FC2ブログ
2006/03/09

欧州CL、B-16、ミラン×バイエルン。


+実に面白い試合でした。
+世界各国津々浦々からあのハンドはどうなのかと言われていた
+なんとも微妙な第一戦からは想像もつかない面白さ。
+昨日のチェルシー戦でのストレスも軽く吹き飛びましたよ。



+8分、セルジーニョのクロスにインザーギが頭で流し込む。
+最高のクロスでしたよ。ミランがまず先制。1-0。
+ミランがポコポコとボールをまわしてる。
+14分、カカがシュート。DFにあたる。
+シェフチェンコがフリーでしたがオフサイド気味と判断し自分で撃った模様。
+シェフチェンコが「つれないぜハニー」というようなリアクション。
+カカも「ダーリンごめんごめん」というリアク(錯覚兼幻覚です)。
+23分、イスマエルがインザーギを引っ張ってPK。
+蹴るのはシェフチェンコ。しかしわずかに左に転がる。
+しかし、その直後の25分、シェフチェンコがヘッドで叩き込む。
+シェフチェンコは勿論の事、スタムのボールが素晴らしい。これまた最高で2-0。
+「今のヘディングのほうが(PKより)難しいですよね」と解説さん。
+ミランの方が楽しそうにプレーしてる。

+さてさてどうにも攻めあぐねてるバイエルン。
+どうやって攻めようか考えているうちにとりあえずボールを出してしまって、
+ボールが意図を持ちかねている感じ。前に行けば行くほどそれが顕著。
+34分、バラックがミドルシュート。わずかに左でしたが、怖さは十分。
+どんなに攻めあぐねようともバラックがいる限りというのがバイエルンの強み。
+35分、バイエルン側のFK。蹴るのはシュバインシュタイガー。
+重さが綺麗に乗ったボール。ジーダが弾いたボールをイスマエルが決めて2-1。
+タイガーちゃん、この調子で色々と技術なんかも身につけておくれ。
+点取らないと勝てないということですっかりバイエルンが開き直ってます。
+ボールの扱いにも多少思い切りが見られるようになってきたかも。
+ミランの方はインザーギがキレキレ。
+イスマエルはインザーギにだいぶ苦労してる模様。
+行け行けどんどんバイエルンな空気で前半終了。
+一時ミランがペースを握ってましたが、バイエルンが持ち直しポゼッションは互角。

+ドンドコ後半、バイエルン、マカーイに代えてゲレイロ。
+立ち上がり早々の47分、DFごちゃごちゃの中でインザーギが頭で3-1。
+それにしても、ダイスラーは本当に自分が撃とうと思っているところに
+確実に打っているという感じがします。
+セードルフのわずかに左とか、だいぶミランに流れが行ってる。
+そして59分、カカ、カーンの存在を無視するようにボールをゴールへ。4-1。
+63分、ダイスラーに代えてショル。
+68分あたりからバイエルンが開き直りに開き直った。
+バラックのジーダをも恐れぬ男気溢れるプレイ振り。
+なんで、これで点が入らないんだ・・・・・・。
+ジーダは何であんなにスパンスパンと止められるんだ。
+その後はメモするのも忘れて真剣に見てました。



+得点差ほどに実力差が開いていた試合ではなかったように思います。
+二戦合計スコア2-5でミランが準々決勝進出。



スポンサーサイト



サッカー | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME |