退場者が一名ずつ出て、レフェリーまで混乱し、
+退場になる人が退場になってなかったりもしました。
+……後半の残り数分は心臓に悪かった。



+キューウェルがゴールを決めてくれたのは嬉しい。
+喜んでる姿はとても可愛い。めったに見れませんし。
+めったに点入れないから。悲しい男です。
+W杯での活躍も祈っていたし、何で入れられないんだとやきもきもした。
+でも、モドリッチもニコ兄さんも息子も美脚自慢のスルナも
+過剰リアクションのズラトコ監督もここで見納めかと思うと。
+クロアチアもチェコと同じくベテラン勢が代表を引退するころ。
+息子とモドリッチ君とスルナに頑張ってもらいたいです。
+キューウェル、マン・オブ・ザ・マッチおめでとう。


+息子交代の際に「今日は消えてました」と実況さん。
+息子が消えてるのはいつものことです。ほぼ日常です。
+今日も仕事はミドル一本打っただけです。マスコット街道。
+これで勝ってれば……良かったんですけどね。
+決勝トーナメント、ガーナとオーストラリア、
+そしてアルゼンチンを応援する方向に思考を持って行こうかと思います。
+やっぱり、好きなチームが居なくなるのは哀しい。


サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
2006/06/23


さよなら
さよなら
さよなら
もうすぐ外は
・・・・・・
涙で前が見えない。
明日も見えない。
これは生で見なくて良かったかもしれない。
録画放送録って、精神的に落ち着いた頃に見ます。


マクブライドは色々なことが報われない人だ。
ガーナのGKの飛び出しのタイミングは良かった。
このグループでなかったら、ガーナを応援したとも思う。
イタリア、ガーナどちらも決勝T、頑張ってください。
縁もゆかりも無いでしょうが、チェコの分まで。


さて、数時間後にはクロアチアモードに切り替えないと。
ズラトコさん、もう息子の実力は十分わかってるので、
モドリッチ君をスタメンで出してくれませんか。


サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
2006/06/21


もう、ドイツがわかりません。
サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
2006/06/19



+フランス引き分けですか。
+やっぱりベテランが中心のチームは勝ちあがれないんでしょうねぇ。
+……あ、チェコもクロアチアもベテラン中心だ。
+困る、すっごい困る。ネドベドもコバチ兄弟もまだ見たいから困る。
+バロシュ見てない、モドリッチ君もまともに見てないのに終わられてたまるか。
+なんとしてでも次勝って!次!!
+だってベテラン抜けたら次のW杯予選上がれなさそうだもの。
+バロシュとロシツキとプラシルで何が出来ると。
+クラニツァルとモドリッチとスルナで何が出来ると。
+想像したら凄く怖くなってきた。4年後。



サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
2006/06/19



+チェコに次いでクロアチアまで厳しく・・・・・・
+そうなのだ、妙なところで妙な結果を。
+これがジーコJAPANの本質じゃないか。この4年間の。
+代表サポもよく耐えたなあと感嘆を禁じえません。
+確かにオーストラリアもそれなりに応援はしてるけども、
+まさかクロアチアの落ちる可能性を考えるわけも無く。
+チェコとクロアチアが抜けなかったらテンションが3割落ちます。



サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
2006/06/18

大荒れ。



+アメリカ 1-1 イタリア


+トッティとデ・ロッシ退場でアメリカが勝てばと不謹慎にも願っていたのですが。
+荒れには荒れましたが、レッドカードが伊1枚、米2枚の計三枚。
+デ・ロッシがマクブライドに肘打ち流血一発レッド。
+それで既にイエロー貰ってたトッティが早い段階で引っ込むことに。
+これだからリッピ監督は。なんて賢明な判断を。


+その後アメリカもレッド二枚とやらかしまして。
+引き分け御の字万々歳。チェコも御の字万々歳。
+ケラーさん、ありがとうございます。
+これでグループ落ちの恐怖はみんなの物です。
+これでいくらかチェコも救われます。
サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
2006/06/18

ガーナ・・・・・・(瀕死)。



+ガーナ 2-0 チェコ


+総評:ガーナはロビーニョが11人居るよ。


+強いのはわかってるつもりでした。
+でも、何であんなにプレスかけて、
+なんであんなにゴチャゴチャ動いて、
+スタミナが切れないのか見てて不思議でなりません。
+チェコも選手層薄いから攻撃できる子が居ないと。
+ゴチャゴチャかき回されてパスもまわせないと。
+ゴチゴチに警戒されてるロシツキが頑張るしかないと。
+そんなの幾らなんだってできるわけが無いと。
+ねぇ?プラシル君。


+ガーナはガーナで、なんでパス受けたらオフサイドになるのに、飛び出してるの。
+そして何で素直にパスを出してるの。5点は入りそうなものなのに。
+体はロビーニョ、頭はクリロナ君。チェコとしては不幸中の幸い。


+このままバロシュ見ないままに落ちられたら、
+もう次はいつ出られるかわかったもんじゃないので、
+イタリアに負けていただいて。怨みは無いんですが。



サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
2006/06/18

サッカー界のマスコット。


+ポルトガル 2-0 イラン

+ポルトガル、点取れるのがデコくらいだ。
+一点目のシュートは最高。ズドッと。

+クリスティアーノ・ロナウドは今日も遺憾なくタコでした。
+2点目のPK蹴ってるあたり多分可愛がられてるんだとは思う。
+今日も「君はパスという言葉を知らんのかね」という直球具合で、
+最後も、なんでオフサイドになるしかないところに突っ立ってるのか。
+全体として、マスコット以外の何者でもない。


+マスコットの条件。
+1.戦力として中途半端か出場機会なし。
+2.動かないボール(CK/PK)を蹴っている。
+3.周りが年長者ばかり。
+4.妙に可愛がられている。
+5.ある意味サポに愛されている。
+6.妙に期待されている。
+7.逆に全く期待されていない。
+8.ルックス(概ね必須)
+9.愛嬌(8非該当者はほぼ必須)
+10.場の空気を読まない。


+ポルトガルのクリスティアーノ・ロナウド(1、2、3、4、5、6、8、10該当)
+クロアチアのニコ・クラニチャル(1、2、3、7、8該当、6も微妙に)。
+スペインのフェルナンド・トーレス(4、6、8、9該当、1も微妙に)
+イングランドのピーター・クラウチ(1、3、4、5、7、9、10該当)
+ドイツのロベルト・フート(1、3、4、5、6、7、10該当)
+チェコのミラン・バロシュ(3、4、5、8、9該当)
+オーストラリアのハリー・キューウェル(5、6、8、9該当)


+4つ該当でめでたくマスコットとして選出されます。
+フートの6、7同時該当は難易度高し。変わった子。
+チェルシーでは文句なしのマスコット。
+最多の8該当はもちろんサッカー界を代表するマスコットC・R。
+バロシュはロシツキ、ツェフがしっかりしてる反動で選出。
+最年長はキューウェル。永遠のアイドル(少年隊か)。




サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
2006/06/17


+オランダ勝った。
+内容は勝ったと軽く言える物じゃ決してないですが。
+これでアルゼンチンとオランダ抜けが確定。
+死のグループと言われつつ本命二つが順当に。
+でもオランダはかなーり危なっかしいなぁ。




サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
2006/06/17


+アルゼンチン 6-0 セルビア・モンテネグロ


+公開処刑。ボコボコにされたセルモン。
+最初で最後のセルモン。さようなら。
+ロドリゲス×2、カンビアッソ、クレスポ、テベス、メッシ。
+アルゼンチン好きとしては、お腹いっぱい胸いっぱい。
+ご馳走様でした。もう何も入りません。
+サビオラは前半出して守備なり何なりさせて、
+後半、テベスとメッシで畳み掛ける感じで今後も行くんでしょうか。


+さて次はオランダ×コートジボワールの新旧オレンジ軍団対決。
+またロッベン大活躍だったら笑いますよ。
+どっちもアウェーユニがわからないんですが何色なんでしょか。
+とりあえずファン様頑張って(ファンばっかりで誰ことなのか)。




サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
2006/06/16


ドイツとエクアドルが決勝T行き決定。
あっさり決まっちゃったなぁ。あのグループじゃ仕方ないですが。

サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
2006/06/15


グジョンセン、移籍決定ですか。
バルサユニ似合わないなぁ。



サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
2006/06/14

うえぇ。


+ブラジル 1-0 クロアチア


+前半は本当に好ゲーム(個人的に)。クロアチアの守りの美しさ。
+連動して細かく動き、選手が付かず離れず隙間を覆い、
+ブラジルの選手を一定のラインより前に入れない守備。
+スピード感というよりは、無駄のないことの早さ。
+ツイツイッとまっすぐに流れるように出されるパス。
+そしてセットプレーの当たればすぐ入るような正確に飛ぶボール。
+ファウルもかなり上手く狙ってくる。
+ロナウドもアドリアーノも居るんだか居ないんだかわからんし。
+ニコ・コバチがわき腹をいため交代したことを除けば、
+それこそ永遠に続けばというような、均整の取れた0-0の40数分間。


+それが破られたのは44分・・・・・・カカ!
+距離は20mくらいか。カカの左足から放たれたシュートは、
+ゴールの左サイドネット近くの空間を、
+巻き込むように内側へと曲がり、
+跳んだGKは、届くはずのない所へ手を伸ばしたままに、
+ゆっくりと、重力によって地面へ落ちていく。
+クロアチアが崩されたというわけではない。
+芸術的な美しいシュートで均衡は破られ1-0。
+FW二人とも置物同然なのに点獲っちゃうんでしょ。


+後半、時間が経つにつれクロアチアは前へと選手を割くようになるころ、
+ロナウドと交代で入ったちょこまかと動くロビーニョ。
+クロアチアは守備のどっしりとした落ち着きがなくなり、
+地面を這うようなボールも切れを失くしだす。
+ブラジル選手へのファウルも、前半と比べ余裕がない。
+攻撃は何処か見当違いな香りを漂わせ、ボールの描く軌道は何より無情。
+決めてくれそうな役者が居ないというか、決められる強かさがない。


+他。
+クラニツァル(クラニチャル)は完璧なマスコット(とCK要員)。
+だって何もしておりませんよ。いつものことですが。
+コバチ兄が居なくなったからか、前へのボール運びが後半かなり酷かった。
+特にスルナが酷かった気がする。一体なんだったのでしょか。
+発炎筒燃えてたり、サポーター乱入したり。ああ、W杯だなぁと感じ入ったりも。


サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
2006/06/13


イタリア勝ちましたか。ここも本命2つが行くのかな。
アフリカ勢、動きは良いけど経験でやられてますね。

何処もここまで番狂わせらしい番狂わせも起こってないですね。
ここら辺でクロアチアがブラジル下すくらいの話題は欲しいもんですが、
ブラジルは11人出しとけば個人でとりあえずは勝ててしまうと。

ブラジル相手に勝てそうな国というと本当にこれといってない。
引き分けに持ち込むチームならあるかもしれない。
だがしかし、駄菓子菓子、ブラジルはPK戦に強いと。
ブラジルにそこまで熱狂的になるほど好きな選手いない人間としては辛い。




サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
2006/06/13

チェコ勝った!!


バロシュが出てなかったのは残念ですが、3-0で勝利。
前の試合で日本にアホアホ言ってた疲れを癒してくれました。
右のグリゲラから絶妙のクロスあり、それにあわせたコラーの頭あり。
ロシツキの美しいミドルあり、その後の後半、引導渡しの一点あり。
ロシツキにワンステップ踏ませれば、何か生みだしてくれる。
そして、何よりスタミナと強固な守りに、
ネドベドが持てばすぐさま前へと動きだす統率性。
攻める機会はそれほど多くはないものの、
決定的なチャンスを作り、そのチャンスを決める。
ロシツキとったアーセナルは相当喜んでるでしょうね。
あー、今やったら確実にオランダより強いです。


ただ、コラーがまた怪我したらしいのが心配。
交代後もチェコにこれといって問題もなかったですけど。
これにバロシュが加わる・・・・・・想像するだけで鼻血が出そう。
アメリカはサイドからの攻撃を完璧に封じられ、
後半若干リズムにのってきたところで留めの一点。




サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
2006/06/13


オーストラリア 3-1 日本


+終わった終わった。

+審判:あまり良くなかった。チャージ!チャージ!
+オーストラリアの方が力でゴリゴリくる感じだったし。
+こりゃあ二点は入るなと思ったけども、中々入らず。
+途中まで日本が勝つんじゃないかとはらはらした。
+何でGK戻る前に打てないんじゃーと日本の誰かさんに言いたい。
+キューウェルは短髪のが男前。愛嬌もあるし。
+誰が3点も入ると思っただろうか。
+上手く行くときゃ行くもので。
+日本は日本で糸が切れたように。
+あそこで出ちゃあいかんだろうと何処かの誰かさ(略)。
+とりあえずオーストラリア、よくやった!!
+2点差=監督の差ということで。小野って何よジーコ。


+オーストラリア、ボールがよく動き選手もよく動く。
+他の試合と比べるとどうにも神聖な雰囲気に欠けましたけども。
+キューウェルものらりくらりしつつ頑張ってください。
+決勝T行きは厳しいと思いますが応援はある程度してます。
+ブラジル×クロアチアも楽しみ。
+クロアチア、モドリッチ君を本来の位置で見てみたい。
+息子がいる限り無理なのか。息子も好きですが。



サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
2006/06/12


一日3試合に既にばて気味。我ながら早すぎる。
途中で目に来て頭が痛くなることもしばしば。


それはさておき、オランダ勝ちましたか。1-0。
試合自体はさして面白くも無かったように思いますが。貴重な勝ち点3。
ロッベンが元気良かったです。後半になってもかなり動いてた。
しかし、輝く若さというよりは輝く頭といった方がしっくりくる悲哀。


他、メキシコが3-1で勝ち。ポルトガルが1-0で勝ち。まあ順当に。



今日の放送予定は揃いも揃って濃いなぁ・・・・・・目薬スタンバイ。



サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
2006/06/11

W杯グループC、アルゼンチン×コートジボワール。


アルゼンチン 2-1 コートジボワール


+面白かった。実に実に。
+気になっていた先発FWはサビオラとクレスポ。ははぁ。
+アルゼンチンは上手かった。何故か結果的に勝っている。
+内容でコートジボワールが劣っていたということでは無く、
+アルゼンチンが決めるべきところで決めるべき人間が仕事をしたという。
+アルゼンチン相手に先に二点取られてしまうと玩具にされるしか道はないわけで。

+後半なんかはクレスポがパラシオと交代したことによって、
+アルゼンチンは前での収まりどころをなくし、
+コートジボワールが攻める機会も相当あり。というか殆ど。
+それでも何故か守れてしまう集中力の素晴らしさと運のよさ。
+うーん強かったです。強いから勝つんじゃなく、勝つから強い。
+皆が皆リケルメの為に動いております。
+後半大分進んだ時間帯でのリケルメのシュートに、
+ロドリゲスが後ろから上がってきて押し込んで、というのはその典型。
+オフサイド判定で駄目でしたがあれはよかった。


+スウェ×トバゴは予想通りに途中で意識が途切れ大半は見てないという。
+10人相手に一点を取れないスウェーデン。
+後半の途中からしか見てないんですが・・・・・・決定機、大分ありました。
+トバゴは良かった。10人でも攻められるところは攻めに行く。
+非常に小奇麗に方向性が統一されていた。いいサッカーするなぁ。
+トバゴが引き分けでかなり喜んでた。まるで勝ったかのような大騒ぎ。
+スウェーデンサポ、まるで負けたかのような落胆具合。
+実にグループをややこしくしてくれました。面白くなってきた。




サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
2006/06/11


イングランド1-0勝利。もうちょっと点入るかと思ったんだけど、入りませんでした。
ベッカムのFKからオウンゴール誘ったあれは上手かった。
誰かに当たれば必ず入るようになってるという。
ベッカム、特に好きでもないけどこういうところは流石だなぁ。

さて、スウェーデン対トバゴですか。途中で寝ないように気をつけないと。
いつの間にか意識がなくなったりしますからね。


サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
2006/06/10


エクアドル勝ちですか。あのグループなら一位抜けかも。


サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
2006/06/10

ドイツ×コスタリカ


+終りました。振り返りつつちょっとメモ。


+バラックが欠場のドイツ。バラック、ニコニコ笑ってる。
+シュバインは相変わらず髪型が微妙におかしい。
+フートと同じくどっかズレてる香りがする。
+そのフート、さすがに先発じゃなかった。
+フート先発=地獄の黙示録(意味不明)。残念。

+試合開始。自分たちが守りきれないことをよくわかってるのか、積極的なドイツ。
+6分、ラーム。実に綺麗に右隅へ決めた。ドイツ先制点。
+ゴール後、バラックに誉めてもらいに行ってます。
+その6分後、オフサイドギリギリでコスタリカが返して1-1。展開早。
+今後の展開がボコスコザル試合と決定された瞬間かもしれない。
+18分、右隅でシュナイダーが踏ん張りボールを中へ。
+シュバインシュタイガーが受けて更に中に流して、クローゼ決めて2-1。

+シュバイニー、走りもどことなく変。
+足は細かく動いてるのにボールと体が進んでないからか。
+コスタリカ、「ここは自分で行けないからパスしよう」という単純な判断が遅い。

+40分、シュバイン倒されてドイツFK。シュバインのFKはドーンと行って良いよね
+と楽しみにしてたら蹴ったのはポドルスキー。上にずれた。
+後半17分、ドイツ、左からのクロスがDFにあたり軌道が変わる。
+クローゼが頭でぶっこむ、一旦GKに弾かれるも押し込みドイツ3点目。
+28分、コスタリカが一点返す。またDFのライン絡みから得点されてるドイツ。3-2。
+後半そろそろ終わりも近い42分。フリンクスが中央を走りながら入れて4-2。
+そのまま試合終わってドイツの勝利。
+DF絡みの2失点は気になるところ。というより急所。
+フートがいたらもっと大変だったと思う。
+レーマンといいフートといい何か見てると癖になるのが多いドイツ。



+気づいたこと。レーマンの太ももが意外とセクシー。


サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。